2022-01

2021年→2022年 年末年始の旅

石垣島・730交差点と国道390号線。国道一筆書きの起点|2021年→2022年 年末年始の旅 その3

通称【730交差点】と言われる場所にやってきました。その歴史を後世に伝えるべく、交差点には記念碑も置かれています。そしてもうひとつ、ここ730交差点には注目すべきものがあります。それがこちら【国道390号線 起点】という標識。ここから一筆書きで国道をなぞっていくと、日本最北端の地「宗谷岬」まで行くことが出来ます。
2021年→2022年 年末年始の旅

日本最南端のマクドナルドへ!石垣島を歩いて観光した|2021年→2022年 年末年始の旅 その2

空港から港まで向かう途中でバスを降り、石垣島を観光します。一般人が行くことの日本最南端の地は、石垣島から船に乗って1時間半ほどで行ける波照間島ということで、石垣島には「日本最南端」が色々とあるのです。石垣島で「日本最南端」を意識する機会はあまりありません。続いては道路沿いで見つけた珍しいものをご紹介。
旅の思い出

透明度1位の摩周湖から2位倶多楽湖へ レンタカー大移動 これが北海道|2016年旅行記 その6

摩周湖に到着しました。摩周湖は、ロシアのバイカル湖に次いで、世界で2番目に、そして日本では最も透明度が高い湖。ここから車を走らせて大移動。倶多楽湖も摩周湖と同じく、火山の噴火によって出来たカルデラ湖。周囲は約8kmで、流出入する川がなく、透明度は摩周湖に次いで全国2位とされています。
沖縄コーヒー

果実から究極のコーヒー豆を選び抜く作業をお手伝い|沖縄コーヒー農園 2022年1月 旅行記

今回は収穫したコーヒーの果実から種(=コーヒー豆)を取り出し、焙煎出来る状態にするまでをお手伝いさせていただきました。滞在時間約4時間。果実が実っていても、1日の作業量に限界があるので、ここまで選び抜かれた豆から作られたコーヒーは、究極の沖縄コーヒーといえるでしょう。
2021年→2022年 年末年始の旅

飛行機でしか行くことが出来ない離島へ!沖縄本島離陸|2021年→2022年 年末年始の旅 その1

朝焼けの那覇空港を離陸。まずやってきたのは石垣島です。石垣島と本島は400km以上離れており、東京-大阪間と同じくらいの距離感です。言葉も違って当然と言えるでしょう。今回わざわざJAL(JTA)を使って石垣島を訪れた目的は「島巡り」。せっかく石垣島まで来て、観光をしないのはもったいない!と思い、途中でバスを降車。
南国日記~沖縄移住の記録~

ゼンリンの地図が雑貨に!? 地図のお店で切り絵体験に挑戦|日帰りで行く福岡 2021 その3

「新天地」で、面白いお店を発見しました。「ゼンリンの地図×雑貨」をテーマにしたMap Design GALLERYというお店です。3階は体験フロアになっています。「無料で体験が出来る」ということで、切り絵に挑戦してみることに。今回私が選んだデザインは福岡県です。古地図のレプリカも展示されています。
南国日記~沖縄移住の記録~

路線バスでオリオンビールの工場見学へ!参加するだけでビール2杯無料|2021年 旅行記その4

沖縄のお酒といえばオリオンビールです。無料の工場見学ツアーが行われており、グラスビール2杯を試飲することが出来ます。念願のオリオンビール工場の中へ。約30分のガイドツアーです。こちらの工場では、1時間に72000缶もの缶ビールが出来るそうです。お酒好きの人はレンタカーではなく、公共交通機関(バス)の利用がおすすめです。
南国日記~沖縄移住の記録~

都会の景色をぶらぶらと。紅葉する木々に秋を感じる|日帰りで行く福岡 2021 その2

朝の飛行機で沖縄を飛んで福岡にやって来ました。まだお昼前、ただし、夕方の飛行機で沖縄に帰ります。目的は特になく、セールで飛行機が安く、何となく都会の秋に触れたくなったという感じです。まさにこの景色が、イメージしていた、久しぶりの都会の秋景色。沖縄には紅葉する木々がほとんどないため、「紅葉スポット」というのがありません。
旅の思い出

