果実から究極のコーヒー豆を選び抜く作業をお手伝い|沖縄コーヒー農園 2022年1月 旅行記

沖縄コーヒー

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「安里おじぃのコーヒー農園」2022年1月編 をお届けします。

★コーヒー農園 10月編★

沖縄コーヒーの収穫時期

沖縄ではコーヒーの収穫時期を迎えています。

木々をよく見るとオレンジ色の果実が付いています。

この果実の中にある種がコーヒー豆になります。

今回は収穫したコーヒーの果実から種(=コーヒー豆)を取り出し、焙煎出来る状態にするまでをお手伝いさせていただきました。

まずは安里おじぃ手作りのこちらのマシーンを使って、果実からコーヒー豆を取り出します

収穫時期は午前中に収穫をして、午後に豆を取り出すという1日の流れになるそうです。

コーヒーの果肉から種(豆)を取り出す

ということで、この日も午前中に収穫した果実をマシーンに投入していきます。

そうすると、マシーンによって潰され、割れた果実が出てきます。

この果実をさらに数回マシーンに投入します。

今度は果実とコーヒー豆を分離させる作業です。

割れた果実を底が網になっているトレーに移し、そこに振動を与えることで、種から果肉がはがれ、種だけが網を通過して下に落ちていきます。

こちらがコーヒーの果実の中に入っている種(コーヒー豆)。

この中から優れたコーヒー豆を選別します。

究極の沖縄コーヒーを選別する

豆をバケツが入った水に入れると、水に浮く豆と沈む豆に分かれます。

そして次の工程に残るのは沈んだ豆だけ。この時点で水に浮かんだ豆は捨ててしまいます。

さらにこの豆を、秘密の液体に入れて、浮かんだ豆を取り除きます。

もちろん、収穫からここまですべて安里おじいの手作業です。

果実が実っていても、1日の作業量に限界があるので、ここまで選び抜かれた豆から作られたコーヒーは、究極の沖縄コーヒーといえるでしょう。

こちらは見ての通り、洗濯機です。

コーヒー豆は果実から取り出された時点で、果汁でぬるぬるしており、その後も水を浸しながら選別しているので、一度洗濯機の脱水機能を利用するのです。

洗濯機で回しても、ここまで残った豆は割れません。

その後に、専用の乾燥機で一晩乾燥させます。

天日干しをしたら脱穀

乾燥機で乾燥させた後は天日干し

沖縄の太陽の日差しで、コーヒー豆に含まれる水分を一定値まで蒸発させます。

数日干した豆の水分を機械で測り、水分が十分抜けていたら最後の工程です。

こちらは脱穀機です。

一般的にはお米で使用される機械で、きっと製造メーカーの方も、コーヒー豆の脱穀にも使われていることは知らないでしょう。

乾燥させた豆をここに入れると、焙煎をする直前の状態、いわゆる「生豆」となります。

今回は滞在時間約4時間で、この一連の流れをお手伝いさせていただきました。1人で作業をしていたら、もっと時間がかかるでしょう。また、天候にも左右されます。

美味しい沖縄コーヒーが出来るまでを、改めて知ることが出来ました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

■ 生豆直売所(コーヒー豆が買えます)

沖縄産コーヒー生豆(産地:大宜味村産) 250g
世界自然遺産の森の中で育まれた希少な国産コーヒー豆 無農薬栽培にこだわり完熟したコーヒーチェリーのみを手摘みして作りました。 珈琲はフルーティーで新鮮な豆が持つ香り高い味わいです。 数に限りはございますが、是非一度お試し頂きたいです。 ※レターパックの発送になります コーヒー生豆 情報 産地:沖縄県本島北部...

■ コーヒー体験

沖縄コーヒーアイランド|沖縄で国産コーヒーを飲んでみよう♪
沖縄産コーヒーの情報サイト。コーヒー農家がコーヒー栽培・精製など国産コーヒー作りをレポート!沖縄コーヒーチャンネルでは動画発信中♪沖縄コーヒー体験(農園見学・焙煎・ドリップ)やコーヒーイベントも開催!

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました