古宇利島と奥武島に上陸!最後は沖縄本島最北・宮城島へ|橋で繋がった島 全部上陸 旅行記 最終回

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「橋で繋がった島全部上陸する」最終回をお届けします。

★前回の記事★

古宇利大橋を渡って折り返す

瀬底島から、屋我地島を経由し、古宇利島に上陸します。

橋が見えてきました。

以前は歩いて渡りましたが、今回は原付です。

橋の上は上り坂になっており、夕暮れの空に向かって走るような感じになります。

上り坂を登り切って、今度は島に向かって下っていきます。

人気の観光地ということもあり、普段は混雑していますが、これだけ車が少ない景色は貴重かもしれません。

古宇利島」に上陸しました。

時刻はもう19時過ぎ。

私は古宇利島に遊びに来たわけではありません。「沖縄本島と橋で繋がった島に全部行く」という旅の途中です。

まだもうひとつ、行かなければならない島があるので、ここで引き返します。

屋我地島から無人島・奥武島を通過

屋我地島に戻っていました。

もう暗くなってしまい、景色を楽しむことが出来ません。

また写真も手ぶれしやすく、撮影するのが難しいです。

屋我地島から奥武島に上陸しました。

今回の旅の始まりは南城市の奥武島

「奥武」には「青」の意味があり、他にも久米島の近くや、慶良間諸島にも奥武島があるそうです。

やはり、暗くて島の様子は分かりませんが、こちらの奥武島は無人島となっています。

Wikipediaによると、もともと死者のための島として、墓参に訪れる以外は、上陸が禁じられていたそうです。

ノンストップで奥武島を通過。

所要時間は3分程度でしたが、脇道もないので、晴れていても、見どころはそれほどないと思われます。

こちらの橋を渡り沖縄本島に戻ります。

沖縄本島最北の橋で繋がった島

沖縄本島へ戻り、国道58号線を北上。

最後の「橋で繋がった島」を目指します。

その島があるのは大宜味村です。

ということで、大宜味村に入りました。

大宜味村に島があることは、ほとんど知られていないと思います。

こちらの宮城島が沖縄本島最北の「橋で繋がった島」です。

島の端を国道58号線が通っています。

奥武島も同じ名前の島が沖縄にいくつかありますが、宮城島もまた、同じ名前の島が与勝諸島にあります

1937年に開通した宮城橋を渡ると塩屋湾の入口に浮かぶ宮城島に上陸です。

「ここは宮城島です」ということを証明するものがないので、バス停の写真にて。

これにて沖縄本島と橋で繋がった島を完全制覇です。

奥武島・瀬長島・平安名島・宮城島・伊計島・浜比嘉島・敷地島・瀬底島・古宇利島・屋我地島・奥武島、そして宮城島の計12島です。

ちなみに、橋で繋がった島は離島振興法の対象から外れます。私も「60くらいの島に上陸した」と言っていますが、上陸した島の数に橋で繋がった島は含んでいません

★参考:離島振興法について★

離島振興の礎となる5つの法律 法整備をめぐる歴史的背景や役割とは【島×制度・法律】 - 離島経済新聞
地方の活性化を目指す法律はたくさんあるが、その中でも有人離島地域の暮らしにターゲットを絞ったものは5つ。その「生い立ち」は島をめぐる歴史などによって異なり、目的も時代の移り変わりとともに変遷している。これら5法の歴史的背…

宮城島から沖縄本島最北端「辺戸岬」までは33km。

沖縄本島という島の大きさを実感させられます。

宮城島からさらに北へ向かう「塩屋大橋」は、1963年の開通当時、沖縄県内最長の橋だったそうです。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

.

コメント

タイトルとURLをコピーしました