2021-06

旅の思い出

夕方から雨の石垣島ドライブ 定番の絶景スポットを巡る|2016年 旅行記その6

この日は石垣島でに宿泊して、翌日午前中の飛行機で帰ります。時刻はすでに16時を過ぎており、雨も降っていますが、石垣島を全く観光しないのも勿体ないので、レンタカーで島を1周することに。今回は、石垣島の絶景をまとめたサイトを参考に、紹介されているスポットを、順番に巡っていきます。
南国日記~沖縄移住の記録~

過酷!夜の那覇を出発 沖縄本島を80km歩いてみた|国道58号線の旅 その1

鹿児島県鹿児島市から沖縄県那覇市を結ぶ国道58号線。その大部分が海上区間ですが、日本で最も長い国道です。2021年5月下旬のある日、時刻は0時前、私は那覇・旭橋駅に付近にある、国道58号線の終点を示す地点にやって来ました。今回は、ここから歩いて、沖縄本島北部・本部港を目指します。
2020年→2021年 年末年始の旅

バスで金沢から大阪へ!北陸道グラン昼特急乗車|2020年→2021年 年末年始の旅その48

北陸道グラン昼特急大阪4号に乗車し、金沢から大阪へ移動します。約5時間半という長丁場ですが、充電も出来てWi-fiもサクサク。深夜バスと違って、景色も楽しめるのが昼バスの特徴です。バスは金沢西インターから、北陸自動車道に入りました。ここからは、石川→福井→滋賀→京都→大阪の順に、関西圏へと入っていきます。
旅の思い出

曇りの波照間島を原付で巡る 海はいまいち 星も見れず!これが島の現実|2016年 旅行記その5

船が全便欠航となり、波照間島から出ることが出来なくなりました。波照間島の1周道路は約9km。原付であれば、20分ほどで1周することが出来てしまいます。島に上陸したのは、 前日の昼過ぎですが、すでに数え切れないくらい島を1周しており、もうやることがありません。最後まで、晴れた島の景色を見ることは出来ませんでした。
南国日記~沖縄移住の記録~

沖縄ならではの生産物が並ぶ羽地の駅 パイナップルにも色々ある 後編 | 2021年 旅行記その42

様々な種類のパイナップルが販売されていました。沖縄本島では5月中旬から8月頃まで収穫が行われています。パイナップル以外にも、地元で獲れた作物たちが並びます。沖縄そばをはじめ、定番の沖縄土産も並んでいますが、その中に見覚えのある商品を見つけました。それがこちら。コーヒー果実茶。パッケージには安里おじぃが描かれています。
2020年→2021年 年末年始の旅

冬ドライブ!氷見で昼食と温泉 雨晴海岸から富山へ|2020年→2021年 年末年始の旅その47

白米千枚田を見物した後、昼食を食べるため、引き続き友人の車で氷見へ向かいます。「貧瞋癡(トンジンチ)」という、ミシュランのラーメン屋さんにやってきました。午後は「うみあかり」という温泉宿に日帰り入浴。雨晴海岸に寄り道して、夜は富山湾の海の幸を味わうこと出来るという、ローカル回転寿司「番やのすし」にやって来ました。
旅の思い出

御嶽に行ってみた結果 翌日全便欠航!波照間島から出られなくなった|2016年 旅行記その4

島の商店の方に「御嶽はどこにありますか」と聞くと、「御嶽?何しに行くの」と、厳しい口調に変わりました。波照間島では、島の人もあまり近寄らないそうで、商店の方には「不吉なことが起こるから、行かない方がいい」と言われました。翌朝、外は雨が降り、強い風が吹いていました。船は全便欠航。波照間島に閉じ込められてしまいました。
南国日記~沖縄移住の記録~

羽地の駅名物「ニューハーフ」の正体は!? 前編 | 2021年 旅行記その41

「名物 ニューハーフ」この看板があるのは、国道58号線沿いにある「羽地の駅」。ニューハーフが何なのか気になるものの、これまで調べもせず放置していましたが、今回やっと立ち寄って、その正体を知ることが出来ました。正体は魚のすり身と羽地鶏のミンチ合わせた串焼きでした…以上です。
旅の思い出

日本一美しい?波照間島・ニシハマへ 3月に海水浴は寒すぎた|2016年 旅行記その3

いよいよ波照間島で一番楽しみにしていた「ニシハマ」へ向かいます。ただ海の青さはいまいちです。事前に調べていたニシハマの景色とは違います。泳いでいる人はおろか、砂浜にも人は全くいません。プライベートビーチ状態です。極寒のニシハマで泳いだというのは、ある意味で今も印象深く思い出に残っています。
南国日記~沖縄移住の記録~

人が少ない青の洞窟は確かに青かった!シュノーケル体験に参加 青い理由も解説|沖縄旅行記2021

日本には青の洞窟として紹介されているスポットがいくつかありますが、その中で一番有名なのは、沖縄の青の洞窟です。青の洞窟の中の様子。確かに、ライトアップされたように海が青くなっています。青い光が海底に反射して、洞窟内の水は青く見えるという仕組みです。今回の青の洞窟は5月でしたが、まだ海は冷たく、上がった後は寒かったです。
南国日記~沖縄移住の記録~

那覇空港は昼食も楽しい!午後はタリーズで、夜はゲストハウス | 2021年 旅行記その39

私は予定のない休日を那覇空港で過ごすことが多いです。昼食はコンビニで済ませる場合がほとんどですが、いつも「今日こそは」と悩む場所があります。それがこちら、空港食堂です。空港価格とは思えない値段で、沖縄料理を楽しむことが出来ます。しかし、いつもここで悩んでしまうのです。「700円だったら、コンビニで贅沢できるな…」と。
2020年→2021年 年末年始の旅

冬の能登半島をドライブ!雪道を走り最北端へ|2020年→2021年 年末年始の旅その46

朝6時過ぎ、富山にある友人の家を出発。この日は友人の運転で、能登半島をドライブします。下道を走って、能登半島最北端・禄剛崎を目指します。除雪はされていますが、道路は凍っているので、所々で車が滑り、あらぬ方向へ行ってしまいそうになります。富山市を出発してから約3時間。能登半島の最北端周辺までやってきました。
南国日記~沖縄移住の記録~

沖縄移住者、休日の過ごし方をご紹介〈前編〉午前中は那覇空港へ | 2021年 旅行記その38

朝9時、那覇空港にやってきました。休日はどこかへ出かけている場合がほとんどですが、出かける予定のない日は、空港で過ごすことが多いです。写真に写っているように、椅子とテーブルがあるので、そこで作業をします。この場所ならではの息抜きは、飛行機を眺めること。この日の昼食は空港のファミリーマート。
旅の思い出

何もかもが最南端!日本最南端・波照間島を散策 最南端証明書もゲット|2016年 旅行記その2

日本最南端の島・波照間島へやって来ました。西浜荘にチェックインして、470人が暮らす島の集落を散策。郵便局・駐在所・小学校など、どれも「日本最南端」という称号が付きます。そして、集落から離れた場所にある日本最南端の碑へ。近くにある星空観測タワーで、「日本最南端の証」をゲットすることも忘れてはいけません。
2020年→2021年 年末年始の旅

冬は揺れる? 新日本海フェリーで過ごす1日の様子|2020年→2021年 年末年始の旅その45

出港後、お風呂に入ってすぐに寝て、翌朝は8時に起床。フェリーすいせんは秋田県沖を航行しているようです。寝ている間も、揺れで何度か目を覚ましました。今回この船に乗船したのは、冬の日本海がどれだけ荒れるのかを体験してみたかったからです。多少は揺れましたが、敦賀に到着するまで、そこまで激しく揺れることはありませんでした。
タイトルとURLをコピーしました