2021-07

旅の思い出

奄美大島にてフェリーとしま乗船!ボゼの島・悪石島上陸|2016年 トカラ列島旅行記 その2

空港からはバスで、市街地方面にある「フェリーとしま」の乗船券購入窓口へ向かいます。フェリーとしまの出港は午前2時ですが、乗船は出港より早い時間に締め切られるので注意が必要です。揺れ動くタラップを歩き乗船。流石トカラ列島。この時点から難易度高めです。東京を出発してから3日目、ついにトカラ列島・悪石島上陸を果たしました。
旅バカ日誌~旅の記録~

沖縄のパイナップル畑で、幻の “野生パイナップル” をワイルドに食す!|2021年 旅行記 その54

今回は沖縄で「パイナップルの畑を見学してきた」ときの様子をご紹介します。ワイルドな環境で、たくましく成長した野生のパイナップルはとても貴重。これかなり美味しいのです。もちろん、取れたてなので冷えておらず、生温かいですがそれでも美味しい。この夏に100個は収穫できるかもしれないとのこと。しかしまだ、売り先がない状態です。
御船印の旅

あいぼりに乗船!船内の様子をご紹介 御船印をゲットする|2021年 さんふらわあ旅行記 その3

19時。さんふわらあ あいぼりは夕暮れの大阪南港を出港。別府まで約12時間の船旅が始まりました。さんふらわあ あいぼりの御船印をゲットしました!続いて一通り船内を散策します。大浴場もあります。出航後であれば比較的空いているようです。船内売店もチェック。売店だけでなく、自動販売機にも種類が揃っています。
旅の思い出

アクセス難易度高め!日本最後の秘境へ まずは奄美大島|2016年 トカラ列島旅行記 その1

トカラ列島、漢字で書くと「吐噶喇列島」。このいかにも強そうな島の名前を聞いたことはありますか。ネットでは「日本最後の秘境」と紹介されていたり、旅先で「トカラ列島に行った」と話すと、「青ヶ島に行った」並みか、それ以上の【ただモノではない】アピールになったりするのです。今回は4日間でトカラ列島の3つの島を巡ります。
南国日記~沖縄移住の記録~

感動!夜の沖縄で野生ウミガメの産卵と涙を見る 観察のルールを徹底解説

足跡の先には産卵中のアカウミガメがいました。ウミガメは動く光にとても敏感なため、砂浜を照らして歩いている人がいると、ウミガメは上陸することが出来ず、また上陸しても産卵せずに海へ帰ってしまいます。ウミガメを保全する上で最も重要なことのひとつは、産卵に適した砂浜を維持することです。
旅の思い出

5泊6日最終日 あやまる岬で野宿!星空が凄かった さらば奄美大島|2016年 旅行記その5

土盛海岸でシュノーケルをした後は、奄美大島の北部にある「あやまる岬」にやってきました。そして、この旅の最後の夜は、あやまる岬で野宿!、夜空には天の川はもちろん、星座なんて分からないくらい星が散りばめられていました。往路は成田空港から、バニラエアの直行便で上陸しましたが、帰りは鹿児島経由で帰ります。
南国日記~沖縄移住の記録~

沖縄でウミガメを見たい!ハワイでは幸福の象徴 産卵のために上陸する条件をご紹介

沖縄をはじめとする南の島は、周囲をサンゴ礁が作る天然の防波堤に囲まれています。潮が高くなると、波がサンゴ礁の防波堤を超えるようになります。それと同時に、普段は沖にいる海の生き物も、浅瀬に来ることが出来るようになります。そうした生き物のひとつにウミガメがいます。果たして、沖縄でウミガメの産卵を見ることは出来るでしょうか。
旅の思い出