ヒグマを見ることは出来るか!? 2日連続で知床半島をドライブした結果|2016年旅行記 その5

道の駅しゃりに「トドの死体を捕食しているヒグマが確認されました」という、大自然すぎる一文が書かれた注意書きがありました。知床ドライブで楽しみにしていたのは、まさにヒグマとの遭遇。国内最大の野生陸上生物で、日本では北海道にしか生息していません。しかし、出てくるのはシカとキツネばかり。なかなかヒグマは姿を見せてくれません。
南国日記~沖縄移住の記録~

ほろ酔いの沖縄バスの旅。海の車窓を眺めながら昼食|2021年 旅行記 その78

沖縄本島最北端のファミリーマートで買ったご飯を、移動しながら食べることにしました。他にお客さんが乗っていなかったので、ここで昼食。旅のテーマが「飲んだくれ呑兵衛」ということで、ファミリーマートで購入したのは「泡盛コーヒー」。そしてチーズソースのタコス巻。タコライスの巻き寿司。繰り返しになりますが、車窓はこの海です。
南国日記~沖縄移住の記録~

飛行機から見る沖縄と九州の景色。空港から天神へ|日帰りで行く福岡 2021 その1

今回の旅の目的地は「福岡」です。この日のうちに沖縄へ戻ってくる、日帰りの旅となります。沖縄からあちこちへ旅をしていますが、日帰りで県外へ出るのは初めてです。セールでゲットした航空券なので、往復料金は1万円もかかりません。ディズニーランドに行くのと同じ金銭感覚で福岡に出かけます。
旅の思い出

雨の道東ドライブ!釧路から網走へ 地味な湖と美しい神の子池|2016年旅行記 その4

朝の釧路湿原からスタート。この日は1日車で道東を巡り、網走へ向かいます。しかし天気は雨。釧路湿原は霧に包まれ、オンネトーと阿寒湖は、非常に地味な景色が広がっていました。900草原で牛乳とジビエバーガーを食べた後は、絶景スポットとして有名な神の子池へ。ここでは雨が降っていても、大変美しい青を見ることが出来ました。
南国日記~沖縄移住の記録~

昼食は沖縄最北端のファミマで泡盛コーヒー!海沿いを歩く|沖縄路線バスの旅 旅行記その3

道の駅国頭でお昼になりました。道の駅にも美味しいものはありますが、今回はは沖縄本島最北端のファミリーマートで買うことにしました。ファミマのお酒といえば「泡盛コーヒー」。コーヒー味の泡盛で、まろやかで飲みやすい印象です。沖縄居酒屋にも、たまにあります。せっかくの沖縄旅行気分なので、昼食も沖縄らしいものを揃えてみました。
南国日記~沖縄移住の記録~

バスで行くから試飲が出来る!津嘉山酒造から辺士名へ|沖縄路線バスの旅 旅行記その2

やってきたのは「津嘉山酒造所」です。2009年には国の重要指定重要文化財に指定された酒造所。さらに、今回の旅のテーマが「呑んだくれ呑兵衛」なので、酒造所は欠かすことが出来ません。泡盛の試飲はドライブ旅では体験することが出来ないバス旅の特権です。ここからはさらに沖縄本島を北上し、本島最北のバス停「辺士名」を目指します。
御船印の旅

重要文化財の駅・門司港 レトロな駅でフォトジェニックな写真を撮る|2021年 御船印旅行記 その9

門司港駅に到着しました。駅舎は国の重要文化財にも指定されています。テーマパークにありそうな雰囲気の駅舎ですが、確かに駅として機能しており、JR九州の起点を表す「ゼロマイル標」も設置されています。 ベンチも自動販売機もないホームにあるレトロな形の駅名標を撮ると、フォトジェニックな写真になります。
タイトルとURLをコピーしました