国道390号線の起点・730交差点へ 石垣港まで歩く|2021年→2022年 年末年始旅行記3

2021年→2022年 年末年始の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【2021年→2022年 年末年始の旅】その3をお届けします。

★前回の記事★

石垣島の730交差点

国道390号線を歩き、石垣島フェリーターミナルへ向かいます。

歩道をよく見ると電柱が1本もありません電線の地中化が進んでいるようで、台風時の電柱倒壊による被害軽減が期待されています。

通称【730交差点】と言われる場所にやってきました。730の由来は1978年7月30日。すでに本土復帰から6年が経過している年ですが、この日まで沖縄県は「人は左、車は右」という、アメリカ統治の名残が続いていました。日本式の「人は右、車は左」への変更は、この日の朝6時から実施されたそうです。

前日の夜10時からが特別規制が始まり、標識などの切り替え作業が8時間で行われました。大きな事故もなくスムーズに移行が進んだことと、その歴史を後世に伝えるべく、交差点には記念碑も置かれています。

国道390号線の起点がある

そしてもうひとつ、ここ730交差点には注目すべきものがあります。

それがこちら【国道390号線 起点】という標識。国道390号線は日本最南端かつ最西端の国道です。ちなみに、標識の後ろのお店の名前には「730」が入っており、730円引きも行われているようです。交差点周辺には他にも「730」関連のお店などが見られ、島民の方に親しまれている様子が伺えます。

ここから一筆書きで国道をなぞっていくと、日本最北端の地「宗谷岬」まで行くことが出来ます。そんな道の起点と考えると、大変趣深いものがあります。しかし、石垣島は飛行機でしか行けない離島で、橋で道路が繋がっていたり、海中にトンネルがあるわけではありません。

国道を一筆書きで旅するとしたら

こちらは別の日に、同じく沖縄県・宮古島で撮影した写真。標識には「390」という数字が書かれています。

そしてこちらは沖縄本島・那覇市。ここにも「390」の標識があります。国道390号線は「海上国道」といい、石垣島から宮古島を経由し那覇市まで続いています。海上区間を含めると総延長550kmにもなり、日本で5番目に長い国道です。

そして、390号線の終点からは、日本一長い国道「58号線」に接続します。国道58号線もまた海上区間があり、途中奄美大島と種子島を経由し、850km先の鹿児島市内に至ります。

鹿児島からは国道3号線が北九州まで。

北九州からは国道2号線が関門海峡を通過し大阪まで… というように、日本の国道は繋がっているのです。

ちなみに、本州最北端・青森県から北海道にも海上国道「279号線」が伸びています。写真は函館市・八幡坂の下にあるラッキーピエロ。この写真の右手に信号があり、そちらが北海道側の国道279号線となっています。

そして最北端・宗谷岬には国道238号線が伸びています。写真は国道238号線ではありませんが、稚内まで来ると国道の標識にロシア語が登場します。

ということで、石垣島にて。いつか一筆書きで国道の旅をしてみたいものです。そして今回の記事で登場する写真は全て自分で撮影したものなので、改めて色々な場所に行っているなと思います。

石垣島とユーグレナ

ユーグレナ石垣港離島ターミナルに到着しました。2017年にネーミングライツが公募され、ミドリムシの研究と商品開発を行っているバイオベンチャー「ユーグレナ社」の名が付けられました。

島の中心部にある商店街にも「ユーグレナ」の名前があります。石垣島はユーグレナ社が世界で初めて、ミドリムシの屋外大量培養を成功させた地。ユーグレナ社に入社した石垣出身の方が尽力し、様々な活動を通じ、ユーグレナ社と島を繋いでいるようです。

★参考:ユーグレナ社 サステイナブルタイムズより★

vol.17 ミドリムシで石垣島の地域活性化に貢献せよ。
石垣島の住民のライフライン・離島ターミナルの愛称を『ユーグレナ石垣港離島ターミナル』へ。沖縄県の八重山地域の中心である石垣島と、竹富島・西表島などの離島を結ぶ旅客船が発着する唯一のターミナル港。商店街の『ユーグレナモール』(2010年 3月)に続き、石垣島内の重要拠点施設のネーミングライツ取得は2件目となる。

「飲むユーグレナ」だけの自動販売機が、商店街や港に設置されています。現在は石垣島、そして竹富島にユーグレナのグループ企業があり、ユーグレナ等の生産が行われています。

ユーグレナのカフェもありました。

コロナの前まで、石垣島には日本人だけでなく東アジアの方も多く訪れていました。島に雇用が生まれるというだけでなく、企業の認知を広げるという点で、島と企業、双方にメリットがあると考えられます。

ということで、フェリーターミナルの中へ。入口に門松が置かれているのは、年末年始ならではの光景です。

40km/h制限のなぞ

フェリーターミナルを歩いていたら、島の子供たちが描いた絵が展示されており、それらの絵には共通して「40km/h制限の標識」が描かれていました。

西表島の多くのエリアで、速度制限が40km/hに設定されているそうです。

ちょうど2022年1月1日のヤフーニュースにも記事が出ていました。イリオモテヤマネコのロードキルを防ぐことが目的とのこと。西表島に上陸したら、注目のポイントです。

ここからはお昼の船で「黒島」へ。まだ11時なので船の時間まで1時間半ほど、港の周辺を散策します。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました