2021-05

旅の思い出

波照間島へ格安で行く!青春18きっぷ&Peach利用 関空で野宿|2016年 旅行記その1

羽田空港から石垣島への直行便もありますが、今回は格安の旅行手段をご紹介します。まずは石垣島行きの飛行機に乗るため、青春18きっぷで関西空港へ。関空で野宿し、朝一番のPeachのフライトに搭乗し、約3時間で石垣島到着。バスで離島ターミナルへ移動し、船に乗り換えると、日本最南端・波照間島に上陸することが出来ます。
南国日記~沖縄移住の記録~

海洋博公園で無料のイルカショーとイルカの餌付けを楽しむ|2021年 旅行記その36

海洋博公園は沖縄で一番の定番観光地と言っていいでしょう。私が行きついたのは「おきちゃん劇場」。ここでは1日数回、イルカショーが行われており、なんと無料で見ることが出来ます。どうやらイルカに餌をあげる体験が出来るようです。これは今までやったことがない体験なので、さっそく列に並んでみました。
2020年→2021年 年末年始の旅

新日本海フェリー・すいせん乗船!綺麗な船を散策|2020年→2021年 年末年始の旅その44

新日本海フェリーに乗船するため、日高本線・浜厚真駅へやってきました。駅から港までは歩いて約20分。フェリーターミナルで出港を待ち、いよいよ乗船。2012年就航の船は全体的になかなか綺麗でした。23時30分、フェリーすいせんは静かに苫小牧を出港。そして、いよいよ冬の日本海を航行する、21時間の船旅が始まりました。
南国日記~沖縄移住の記録~

桜前線発進の地・本部町を歩く!路線バスで移動し、結家に泊まる|2021年 旅行記その35

那覇港から人知れず出ている高速船に乗船し、沖縄本島の北部・本部町までやってきました。時刻は16時半。お昼に那覇空港を出発してから、ネットカフェで昼食を食べたのと、高速船に乗ることしかしていませんが、渡久地港からはこの日の宿へと向かいます。そして本日の宿、結家に到着しました!こちらに泊まるのは約2か月ぶりです。
2020年→2021年 年末年始の旅

日高本線・様似から鵡川まで代行バスに乗車。今はもう見れない車窓の景色 | 2020年→2021年 年末年始の旅 その43

駅前から見えている山々が日高山脈。その最南端にあたる襟裳岬までのバスも、様似駅から出ています。時刻は16時。周囲も暗くなってきました。1週間かけて冬の北海道を旅してきましたが、雪景色を見ることが出来る時間も、残りわずかです。静内駅を出発して1時間45分、鵡川駅に戻ってきました。時刻は18時前になり、周囲はすっかり暗くなっています。
旅の思い出

底土海水浴場でサンゴを見る!最後はANA 50分で羽田へ|2015年夏 八丈島・青ヶ島旅行記 最終回

夕方の飛行機で東京へと戻ります。それまでの時間は底土海水浴場で、八丈島の海を楽しみます。底土海水浴場は、船が入港する港のすぐ横にありますが、海中にはサンゴの景色が広がっていました。八丈島の海を満喫し空港へ。離島らしい小さな空港ですが、八丈島からは羽田までのANAが1日3便運航しています。
南国日記~沖縄移住の記録~

本部への高速船に乗船!乗船しているのは私1人。荒波を突き進む|2021年 旅行記その34

時間になり、国際通りから歩いてやってきたのは泊大橋の下。乗船券販売所という看板が立てられています。船に乗る前、スタッフの方に言われました。「今日は揺れますけど、体調大丈夫ですか」。私は本当に無意識で「楽しみです」と答えてしまいました。本当に揺れる船は、船酔いをする心配するというよりも、アトラクション感覚になります。
2020年→2021年 年末年始の旅

日本一の馬の産地を通過!日高本線代行バスの車窓から放牧された馬を見る | 2020年→2021年 年末年始の旅 その42

そして、海から少し離れた場所を走っているとき、ついに馬を発見しました。線路のすぐそばで、馬が放牧されています。馬政局は軍馬の改良に取り組み、その過程で1907年の浦河町に「日高種馬牧場」が開設されました。戦前からサラブレッドが飼養されていた日高ですが、馬の産地として、その名を一躍全国に広げたのが、1960年代の「競馬ブーム」です。
旅の思い出

