青ヶ島に船で行く!橘丸で八丈島へ 御蔵島は条件付き 船は出るのか|2015年夏 青ヶ島旅行記1

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2015年夏「八丈島・青ヶ島旅行記」その1をお届けします。

★こちらもおすすめ★

浜松町駅から竹芝桟橋へ

沖縄へ移住する前、私が頻繁に通っていた場所があります。

東京・竹芝桟橋です。竹芝桟橋は、伊豆諸島や小笠原諸島に向けて、橘丸さるびあ丸おがさわら丸といった船が出港している、まさに「島の玄関口」のような場所です。

そんな竹芝桟橋に私が初めて訪れたのは2015年の夏、八丈島・青ヶ島へ旅をしたときです。竹芝桟橋の最寄り駅は、ゆりかもめの竹芝駅ですが、私はいつも浜松町駅から歩いています。浜松町駅からは、東京モノレールで羽田空港へ行くことも出来るので、駅には大きな荷物を持った人が多いです。

山手線・京浜東北線の一番東京寄りの車両から降りて、北口改札を出て、1本道を約10分歩くと、竹芝桟橋に到着します。

まださるびあ丸も橘丸も接岸しておらず、ライトアップされた夜のレインボーブリッジが見えています。

こちらは港区や中央区の高層ビルとマンションたち。これが日本の中心、大都会の夜景です。この景色を見るだけでも、十分観光になります。

今回は22時半出港、東海汽船・橘丸で八丈島へ。そして、八丈島で船を乗り換えて、青ヶ島を目指します。

橘丸・竹芝桟橋出港

22時30分、定刻通り東京・竹芝桟橋を出港し、次の寄港地・三宅島に到着するのは翌朝5時。この日は船内泊です。

出港からしばらくは、デッキから東京の夜景を楽しむことが出来ます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2015-%E5%A4%8F-%E5%85%AB%E4%B8%88%E5%B3%B6%EF%BC%86%E9%9D%92%E3%83%B6%E5%B3%B6-029-1024x768.jpg です

出港から5分後、レインボーブリッジの下を通過するのが、一番のハイライトかもしれません。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2015-%E5%A4%8F-%E5%85%AB%E4%B8%88%E5%B3%B6%EF%BC%86%E9%9D%92%E3%83%B6%E5%B3%B6-031-1024x768.jpg です

レインボーブリッジをくぐったらフジテレビ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2015-%E5%A4%8F-%E5%85%AB%E4%B8%88%E5%B3%B6%EF%BC%86%E9%9D%92%E3%83%B6%E5%B3%B6-034-1024x768.jpg です

こうした東京の夜景を楽しんでから、翌朝起きたら自然豊かな島に流されているというのが、東京の島々を旅する時の楽しみです。

利用する二等和室へ戻ってきました。

1人分のスペースはこれだけ。枕は備え付けですが、ブランケットは有料で1枚100円。2枚借りて、1枚は敷布団、もう1枚は掛け布団として利用している人が多いです。

夕食は船に乗る前に済ませていましたが、せっかくなので船内レストランで夜食を食べました。

シャワーは10分200円だったので、シャワーは浴びず、この日は寝ることにしました。23時半に船内は消灯。2等和室は真っ暗になります。

御蔵島は条件付き

たまたま目が覚めたら時刻は3時。

三宅島までは残り38kmという場所まで来ていました。寝ている間も揺れはほとんど感じられず、ブランケットも借りませんでしたが、よく寝ることが出来ました。

デッキに出ると、漆黒の海を月が照らしていました。

空が明るくなり始めるころ、橘丸は三宅島に入港します。

早朝の三宅島では多くの人が下船しました。ちなみに、私が三宅島上陸を果たすのは、この3年後のことです。

★参考:三宅島旅行記★

八丈島の到着は、ここからさらに4時間後の午前9時。このままデッキで日の出を待つのも船旅の楽しみですが、天気があまりよく無さそうだったので、もう一度寝ることに…

しようとしましたが、次の御蔵島には1時間ほどで到着します。実は橘丸が御蔵島に接岸出来るかどうかは、船で青ヶ島へ行くにあたって、重要なポイントになるため、このまま起きて様子を見ることにしました。

御蔵島には港が1つしかないので、風向きや波次第では、船を接岸させることが出来ません。

それは青ヶ島も同じ。また御蔵島と青ヶ島は、どちらも港が島の西側にあるため、橘丸が御蔵島に接岸出来ないとなると、船で青ヶ島へ行くことも難しいという予想が付くのです。

御蔵島は欠航率も他の島に比べて高く、この日も条件付きの運航でしたが、無事接岸しました。

以前、御蔵島を旅しようとした時も条件付きで、その時は結局、橘丸は御蔵島を通過し、八丈島へ向かってしまいました。このように、橘丸が三宅島や御蔵島を通過し、八丈島へ向かってしまうことを「八丈流し」と呼ぶそうです。

青ヶ島へ行くことは出来るのか

ここから八丈島までは81km。2時間半ほどかかる見込みです。

気が付けば空も晴れてきました。

あおがしま丸の運航は朝7時に決定されます。時間に合わせて、(確か)橘丸の船内にある公衆電話から電話をかけると、この日は運航決定!選ばれしものだけが上陸出来ると言われる島に、行けることが決まりました。

うっすらと八丈島が見えてきました。

竹芝桟橋を出発してから約10時間半が経ち、時刻は8時50分。都心から南へ287kmというところまで来ました。

八丈島・底土港に上陸。ここで、写真左に泊まっている橘丸から、右に止まっているあおがしま丸へ乗り換えます

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました