2022-02

旅の思い出

ホワイトピリカ号で冬の道東観光 鶴見台と摩周湖へ|2018年 北海道旅行記 その1

北海道は「夏」をおすすめする人が多いですが、個人的には「冬」がおすすめです。ということで、冬の北海道へ向かいます。22時30分、イルミネーションに照らされた札幌駅に到着しました。この日の私の寝床は深夜バスです。釧路からは定期観光バス「ホワイトピリカ号」を利用し、道東を1日観光します。
南国日記~沖縄移住の記録~

那覇周辺で日本1周! 沖縄らしくない地を巡る|2022年 旅行記 with GastonLuga

今回はあえて、那覇周辺に点在する「沖縄らしくないスポット」を巡る、原付の旅をすることにしました。旅のお供になるのは【ルーレン】というバックパック。スウェーデン発のバックパックブランド "GastonLuga"さんとのコラボレーション記事です。スタートはお昼ということで、まずやってきたスポットはこちら。
南国日記~沖縄移住の記録~

絶景のビーチを歩く 干潮時のみ出現 無人島にも上陸|2021年 津堅島旅行記その3

島を1周する場合、この道路を歩くのが一般的ですが、この日は潮が引いていたため、トゥマイ浜からヒガ岬、タナカ浜、ヤジリ浜までは、砂浜を歩いて行くことが出来ました。サンゴが発達している海では、よく「砂だけで出来た島」が見られますが、津堅島でも発見しました。せっかくなので、靴を脱いで海を渡り、上陸してみます。
2021年→2022年 年末年始の旅

石垣島・港周辺を歩く!ファーマーズと商店街・公設市場へ|2021年→2022年 年末年始の旅 その5

八重山諸島の島を巡るため、今回は石垣島に3泊しますが、石垣島を観光する時間的な余裕はありません。船が出るまでの時間、フェリーターミナル周辺を散策します。やってきたのは【ファーマーズマーケット】。港からは歩いて10分ほどで着きます。ユーグレナモールまでやってきました。ゆっくり商店街を歩く時間はありませんが公設市場へ。
旅の思い出

2泊3日で1500km以上走るドライブ旅 知床~納沙布岬~美瑛|2017年秋 北海道旅行記 後編

知床から納沙布岬を目指していますが、決して納沙布岬が近いわけではありません。2日連続車中泊の気合で、日本最北端と日本最東端を制覇することが出来ました。今回は3日で約1660km走りましたが、わざわざあちこち北海道に行かなくても、とりあえず車を借りて美瑛に行けば間違いありません。
南国日記~沖縄移住の記録~

にんじん展望台からの絶景 集落からトゥマイ浜へ歩く|2021年 津堅島旅行記その2

港から津堅島で一番の観光名所「にんじん展望台」を目指して歩きます。10分ほどで到着。地面ににんじんが突き刺さり、その上の部分が展望台として整備されています。展望台から、プライベートビーチ感溢れる砂浜を見つけたので、次はあのビーチを目指して歩きます。この日は潮が引いていたので、トゥマイ浜から歩いて行くことが出来そうです。
2021年→2022年 年末年始の旅

ユーグレナ石垣港で八重山観光フェリーの御船印をゲット!|2021年→2022年 年末年始の旅 その4

ユーグレナ石垣港離島ターミナル。2017年にネーミングライツが公募され、バイオベンチャー「ユーグレナ社」の名が付けられました。まずは八重山諸島の島々を巡ります。そして旅の目的はもうひとつ。御船印です。八重山観光フェリーの御船印は沖縄らしいデザインで、御船印集め目的だけでなく、お土産にもよさそうです。
旅の思い出

台風の北海道をドライブ!レンタカーで宗谷岬~サロマ湖~能取湖へ|2017年秋 北海道旅行記 前編

台風の北海道に上陸。新千歳空港から目指すのは、日本最北端の地「宗谷岬」です。台風の宗谷岬を訪れることもあまりないことで、これはこれで貴重な経験となりました。宗谷岬からは、夜通しで車を走らせ、朝を迎えました。やってきたのは、日本で3番目に大きい湖「サロマ湖」です。ということで、この日も1日車であちこち巡ります。
南国日記~沖縄移住の記録~

フェリーくがに乗船 津堅島へ にんじんの島を歩いて1周する|2021年 津堅島旅行記 その1

私が乗船するのは、11時出港の「フェリーくがに」。フェリー代は、往復1240円とお手頃です。フェリーだと、津堅島までの所要時間は1時間。高速船だと、片道料金は150円ほど高くなりますが、30分で行くことが出来ます。島の周囲は約8km。帰りの船の時間まで、約4時間で島を歩いて1周します。まずは港から「にんじん展望台」へ。
タイトルとURLをコピーしました