奄美ブルーの絶景は嘉鉄湾がおすすめ!知る人ぞ知る穴場スポット|2016年 旅行記その4

スタートは島の南部にあるホノホシ海岸(瀬戸内町)から。ホノホシ海岸の次にやってきたのは、ウミガメと一緒に泳いだヤドリ浜(瀬戸内町)です。ヤドリ浜から、あてもなく車を走らせている途中、道端で絶景を見つけました。道路沿いから、嘉鉄湾(瀬戸内町)を見下ろすことが出来ます。今回の奄美旅行で、この場所が一番の絶景でした。
御船印の旅

沖縄本島で御船印をゲットする!本部から那覇へ マルエーフェリー&マリックスラインに乗船

沖縄本島からは、各地へ船が出ていますが、2022年6月現在、御船印をゲットすることが出来るのは、マルエーフェリーとマリックスラインの2社だけです。船内売店で販売されているため、乗船しないとゲットすることが出来ません。2社の御船印とも、本部港から乗船し、那覇で下船することによって、ゲットすることが出来ました。
御船印の旅

トレードセンター前から徒歩乗船 あいぼりの乗船券ゲット!|2021年 さんふらわあ旅行記その2

関西空港から南海線・住之江駅で下車。南港ポートタウン線の住之江公園駅まで20分ほど歩きます。ニュートラムに乗車し最寄り駅「トレードセンター前」駅で下車。駅から港までは、連絡通路で繋がっているため迷う心配はありません。さんふらわあの乗船受付窓口に到着しました。今回は「あいぼり」に乗船し、6000円で別府に行きます。
旅の思い出

世界自然遺産 奄美大島・住用川マングローブで人生初のカヤックを体験|2016年 旅行記その3

ここは奄美大島の中部、太平洋に面した住用湾の河口にあたる場所。西表島に次いで、日本で2番目に大きな規模のマングローブ林が広がります。人生初のカヤック。パドルの漕ぎ方など、簡単なレクチャーを受けたら、いざ自然の中へ。この住用川のマングローブ林は、これから世界自然遺産にも登録されます。
南国日記~沖縄移住の記録~

今が旬!沖縄でマンゴー狩りを体験 農薬を使わないマンゴー|2021年 沖縄旅行記 その51

今回は最盛期を迎えた沖縄の【マンゴーハウス】を見学させていただいたときの様子をご紹介します。こちらのハウスがあるのは本島北部。まさにマンゴー収穫の最盛期を迎えています。特別にマンゴーの収穫作業も体験させていただきました。この記事を最後まで見ていただいた方限定で、ネッタちゃんさんのマンゴーをプレゼントさせていただきます!
南国日記~沖縄移住の記録~

那覇から恩納村まで歩きました おんなの駅でギブアップ|国道58号線の旅 その3

休憩なしで歩けば、まだ船の出港に間に合いますが、この時の私は、「次のバス停からバスに乗ろう」というモチベーションで歩いていました。名護まで35km。恩納村は縦に長いのです。那覇から本部まで、約80kmを歩くことが出来る自信を持ってスタートしましたが、一番の敵は「睡魔」。ここでギブアップ。
御船印の旅

ピーチのセール!4510円で沖縄から関西空港へ 南海線乗車|2021年 さんふらわあ旅行記その1

ピーチ・関西国際空港行き。今回の航空券はセールでゲットしたので、大阪まで4510円です。那覇空港を出発してから約2時間、関西空港に到着しました。空港に隣接している南海線の駅。ここから、さんふらわあが出る大阪南港を目指します。 関西空港は世界で初めての完全人工島からなる海上空港です。海に架かる橋で対岸の本州へ渡ります。
旅の思い出

無料キャンプ場で嵐に襲われた!加計呂麻島を車で巡る 戦跡も見学|2016年 旅行記その2

奄美大島・瀬戸内町から対岸の加計呂麻島へ渡ります。所要時間は30分もかからず、車を積んでも安かったので、レンタカーも積んで乗船。そして加計呂麻島上陸。生間港から、島の北部にある実久海岸を目指して車を走らせます。ここには海沿いに無料のキャンプ場があり、看板に書かれた番号に電話をすると、利用することが出来ます。
タイトルとURLをコピーしました