八丈島2日目 朝から島1周 霧の八丈富士と明日葉そば|2015年夏 八丈島・青ヶ島旅行記 その8

太陽の光で目が覚めたので、とりあえず島を1周ドライブします。八丈島は山手線の内側と同じくらいの面積。寄り道しなければ、1時間半ほどで1周することが出来ます。山を下りると太陽が差し、青空も見えていました。そしてやってきたのは海。山から下りて、ご飯を食べて、海に入って… さらに八丈島には温泉もあります。
南国日記~沖縄移住の記録~

1泊2日の沖縄旅行へ!那覇空港到着。閑散とした国際通りで昼食|2021年 旅行記その33

沖縄に移住して2年4カ月。未だに旅行者気分で、休日に沖縄を楽しんでいますが、初心を忘れないため、先日、1泊2日の沖縄旅行をしてきました。本当に沖縄へ旅行に来た気分を味わうため、出発は那覇空港の到着ロビーから(笑)時刻はちょうど正午。国際通りに到着しました。せっかくなので、お昼ご飯を探しがてら、国際通りを歩いてみます。
2020年→2021年 年末年始の旅

日高本線代行バスの車窓から、廃線となった線路の様子を見る。線路流出箇所を通過 | 2020年→2021年 年末年始の旅 その41

2021年の年明け、廃止直前になっていた日高本線の代行バスに乗車しました。鵡川駅から、静内駅でバスを乗り換えて、日高本線の終点・様似駅を目指します。代行バスは日高本線の線路沿いを走るため、途中で線路の様子を見ることも出来ます。この区間が開通したのは1926年。逆にここまで持ったことが凄いです。
旅の思い出

さらば青ヶ島!あおがしま丸から遠ざかる島を見る|2015年夏 八丈島・青ヶ島旅行記 その7

船が2週間来ないということもあるそうで、そうなったら色々と大変なことになります。予定通りに帰ることが出来て一安心です。島旅あるあるですが、遠ざかる島を船の甲板から見ていると、切ない気分になってきます。青ヶ島はずいぶんと遠くへ。写真でもよく見ると、青ヶ島の島影が分かります。青ヶ島と八丈島は81km離れているそうです。
南国日記~沖縄移住の記録~

幻の最強フード!沖縄でキノコ(くろあわび茸とさんご茸)の収穫を体験する|2021年 旅行記その32

「キノコの収穫を体験してみないか」こんな珍しいお誘いをいただいたので、さっそく遊びに行ってきました。こちらがキノコハウス。沖縄でキノコの栽培が行われていること自体、私は初めて知りましたが、沖縄には13団体からなる【沖縄県きのこ生産振興会】もあり、近年生産量が伸びています。あまり有名ではありませんが、知る人ぞ知る「幻の最強フード」なのです。とても貴重な体験をさせていただきました。
2020年→2021年 年末年始の旅

北海道最終日!廃止が決まった日高本線の旅へ。札幌から鵡川まで | 2020年→2021年 年末年始の旅 その40

苫小牧からスタートした北海道の旅。1週間かけて道北から道東をぐるっと巡り、苫小牧に戻ってきました。 7時52分発の様似行きに乗車。最終日は日高本線で北海道の南の淵を移動します。廃止届け出された時点では2021年11月の廃止ということでしたが、結局その日は繰り上げられ、2021年3月に廃止となりました。
旅の思い出

日本一行くのが難しいサウナ?レンタカーで島を巡る|2015年夏 八丈島・青ヶ島旅行記 その6

レンタカーを借りて島を巡ることにしました。前日よりも「ひんぎゃ」は控えめ。自然の力を感じる光景です。青ヶ島には、このひんぎゃの地熱を生かした「サウナ」があります。300円で入ることが出来ますが、午後からしか開いていないので、今回サウナに入ることは出来ませんでした。ここが日本で一番訪れるのが難しいサウナかもしれません。
タイトルとURLをコピーしました