ホエールウォッチングでナガンヌ島へ!那覇・泊港を出港する|2022 沖縄旅行記

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「2022年 ホエールウォッチングに行ってきた」その1をご紹介します。

★参考:2021年のホエールウォッチング★

フェリーだいとう 那覇・泊港入港

私にとって、冬の一大イベントは「ザトウクジラを見ること」。

2016年にトカラ列島・悪石島で初めて野生のザトウクジラを見てから、2021年まで毎年ホエールウォッチングツアーに参加しています。

今年もクジラのシーズンがやってきました。

普段は北海道よりも北の海で生活しているザトウクジラですが、12月から4月にかけては、子育てと繁殖活動のため、沖縄や奄美、伊豆諸島、小笠原など、温暖な海域に移動してくるのです。

沖縄では那覇から近い場所でもクジラを見ることが出来るので、様々な業者のツアーがありますが、私は毎年同じ業者のツアーに参加しており、今年もお世話になります。

出発は朝8時の那覇・泊港

これから離島へ向かう船が勢ぞろいしています。

★参考:泊港を出港する船たちについて★

ちょうどそこに大東島からフェリーだいとうがやってきました。

ヘリコプターを運ぶ!フェリーだいとう 那覇入港

通常は7時入港なので、この日は1時間遅れのようです。

大東島接岸の様子は有名ですが、那覇入港も他の船にギリギリまで近づくため、なかなか迫力ある光景です。

様々な荷物を積んでいますが、この日はヘリコプターを積んでいました。

空を飛ぶはずのヘリコプターが船に積まれているというのは、なかなかレアな光景ではないでしょうか。

きっと点検か何かで、飛ぶことが出来ない状況なのでしょう。

天気よりも波が重要

ホエールウォッチングツアーの船が出港しました。

クジラは野生生物なので、ツアーに参加したからといって、必ず見ることが出来るものではありません

もしクジラを見ることが出来なくても、フェリーだいとうの珍しい光景を見ることが出来たので、もう満足です(笑)

青空は見えていますが、雲は多めのお天気。

しかし、ホエールウォッチングで重要なのは「」です。360度の青海原から目視でクジラを探すので、そう簡単に見つけることは出来ません。

ようやくクジラを見つけた頃、船酔いでやられてしまっていては、ツアーに参加した意味がなくなってしまいます。

那覇を出港してから約30分。

このツアーではまず、クジラを探す前に「ナガンヌ島」に上陸します。

ここまでは海も穏やかで、ナガンヌ島に近づくと海の色が変わりました。

進化する無人島・ナガンヌ島接岸

ナガンヌ島にも毎年上陸していますが、毎年何かしら新しいものが作られています。

果たしてこの1年で、どのような進化を遂げているでしょうか

★参考:2021年のナガンヌ島★

島には海に建てられた桟橋から上陸します。

桟橋の真ん中からは、真下の海が見えるようになっており、海の上を歩くような感覚を楽しむことが出来ます。

それにしても美しいブルーです。

写真では分かりませんが、肉眼では水中を泳ぐ魚の姿も見ることが出来ます。

ナガンヌ島での滞在時間は40分

さっそく島を歩いて探検します。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

.

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました