あやまる岬で野宿!星空が凄かった 鹿児島経由で成田へ|2016年 奄美大島旅行記 最終回

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「2016年 奄美大島旅行記 最終回」をお届けします。

★前回の記事★

土盛海岸でシュノーケル

奄美大島の旅、5日目。

翌日の飛行機に乗るので、丸1日を島で過ごすのは、この日がラストです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-7-1024x768.png です

バンガローでシャワーも浴びて、やっと布団で寝ることが出来たので、この日は遅めのスタート

予定も特にありません。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-10-1024x768.png です

初日に野宿をした土盛海岸に戻ってきました。

初日に野宿をしたときは、夕方着・朝発で、海に入ることは出来ていなかったので、シュノーケルをすることにしました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-11-1024x768.png です

しかし、残念ながら、水中の写真はありません。

なんと、いつの間にか、防水カメラが壊れてしまっていました

あやまる岬で野宿!星空が凄かった

土盛海岸でシュノーケルをした後は、奄美大島の北部にある「あやまる岬」にやってきました。

こんもりと丸い地形が綾に織りなす「まり」に似ていること』が、「あやまる」という地名の由来だそうですが、ちょっとよく分かりません。

ここからの景色は奄美十景のひとつに選ばれており、岬全体が公園として整備されています。

巨大なクモがいました。

こちらは「オオジョロウグモ」という、日本最大のクモです。

手のひらサイズのクモですが、沖縄ではあちこちで見られます。

そして、この旅の最後の夜は、あやまる岬で野宿

コンビニで買ったパンなどでサクッと夕食を済ませ、早々に寝ようとしましたが…

星が凄かったのです!これは今でも覚えています。

安いデジカメでも星が映りました

夜空には、天の川はもちろん、星座なんて分からないくらい、星が散りばめられていました。

今でも、この時見た夜空が一番綺麗だなと思っています。

1988年から2012年までは、毎年、環境省が「全国星空継続観察」という事業を通じて、【日本で一番星が綺麗に見える場所】を公表していました。

2010年・2011年の2年連続で日本一の星空に選ばれた、小笠原諸島の星も見てきましたが、それでもあやまる岬ほどの衝撃はありませんでした。

鹿児島経由で成田へ!さらば奄美大島

5時30分。

水平線の向こうから太陽が昇ってきました。

旅の最終日もいい天気になりそうです。

加計呂麻島ではテントが壊れるほどの暴風雨に見舞われましたが、それ以外は、いい天気に恵まれた旅になりました。

今回の旅のお供だった、レンタカーを空港で返却。

奄美大島には5日間もいましたが、島に5つある市町村のうち、大和村と宇検村には、行く時間がありませんでした

さすが、日本で4番目に大きな島(本土5島を除く)です。

往路は成田空港から、バニラエアの直行便で上陸しましたが、帰りは鹿児島経由で帰ります。

今回の旅は、もともと、奄美大島からトカラ列島を北上し、鹿児島を目指す旅の予定でした。

しかし、台風の影響でフェリーとしまが欠航

奄美から成田への直行便を予約し、鹿児島からの飛行機をキャンセルするよりも、奄美から鹿児島へ飛んだほうが安かったのです。

★参考:リベンジのトカラ列島旅行記★

そして、また奄美に台風が近づいていましたが、ぎりぎり台風から逃げることが出来ました。

絶景の奄美大島離陸

さらば奄美大島。

飛行機からは、眼下に絶景が広がっていました。

鹿児島空港にて飛行機を乗り換え。

ここからはジェットスターで成田空港へ帰りました。

これにて奄美大島の旅は終了。奄美大島は鹿児島県ということで、鹿児島県にも初上陸となりました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

☼上陸した島☼
No.10 奄美大島(鹿児島県) 2016.8.27
No.11 加計呂麻島(鹿児島県)2016.8.28

コメント

タイトルとURLをコピーしました