飛行機でしか行くことが出来ない離島へ!沖縄本島離陸|2021年→2022年 年末年始の旅 その1

2021年→2022年 年末年始の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回から【2021年→2022年 年末年始の旅】の様子をお届け。9日間の旅だったので、長い旅行記になります。

★参考:2020年→2021年 年末年始の旅★

JAL系列の飛行機で旅に出る

2021年12月28日。まずはいつもの通り、那覇空港からスタートです。

時刻はまだ朝6時半前。いつもと違うのは、利用する航空会社がPeachやJetstarではなく、JAL系列であるという点です。

それはこれから向かう先には、那覇からのLCCが飛んでいないからです。

保安検査場を通過。朝早くにも関わらず、すでに多くの人がいました。

年末年始を沖縄で過ごす人がいる一方で、私のように沖縄移住していて、沖縄から帰省する人もそれなりにいるようです。

こちらは出発ゲート付近にあった券売機です。那覇空港で京急や東京モノレールの乗車券を買うことが出来ます。

着席しました。

LCCの座席空間に慣れ切ってしまっているので、「さすがJALは広いな」と言いたかったですが、大して変わらない印象を受けました。

シートベルトや緊急時の案内をするのにテレビが出てくるというのは、LCCの飛行機ではないことです。

朝焼けの那覇空港を離陸

朝焼けの那覇空港を離陸。

飛行機は沖縄本島を北上せず、大きく左に旋回。

そして雲の上へ。

普通であれば、時間が経つにつれて空が明るくなってくるはずですが、空は朝焼けの色のままです。

離陸から約1時間。飛行機は高度を下げ、雲を抜けると島が見えてきました。

そして着陸。

ということで、年末年始の旅でまずやってきたのは石垣島です。

石垣島を訪れるのは3回目。沖縄に移住してからは初めてです。

★参考:初めての石垣島(これが初めての沖縄上陸)★

「おーりとーり」はようこその意味。沖縄本島では「めんそーれ」と言われます。

石垣島と本島は400km以上離れており、東京-大阪間と同じくらいの距離感です。言葉も違って当然と言えるでしょう。

本島へ行くより、むしろ台湾の方が近いのです。

そんなわけで同じ沖縄県内に住んでいても、飛行機代も高く、なかなか訪れることが出来ていませんでした。

LCCで安いチケットが手に入ったら、那覇から成田や関空、福岡を経由して行ったほうが安い場合もあります。

f:id:beautifuldreaman:20191129071600j:plain

昔は船もあったようですが、現在沖縄本島から石垣島へのアクセス方法は飛行機しかありません

空港から路線バスでフェリーターミナルへ

今回わざわざJAL(JTA)を使って石垣島を訪れた目的は「島巡り」。

石垣島を拠点に、周辺に点在する八重山諸島の島々を旅します。

石垣空港から路線バスに乗り、さっそくフェリーターミナルへ向かいます。

本島とは異なるバス会社ですが、電光掲示板の表示され方は本島のバスと同じです。

ある程度連携していることが伺えます。

★参考:沖縄本島のバス旅★

しかし、せっかく石垣島まで来て、周辺の島を巡るだけで、石垣島の観光をしないのはもったいない!と思い、途中でバスを降車。

歩いてフェリーターミナルを目指しながら、石垣島を観光します。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続く★

コメント

タイトルとURLをコピーしました