人口増加!ボゼの島・悪石島を歩く ミステリアスな島の歴史|2016年 トカラ列島旅行記その2

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2016年「トカラ列島旅行記」その2をお届けします。

★前回の記事★

上陸してすぐに逆ヒッチハイク!

日本最後の秘境・トカラ列島を巡る旅。奄美大島から悪石島に上陸しました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1950-1024x768.jpg です

『悪石島(あくせきじま)』というインパクトのある島の名前。wikipediaによると「島のあちこちに石があり、崖から落ちてきそうだから」や、「平家の落人が、追手が来たがらないような名を付けた」など、その由来は諸説あるそうです。

島ではノープラン。キャンプ場があるので、まずは歩いてそちらへ向かいます。

と思ったら、1台の車が止まりました。そして「乗ってきな!」というおばちゃんの一言。いわゆる逆ヒッチハイクです。

【島旅】日本最後の秘境 トカラ列島 悪石島上陸 ~2016年12月7日~

アップダウンの激しい島なので、車に乗せていただけるのは助かります。お言葉に甘えて、「キャンプ場に行きたい」と伝えると、「工事中だよ」というまさかのお返事が…

ということで、キャンプ場ではなく、おばちゃんの車に乗せてもらい、十島村役場の出張所へ向かいました。

結論から言うと、ここで出張所の方から「どうして調べてこないんだ!」とお叱りを受けてしまいました。

しかし、この旅の2週間前、東京で行われたアイランダーの十島村ブースで、「島内でのキャンプや野宿はOK」という確認は取っていました。さらに、村のホームページでも悪石島のキャンプ場が紹介されており、工事中の旨は書かれていません。

鹿児島市内にある十島村役場

これを出張所の方に伝えると、担当の方は鹿児島市内にある十島村役場へ電話。十島村は点在する島々で成り立っているため、本庁舎は鹿児島市内にあるのです。

出張所の方は「なんでしっかり伝えないんだ!」と電話越しにお怒り後、今回は工事の邪魔にならなければOKということで、キャンプ場を利用の許可を得ました

逆ヒッチハイクをしてくれたおばちゃんとは一旦別れ、キャンプ場を目指して歩きます。

キャンプ場に到着!

確かに工事中でした。写真にもユンボが写っています。現場監督の方に事情を説明し、キャンプOKの許可をいただきました。この現場監督の方がいい人で、作業員の方々が休憩で利用する仮設小屋を「自由に使ってね」とまで言っていただきました。

ちなみに、キャンプ場には「砂蒸し風呂」も併設されており、周囲には硫黄の香りが漂っています。砂の上にゴザや毛布を引き、その上に寝て、身体を温めるタイプの温泉ですが、こちらも整備中で利用は出来ませんでした。

悪石島を歩いて巡る

キャンプ場の仮設小屋に荷物を置かせてもらい、島を歩いて巡ります。

こちらは湯泊温泉。露天風呂にはお湯が入っておらず、しかも「女湯」と書かれていますが、道端から丸見えです。

天気も晴れてきました。平坦な道がほとんどないため、島を歩くのはなかなかハードですが、車や原付のレンタルはありません。

イソヒヨドリ。沖縄でもハトと同じように、駐車場などでよくみられる鳥です。

平家落人集落根神山神社という看板がありました。トカラ列島ではほとんどの島に、源平合戦において敗北した「平家の落人」が住んだという伝説が残されているそうです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1964-1024x768.jpg です

ちなみに平家の落人は、トカラ列島のさらに南、奄美や沖縄にも上陸したという説があり、沖縄では平家軍団「南走平家」が、舜天王統を建てたと言われています。

こちらは悪石島小中学校。この日はたまたま、”とあるイベント”が開催されるということで、13時にここへ来るようおばちゃんに言われていました。

秘境に暮らす人々の歴史

時刻はまだ11時過ぎなので、時間まで学校の周辺を散策してみます。

家々は学校の周辺に集まっていますが、少し歩くだけで建物は無くなります。

離島といえばやっぱりヘリポート。緊急時のみ使用されています。看板も柵もない場所にポツンとヘリポートが現れるのは離島あるある。夜は満点の星空を楽しむことも出来ます。

国勢調査より

悪石島の人口は80名程度。日本最後の秘境と言われていますが、ここ10年は人口が増加傾向にあります。

人口ピラミッドはこんな感じ。十島村の小中学校では、山海留学生の受け入れも積極的に行われているため、子供の数も多いです。

電線も無くなり、原っぱの中に白線も引かれていない、コンクリートの道が続いています。

平家の落人伝説があるということは、トカラ列島には平安時代末期から人が暮らしていた可能性も考えられます。ただ、十島村役場が出している年表の始まりは廃藩置県。

いずれにしても、江戸時代から島々に人が暮らしていたことは事実でしょう。この秘境の島で生きることを選んだ人々の背景は、非常に興味深いです。

こちらは、悪石島に伝わる奇祭「ボゼ祭り」で、仮面神・ボゼの身体に用いられる「ビロウ」。ヤシ科の木で、沖縄では「クバ」と呼ばれています。

ボゼは赤土の付いた棒を持って集落を練り歩くそうで、ボゼにこの土を付けられると、悪魔祓いの御利益があるとされています。

ボゼ祭りがいつから行われているのかを探ることで、島の歴史を深堀り出来るかと思いましたが、どうやらボゼ祭りも、その歴史や由来など、詳しいことは分かっていないようです。

こういったミステリアスさも、トカラ列島の魅力のひとつと言えるでしょう。

人口より牛が多い

山の斜面に牛がいました。鹿児島県の離島は畜産が盛ん。島で育った牛たちは、大きくなるまで島で育てられて、その後は出荷先でブランド牛となります。

★参考:人より牛が多い島★

しばらく歩くと行き止まりになりました。この先も気になりますが、行っていいのかも分からないので、来た道を引き返すことにします。

この時は引き換えしましたが、GoogleMapを見ると、この先も行ってOKで、ノンゼ岬まで道が続いているようです。

集落を目指して歩いていると、後ろから「はい!はい!はい!」という声が聞こえてきました。

振り返ると、そこにいたのは!島の方が牛を移動させているところでした。

悪石島は人口よりも牛の数が多い一方で、広い牧場はないので、色々な場所で牛を見ることが出来ます。自然の中でのびのび育つと、お肉も美味しくなるのでしょうか。

道路を塞いでいた柵(ゲート)は、牛があちこち行ってしまうのを防ぐために設置されているものでしたが、道路を歩いている子牛もいました。

一通り島を過ぎましたが、飲食店はもちろん、商店もありませ… いや、商店は1軒あるようです。このときは見つけることが出来ませんでした。

空腹の状態で午後のイベントに参加することとなります。

【島旅】トカラ列島 悪石島 動物のいる景色 ~2016年12月7日~

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました