沖縄でウミガメを見たい!ハワイでは幸福の象徴 産卵のために上陸する条件をご紹介

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「沖縄でウミガメの産卵を見学する」前編をお届けします。

月と潮の満ち引きについて

2021年5月下旬のある日。

私は仕事終わりに、沖縄本島のとあるビーチを訪れました。

こちらはビーチで撮った月の写真。

この日は満月。

月の明かりが海面を照らし「月の道」が出現していますが、星はまったく見えません。

一方、こちらは波照間島(2回目)に行ったとき、同じ宿の方に撮っていただいた写真。

月の明かりがない分、星がとても綺麗に見えます

この日は月が出ない「新月」。満月は太陽→地球→月の順に、新月は太陽→月→地球の順に、一直線に並ぶときに発生する現象です。

上の画像は気象庁のホームぺージを引用したもの。

地球は月の引力を受けると同時に、自転の影響で、遠心力も働いています。

地球の7割を占める海は、こうした引力・遠心力・(起潮力)の影響を受けて、潮が満ちたり引いたりするのです。

満月・新月の時は、1日の干潮時・満潮時の潮の高さの差が大きくなり、「大潮」と言われます。

沖縄をはじめとする南の島は、島の周囲をサンゴ礁が作る天然の防波堤に囲まれています。

こちらの写真では、砂浜に打ち寄せる全く波がない一方で、陸から離れた場所で白波が立っています

これは、白波が立っている場所に「サンゴ礁(リーフ)」があるから。

潮が高くなると、波がサンゴ礁の防波堤を超えるようになります。

それと同時に、普段は沖にいる海の生き物も、浅瀬に来ることが出来るようになります。

f:id:beautifuldreaman:20191002063259j:plain

そうした生き物のひとつにウミガメがいます。

沖縄にウミガメが上陸する条件

5月から8月にかけて、日本各地の海岸に、ウミガメが産卵のため上陸します。

出典:環境省 ウミガメ保護ハンドブックより

日本で産卵をするウミガメはアカウミガメ・アオウミガメ・タイマイの3種類。

慶良間諸島でタイマイと泳いだ思い出 2018.1.30

どれも絶滅危惧種に指定されていますが、沖縄ではその全ての種類を見ることが出来ます。

こちらは沖縄移住前、慶良間諸島でダイビングをしたときに出会った「タイマイ」です。

屋久島でウミガメとダイビング 2017.6.21

ウミガメの産卵は、暑さと外敵の目を避けるため、夜間に行われます。

奄美や沖縄では、サンゴ礁の影響もあるため、夜に大潮の満潮の時間となる場合、上陸する可能性が高まるのです。

ということで、私も「夜×大潮の満潮」を狙って、ビーチを訪れたのでした。

ウミガメは幸福・繁栄の象徴

こちらは、ANAのフライング・ホヌ

主にハワイ行きの便で使用される機体です。

ハワイでは、ウミガメのことを「ホヌ」といい、古来より海の守り神として、幸福や繁栄の象徴となっています。

そんな(野生の)ウミガメと、私が初めて出会ったのは、2016年夏の奄美大島

海の中をゆったりと泳ぐウミガメを見て、大変感動したのでした。

さらにその翌週は、日本最大のアオウミガメの繁殖地小笠原諸島へ。

小笠原には、アオウミガメの保護・飼育・研究などを行う「小笠原海洋センター」という施設もあります。

小笠原諸島で子ガメの放流を体験

小笠原では「子ガメの放流」を体験。

奄美でウミガメと一緒に泳いだ後だったので、より感慨深い体験となりました。

★参考:小笠原で子ガメの放流体験

子ガメは太平洋を漂流し、約40年後、自分が生まれた地域の浜に帰って産卵をするという説があります(実証はされていません)。

小笠原諸島には、子ガメが大きくなって、産卵のために帰ってくる様子を歌った「アオウミガメの旅」という歌があり、この歌は島の小学校の卒業式で歌われています。

アオウミガメの旅はこちら(Youtube)

f:id:beautifuldreaman:20200127062537j:plain

小笠原には何度も足を運んでいますが、釣浜というビーチで、一緒に泳ぐことも多かったです。

f:id:beautifuldreaman:20160911134155j:plain

そして、ウミガメを食べる経験もしました(笑)

小笠原では昔から貴重なたんぱく源として、ウミガメ漁が行われており、明治時代には3000頭ものアオウミガメが捕獲されていたそうです。

ちなみに「脂肪が青い」ことが、アオウミガメという名前の由来となっています。

ウミガメの捕獲をした結果、一時期その数は激減しましたが、現在は保護活動の成果で、小笠原のウミガメ数は増えています

一方で、島の郷土料理として、年間135頭のみ捕獲が認められており、「食べながら増やす」ことに成功しています。

参考:小笠原海洋センター

ということで、私はウミガメに対して、そこそこ愛着を持っています(笑)

果たして、沖縄でもウミガメの産卵を見届けることは出来るでしょうか。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★後編はこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました