沖縄の島旅。キャロットアイランド「津堅島」へ!|2021年 津堅島旅行記その1

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回から数回にわたって「津堅島旅行記」をお届けします。

★前回の島旅★

ふらっと行ける島「津堅島」

津堅島は沖縄本島から近い離島のひとつ。

しかしこれまで、上陸したことがありませんでした。

それは港の場所が遠いから。

うるま市勝連半島・平屋敷港から島に向かうフェリーが出ており、そこまで那覇空港から車で1時間以上かかります。

ただし、1日数往復船が出ているので、沖縄に住んでいる場合はふらっと遊びに行ける島です。

船代も往復1240円とお手頃です。

今回は11時の船に乗船し、15時の船で帰ってくるという、島での滞在時間3時間半の旅となります。

★参考:船の詳細について★

気軽に船で30分!発見!楽園!津堅島!マリンスポーツやダイビング、各種体験を楽しもう!/(津堅島フェリー)神谷観光オフィシャルサイト
沖縄県の津堅島で自然を体験しよう!体験ダ...

フェリーくがにに乗船

港の堤防には「キャロットアイランド津堅島」と書かれています。

その愛称は私も以前から聞いたことがあり、津堅島といえばニンジンのイメージがあります。どうやら島全体の農地の60%でニンジンが作られているそうです。

フェリーと高速船が運行されており、私が乗船しているのが「フェリーくがに」。見えている「ニューくがに」が高速船です。

「くがに」を漢字で書くと【黄金】。金色という意味ではなく、沖縄の方言では「大切なものが輝いている様子」を指します。

船内の様子。それほど大きな船ではありません。

しかし、人口約400人の島を支える大切な航路。「くがに」という名にふさわしい船でしょう。

島で収穫されたニンジンも島内で販売されることはほとんどなく、この船に乗って出荷されます。

いざ津堅島へ

ということで、津堅島へ向けて出港。約30分の船旅です。

港からすでに島が見えています…と思いましたが、こちらは津堅島ではなく、浮原島という無人島。

自衛隊の演習場になっているようです。

港内は軽石の影響を受けやすい場所ですが、この日は大丈夫でした。

船のスクリューで海中がかき混ぜられると、海面には泥?が浮かんできます。

しかし、港を離れると間もなく、透明度が高い海に変わります。

対岸に見えているのは勝連半島です。

非常にいい天気です。

ふらっと行ける島だからこそ、「いつでも行けるから」という理由で、これまで上陸することが出来ていませんでした。

海の透明度が高い

本島から津堅島までは約5km。

この島に上陸したら、沖縄本島周辺に点在する、定期船がある有人島に全て上陸したことになります。

この海の美しさは、写真ではなかなか伝わりません。

ここまで綺麗な海面を見ながら航行する定期船は他にないと思います。

本島から近いので、恐らく水深が浅く、これだけ水色に見えるのでしょう。

自撮り。海面に自分の影が映っています。

デッキで海を見ながら過ごしていたら、あっという間に島が近づいてきました。

島の先端部分、海の色が水色になっています。

きっとあそこの砂浜まで行けば、美しい海の景色が広がっているでしょう。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

.

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました