2021-08

観光アイデアノート

価値ある地域資源を正しい値段で売るために必要なこと|観光アイデア教科書Vol.14

ある日突然、あなたは世界的に有名なサッカー選手・メッシが、実際の試合で使ったスパイクを無料で手に入れました。あなたはこのスパイクを、100万円で売ることは出来ますか?今回は、メッシのスパイクを100万円で売るまでのプロセスを通じて、モノを高く売るためのフレームワークをご紹介します。
原付の旅

穴場スポット 道の駅ぎのざを見学!見どころをご紹介|沖縄原付1周 2021 旅行記その3

道の駅ぎのざへやって来ました。沖縄の道の駅といえば、許田やいとまんが人気ですが、ぎのざはあまり知られていません。もともと物産館として運営されていた施設が、2014年に道の駅として登録されたそうです。2016年には、沖縄県で初めて、重点道の駅にも指定されました。真実の口や阪神グッズの展示など、面白い道の駅でした。
御船印の旅

別府↔福岡空港 高速バス・とよのくに号乗車!待ち時間は駅前高等温泉へ|2021旅行記6

別府駅から高速バス・とよのくに号で福岡空港へ向かいます。バスの出発まで1時間ほどあるので、温泉に浸かることにしました。やってきたのは別府駅東口にある「駅前高等温泉」。温泉は駅から近いだけでなく、200円で入ることが出来ます。ギリギリまで温泉にいた結果、バスに乗り遅れました。果たして飛行機には間に合うのでしょうか。
旅の思い出

キングオブ秘境!小宝島上陸 人口60人の島を歩いて1周|2016年 トカラ列島旅行記その6

小宝島に上陸!十島村のホームページによると島の1周は約4km。1時間程度で周ることが出来そうです。そんな小さな島に、翌日10時半の奄美大島行きの船がやって来るまで滞在します。「こだから」という島の名前だけでなく、島の形が「妊婦さんが横になっている姿に見える」ということで、安産に縁起がいい島と言われているそうです。
御船印の旅

【別府観光】鬼滅の刃の聖地 かまど神社(八幡竈門神社)に行ってみた|2021旅行記5

地獄めぐりから亀川駅へ歩いていると、電柱に「かまど神社(八幡竈門神社)」の案内がありました。八幡竈門神社は「鬼滅の刃」の聖地となっている神社。今回私が別府へ来るときに乗船したさんふらわあでも、絵馬を神社に奉納してもらえるサービスを行っていました。せっかくなので見物していくことに。まずは鬼が作った99段の階段を上ります。
旅の思い出

宝島で25回の地震を観測 トカラで地震が多い理由を知る|2016年 トカラ列島旅行記その5

海のほうから「ゴォォーッ」という音が聞こえて、その数秒後、ガガッと建物が揺れました。地震です。1回の揺れはガガッの一瞬ですが、これが何度も続くので、スマホを確認すると、ヤフーニュースのトップに「トカラ列島近海で地震相次ぐ」と出ていました。結局そのまま寝てしまいましたが、1晩で震度1以上の地震が25回もあったようです。
原付の旅

国道329号線 西原町→金武町 住宅地 本島中部を突破|沖縄原付1周 2021 旅行記その2

サンエー西原で休憩。ここから沖縄本島中部を突破します。中城村・北中城村・沖縄市と通過する間、海はほとんど見えず、住宅街の地味な景色が続きます。うるま市に入ると、北部の山々が見えてきて、金武町でようやく海沿いへと出ます。それにしても、沖縄本島最北端・辺戸岬は遠い。沖縄本島の大きさを実感させられます。
旅の思い出

宝島を歩いて1周!キャプテンキッドの財宝が隠された洞窟へ|2016年 トカラ列島旅行記その4

イギリスの文豪・スティーブンソンが書いた小説「宝島」のモデルとなった島のがこの島といわれ、かつての海賊が、この鍾乳洞を住処にして財宝を隠したという伝説があるそうです。スマホのライトで足元を照らしながら、隠された財宝を探します。【宝島の洞くつで財宝を探す】ことは、滅多に出来ることではありません。貴重な経験となりました。
御船印の旅

歩いて別府地獄めぐり!日本最古 青い海地獄と赤い血の池地獄を見物|2021旅行記4

さんふらわあで朝の別府観光港に到着し、歩いて地獄めぐり。代表的なスポット・海地獄へやって来ました。全身浸かる温泉はなく、湯煙が沸き立つコバルトブルーの池を見て楽しむタイプの温泉です。足湯に浸かり、次に向かうのは約3km歩いた先にある血の池地獄。こちらは日本最古の天然地獄と言われており、池は赤く染まっています。
原付の旅

喜屋武岬から知念岬へ!沖縄南部 国道331号線を走る|沖縄原付1周 2021 旅行記その1

2021年8月10日、午前8時30分。私は沖縄島の “ほぼ” 最南端、「喜屋武岬」にいました。今回はここから原付で、沖縄本島を反時計回りで1周します!国道331号線を走って、沖縄本島を西から東へ移動。南城市の知念岬に到着しました。ここからは、いよいよ「北」へ向けて、原付を走らせます。
旅の思い出

悪の軍団と交流!悪石島で地獄の持久走大会に参加した結果|2016年 トカラ列島旅行記その3

悪石島上陸。私はこの島で地獄を体験しました。それは、小中学校の持久走大会への参加。平地はほとんどないという地獄のコースでしたが、何とか完走し、背中に大きく「悪」と書かれたTシャツを着た悪の軍団の皆さんとの交流。ご飯も寝床も用意していただき、最高の思い出となりました。旅先に迷ったら悪石島、おすすめです。
南国日記~沖縄移住の記録~

イルカの街・名護でイルカ(ヒートゥ)定食を食べる その味はいかに|2021年 沖縄旅行記

イルカの街・名護。現在イルカ漁は行われていませんが、今でもたまに名護湾で獲れるというイルカを食べること出来るお店が、国道58号線沿いにある「名護曲」さんです。ヒートゥ(イルカ)のニンニク炒め定食。イルカの肉と思われる真っ黒な塊と、白くて薄い身(イルカの皮下脂肪)がたっぷりと盛られています。そのお味はいかに。
旅の思い出

人口増加!ボゼの島・悪石島を歩く ミステリアスな島の歴史|2016年 トカラ列島旅行記その2

奄美大島から悪石島に上陸しました。島ではノープラン。キャンプ場があるので、まずは歩いてそちらへ向かいます。と思ったら、1台の車が止まりました。そして「乗ってきな!」というおばちゃんの一言。いわゆる逆ヒッチハイクです。平坦な道がほとんどないため、島を歩くのはなかなかハードですが、車や原付のレンタルはありません。
南国日記~沖縄移住の記録~

イルカの街・名護?沖縄にイルカはいるか その歴史を調べてみた 前編|2021年 沖縄旅行記

名護では、明治以降から1988年まで大規模なイルカ(ピトゥ)の追い込み漁が行われており、それが「イルカの街」の所以となっています。イルカの肉は神に授けられた恵みであり、集落全員に平等に配られました。つまり、名護でのイルカ漁は、盛大な集落行事だったのです。しかし、現在の名護湾では、野生のイルカの姿はほとんど見られません。
御船印の旅

【さんふらわあと別府】船から温泉地へ!歴史を辿る歩き旅~紅(くれない)の復活|2021旅行記3

夜の瀬戸内海を航行し、翌朝さんふらわあ あいぼりは別府観光港に到着しました。今回は歩いて別府温泉を巡ります。別府は古くから湯治場として整備され、江戸時代には船で訪れる人々も現れます。季語・湯治船は別府港に船が並ぶ様子が由来。1912年に大阪商船・紅丸が就航してから約100年、新造船・さんふらわあ くれないが就航します。
タイトルとURLをコピーしました