さらば沖の島!日帰りの島旅 鵜来島経由で宿毛 くろしお鉄道で高知へ|2013年旅行記最終回

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「四万十&鵜来島の旅 2013」旅行記最終回をお届けします。

★前回の記事★

昼食を食べて、午後はまた海へ

沖の島・うどの浜で泳いで、時刻はお昼前。

船の出港まで、まだ時間がありますが、前日も四万十川をサイクリングして、この日も朝から海で泳ぎ… 

疲れも溜まっていたので、港周辺でのんびり過ごすことに。

こちらは防空壕でしょうか。

案内の看板などはなく、放置された状態になっています。

商店ぐらいあるだろう」と思い、昼食を持参していませんでした

確かに、商店はありましたが、その場で食べられるものはお菓子ぐらいだった気がします。

ダメ元で、民宿に「昼食だけいただくことは可能か」と交渉してみたところ、500円でカレーを出していただきました。

その写真は残っていませんが、「こんなこともあるんだな」「テレビみたいだ」と驚いたことは、今も覚えています。

【島旅】高知県沖ノ島~2013年8月13日~

昼食の後は、再び海へ。

ここで日向ぼっこをしながら、暑くなったら海に飛び込むというようなことをしていました。

友人は腕時計をしたまま海に飛び込んでしまいました。

写真は動かなくなった腕時計です。

島ならではのお見送り

15時半、帰りの船がやってきました。

途中、沖の島にあるもうひとつの港「弘瀬」と、お隣の「鵜来島」を経由し、宿毛へ戻ります。

さらば沖の島。

ノープランで、しかも初めて「観光地化されていない島」に上陸しましたが、退屈せず、いい時間を過ごすことが出来ました

港からこの山の中を歩いて、うどの浜へ向かったのです。

弘瀬港に寄港。

こちらの集落も山の斜面に家々が並んでいます。

島から離れる人が多かったからでしょうか。

映画などで見たことがある、出港する船から紙テープが投げられる、感動的なシーンです。紙テープが切れるまで見送りは続きます。

たくさん島旅をしていても、あまり出会えない光景なので、いいものが見れたなと思います。

鵜来島に寄港。

私と友人は、船のデッキに設置されているベンチに座っていました。

鵜来島を出港すると、ひとりのおじちゃんがデッキにやってきました。

この日の写真はこれで最後です。

船で知り合ったおじちゃん

旅の5日目。この日はノープラン。

宿毛駅から一駅歩いて、東宿毛駅にやってきました。

この日は高知県西部「宿毛」から、高知駅へ向かいます。

四万十・宇和海フリーきっぷを利用しているので、窪川から先は特急列車に乗ることが出来ますが、窪川までは普通列車。移動に時間がかかります。

前日の船のデッキにて。

鵜来島から乗ってきたおじちゃんと、しばらくは無言で同じ空間にいました。

海を眺めていた友人が「トビウオだ!」と叫ぶと、「今日は天気がいいからねえ」と、 おじちゃんが私たちに話しかけてくれました

おじちゃんは宿毛生まれで、なんと、私たちが通っていた埼玉の高校の近くで会社を経営している社長でした。

このときは、帰省のついでに鵜来島へ訪れていたそう。

埼玉から電車を乗り継いで高知まで来たり、四万十川を自転車で巡ったり、私たちが「貧乏旅をしている」ことを面白がっていただきました。

グルメを全く楽しんでいないことも察していただき、フェリーを降りたあとは、そのままタクシーで、カツオが美味しいお店へ。

その後も、おじちゃんの同級生が営むお店を何件か巡り、美味しいものをたくさん食べさせていただきました。

この日の朝にも、そのおじちゃんから「足摺岬に行きましょう」という電話が来ましたが、お断りさせていただきました。

こちらは中村駅前の物産館にて、高知名物「ぼうしパン」

この日は適当に列車を乗り降りしながら、ゆっくりと高知駅を目指すことにしました。

人口減少・高齢化の課題を知る

一方で、島や田舎の「人口減少」や「高齢化」という課題を知ったのもこの時です。

おじちゃんは、鵜来島の状況を話してくれました。

  • 鵜来島の人口は20人
  • 高齢化率は80%以上
  • もうすぐ無人島になるかもしれない
  • 水道や電気のインフラがあるのにもったいない

ちょうど島の面白さを知ったと同時に、こうした課題を聞いたので「もっと島や田舎の面白さが知られたらいいのにな」と思い、地域活性や地方創生に興味を持ちました。

★参考:地域活性化を勉強しました★

途中の何度か下車をしながら、窪川駅に到着しました。

土佐くろしお鉄道から乗り換え、ここからはJR線の特急で一気に高知駅へ向かいます。

ちなみに、土佐くろしお鉄道も赤字続きの路線。いつ廃止になってしまうか分かりません。

高知駅に到着しました。

この日は駅近くのビジネスホテルに宿泊

そして、翌日は旅の最終日

始発列車で高知駅を出発し、青春18きっぷを使って1日で埼玉へ帰りました。疲れ果てていたのでしょう。写真はほぼ残っていません。

以上、多分一生忘れない、10代最後の夏の思い出でした。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★次の島旅はこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter(目標2000人)1508人→前日比-3
Instagram (目標3000人)3104人→前日比+3
Youtube(目標100万回) 292504回→前日比+0

~移住3年目310日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました