2021-12

旅の思い出

夏の北海道 絶景を巡るドライブ1日旅 ひまわり畑~美瑛~富良野|2016年旅行記 その3

レンタカーを借りて、夏の北海道で見られる絶景を巡ります。まずやって来たのは、北竜町にあるひまわり畑。見渡す限りひまわりが咲き誇る景色は圧巻。続いて向かったのは、丘のまち・美瑛。その丘では輪作が行われており、様々な作物が栽培されています。中でもおすすめは「四季彩の丘」。そして美瑛といえば、青い池も外せないスポットです。
御船印の旅

レトロな街並みを散策!日本三大港・門司から門司港駅まで歩く|2021年 御船印旅行記 その8

門司港駅舎が重要文化財に指定されたことをきっかけに観光地としての整備が進み、「門司港レトロ」として1995年にグランドオープンしました。門司港が発展するのは1889年、石炭などを扱う国の特別輸出港に指定されて以降のことです。金融機関や商社・海運会社の支店が相次いで進出し、外国航路の拠点、そして貿易港として発展しました。
旅の思い出

船で朝の函館に到着!駅周辺を歩いて散策 函館本線でアイヌ語の旅へ|2016年旅行記 その2

早朝の函館に青函フェリーで到着。港から市街地は離れているので、五稜郭駅まで歩き、列車で函館駅へ。朝の函館は定番スポットも人は少なめ。そしてこの日も北海道&東日本パスを利用して、1日函館本線を乗り継ぎ岩見沢へ。北海道の地名の多くがアイヌ語由来なので、列車で移動しながら地名を調べるのも、楽しみのひとつ。
南国日記~沖縄移住の記録~

祝・沖縄移住3年の壁突破!20代男 これがリアル 移住3年目の様子をご紹介

本日で沖縄移住4年目を迎えたので、今回は移住生活3年目の様子を振り返ります。沖縄に来た当初から、ちらほらと「3年目の壁」という話を聞いていました。沖縄移住者の多くが、3年以内に沖縄から出てしまうそうです。何とかその壁は超えることが出来てよかったなと思います。2021年は北海道・納沙布岬からスタートしました。
旅の思い出

北海道&東日本パスで大宮から青森へ 青森ねぶた見物 青函フェリー1泊|2016年旅行記 その1

出発は大宮駅。ここから北海道まで、普通電車を乗り継いで移動します。「普通電車を乗り継ぐ」と言えば、青春18きっぷを利用するのが一般的ですが、今回は北海道&東日本パスを利用します。12時間以上かけて青森駅に到着。この日はちょうど、青森の一大イベント「ねぶた祭り」が行われていたので見物し、夜の船で函館へ渡ります。
御船印の旅

決闘の聖地を歩いて観光! 武蔵・小次郎の戦いの歴史を知る|2021年 巌流島旅行記

【巌流島】という島の名前は広く知られていますが、「行ったことがない」「どこにあるかも分からない」という人がほとんどだと思います。 巌流島では、1612年4月、宮本武蔵・佐々木小次郎の決闘が行われました。無人島ですが、全体的に綺麗に整備され、遊歩道もあるので、迷う心配などはありません。
南国日記~沖縄移住の記録~

ソテツの島に上陸!日帰り マハナ展望台を目指して歩く|2021年 粟国島旅行記 後編

那覇から約2時間、粟国島にやってきました。しかし、滞在時間は2時間しかありません。港から島の西端「マハナ展望台」を目指して歩きます。粟国島は別名「ソテツの島」。水源が無く、樹木がなかなか育たなかったそうですが、琉球王国時代に植えられたソテツは、乾燥に強く、しっかり根付いたのでした。マンホールにもソテツが描かれています。
南国日記~沖縄移住の記録~

夕方の函館山夜景から青函フェリー乗船!さらば北海道|2014 北海道&東日本パス 旅行記その6

夜の青函フェリーで北海道から本州に渡るため、夕方のうちに函館に到着。せっかくなので、函館駅から路線バスに乗車し、函館山の山頂にやってきました。ここから見る函館の夜景は、日本三大夜景のひとつに数えられます。山頂には1時間ほど滞在しバスで下山。塩ラーメンを食べてから、港の最寄り駅・五稜郭に移動。もちろんこの日は船内泊です。
南国日記~沖縄移住の記録~

台風の海へ!フェリーあぐには揺れるのか 那覇から2時間の船旅|2021年 粟国島旅行記 前編

那覇空港の沖合に、巨大なコンテナ船が停泊していました。この日沖縄本島の東には台風があり、恐らくこの船は本島の陰で、台風をやり過ごすのでしょう。離島へ向かう船は運航となっていましたが、海は台風の影響を受けて、それなりに揺れるはずです。ということで今回は、那覇から北西約60kmの海上に浮かぶ粟国島を目指すことにしました。
御船印の旅

関門汽船で関門海峡を爆走!巌流島から下関造船所を見る|2021年 御船印旅行記 その7

関門汽船に乗船し、関門海峡に浮かぶ「巌流島」に上陸しました。一般的な観光客の人は「決闘の地」を楽しむはずですが、私が注目したのはこちら。対岸にある「三菱重工業 下関造船所」です。巌流島からは造船所の船がよく見えます。また、関門海峡をこれだけ間近に体験出来る場所も他にないと思います。
旅の思い出

函館本線 札幌から函館へ!長万部でまんべくん発見|2014 北海道&東日本パス 旅行記その5

札幌から埼玉を目指す列車の旅が始まりました。長万部に到着しました。長万部といえば「まんべくん」。ポスターの子供たちも怯えていますが、Twitterで暴れて大炎上するなど、名物ゆるキャラです。引き続き列車で函館を目指します。この日の宿は、夜に函館を出港する青函フェリーです。船の時間まで函館をぶらぶらして過ごします。
御船印の旅

新門司港発無料バス利用 門司からフグのまち・下関へ|2021年 御船印旅行記 その6

前日17時に大阪南港を出港してから12時間半、まだ外は暗い中、名門大洋フェリーきょうとⅡは新門司港に接岸しました。小倉駅行きの無料バスを利用し、門司駅に到着しました。門司からは関門海峡を渡り、山口県・下関へ向かいます。この日は下関・門司港を観光することにしました。下関はフグが有名ですが、本当にフグ一色でした。
旅の思い出

北海道は海も美しい!神威岬・積丹ブルーの絶景を見る|2014 北海道&東日本パス 旅行記その4

神威岬は積丹半島の先端にあたるスポット。高さ約80mにもなる海食崖に遊歩道が整備されており、眼下にはここが北海道であることを忘れさせるような、コバルトブルーの絶景が広がります。それにしても美しい積丹ブルーです。周辺はニセコ積丹小樽海岸国定公園になっていることに加えて、北海道で唯一の海中公園にも指定されています。
南国日記~沖縄移住の記録~

500円!高速船タクマ3乗船 那覇から沖縄北部へ一番安く移動|2021年 沖縄旅行記

タクマ3は那覇と本部の間で毎日2便から3便運航されていますが、私が乗船したとき、私以外のお客さんはゼロでした。通常、那覇から本部まで公共交通機関を利用すると、最も安い手段・やんばる急行バスでも料金は片道1800円くらい、船より時間もかかります。今回は往復1000円ということで、破格のお値段といえるでしょう。
タイトルとURLをコピーしました