日帰り 滞在時間50分 初島を歩いて1周する|2021年→2022年 年末年始の旅 その32

2021年→2022年 年末年始の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【2021年→2022年 年末年始の旅】その32をお届けします。

★参考:前回の記事★

初島を歩く

首都圏から一番近い有人島・初島に上陸しました。

滞在時間は50分しかないので、サクッと島を散策。まずは港から「島の湯」を目指して歩きます。

海沿いにはずらっと、海の幸を提供する飲食店が並んでいます。

こちらは、店先の水槽にいた伊勢海老。

刺身と丸焼き、2パターンでいただくことが出来るようですが、昼食にしては、なかなかのお値段となります。

他のお店も、1000円以下の商品はほとんどなく、少し贅沢なお値段(観光地価格)となっていました。

道沿いにあった、お手洗いのデザインはイカ。

調べると、「初島の活イカが美味しい」という口コミが多数あり、知る人ぞ知る、初島の名物になっているようです。

お土産には海産物がおすすめ

港の近くにある直売所では、島で採れた海産物が、お手頃価格で販売されていました。

伊勢海老も、こちらで買うと1188円です。

生魚だけでなく、この辺りの名物「ひもの」も手に入ります。

サザエのカラは無料でした(笑)

魚が泳ぐ水槽も置かれており、この時はウツボの姿を見ることが出来ました。

釣り竿のレンタルもあるので、自分で釣った魚をお土産にすることも出来ます。

島を1周することは出来るのか

飲食店の並びを抜けるとこんな感じ。

レンタカーやレンタサイクルは無いようですが、島自体が小さいため、歩きでも、1日あれば島をじっくりと巡ることが出来るはずです。

途中には、各国の言語が書かれた案内版が置かれています。

こちらの石碑には、「初島の電気」について書かれています。

どうやら初島には、1967年なってようやく、海底ケーブルを通じて本土からの電線が届き、夜も電気が使えるようになったそうです。

アロエの花が咲いていました。

こちらは恐らく自生しているものと思われますが、伊豆半島ではアロエの栽培が盛んで、11月下旬から1月上旬にかけて、下田市ではアロエの花まつりも開催されています。

こちらのヤシの木もまた、南国を感じさせます。

そして、温泉に到着。しかし、よく見ると「海泉浴」と書かれています。どうやら、海岸の地下40mから汲み上げた井戸水を沸かしたお湯を使用しているそうです。

目指していた島の湯に到着したものの、GoogleMapでは、ここから先の道が無く、港へ戻るためには、同じ道を引き返すしかないようです。

短い時間で、ちょっとこれは勿体なかった(目指す場所を間違えた)かなと思いましたが…

遊歩道があったので、ここを少し歩いてみることにしました。

灯台から小中学校 港へ戻る

遊歩道を抜けた先には、熱海市初島焼却場がありました。

島の湯からここまでは7分。

そしてここからは、初島第二漁港の方へ向かって、GoogleMapにも道が表示されています。つまり初島は、歩いて1周することが出来るということです。

しかし、今回は時間がないので、島の中央を突っ切って、港の方へと戻ります。

こちらは初島灯台

1959年に完成した灯台で、日本に16しかない「のぼれる灯台」のひとつです。入場に300円がかかるのと、時間がないのとで、今回はスルー。

こちらは東明寺というお寺。ご利益などは不明ですが、立派なソテツが象徴的で、南国を感じさせます。

島の中央を縦断する道路は、とても綺麗に整備されています。

一方で、整備されている場所が多いため、この写真のような、生活感を感じられる場所は少ないです。

島全体がテーマパーク(リゾート)のようになっているのです。

公立の小中学校もログハウスの立派な校舎。令和4年度は7名の生徒が在籍しています。

初島航路の船内には、船を運行する富士急に向けた、生徒たちのメッセージがあり、約半数の生徒が「給食の食材」を運んでくれることに、感謝の意を示していました(笑)

ということで、港に帰って来ることが出来ました。

熱海へ帰る前に、初島の成り立ち・歴史が面白かったので、次回の記事でご紹介します。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました