Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

旅の思い出

旅の思い出

東京発仙台行 深夜バス乗車録 過酷な移動の様子をご紹介|2022年 旅行記その2

仙台までの料金は4500円。所要時間は6時間と、新幹線の4倍かかりますが、その分料金はちょうど4分の1程度。まさに「時は金なり」を体現したような料金設定です。所要時間が長いと、身体も慣れてくるから、途中からしっかり眠れる場合が多いですが、仙台や名古屋など、所要時間5~6時間というのが、一番辛い深夜バスです。
旅の思い出

新宿駅からバスタ新宿へ 慣れてないと難しい 乗車までの流れを徹底解説|2022年 旅行記その1

毎日多くの高速バスが発着するバスタ新宿。新宿駅に隣接していると見せかけて、実は慣れていないと、なかなか辿り着くのが難しいのです。人に聞くか、看板を辿るかの、いずれかの方法でしか、バスタ新宿に辿り着くことは出来ません。しかし、 私が下りたホームの頭上の看板には、バスタ新宿の場所の案内が書かれていませんでした。
旅の思い出

雪の函館を歩いて観光!函館山から夜景と五稜郭公園|冬の北海道をバスで旅する その3

「高速はこだて号」に乗車し、札幌から函館を目指します。雪にも関わらず、定刻通り函館駅に到着しました。函館駅からは、金森赤レンガ倉庫まで歩いてやってきました。そして、函館山の山頂へ向かうロープウェイ乗り場に到着。夜景の時間になりました。2日目は五稜郭公園にやって来ました。もちろん、公園は一面の雪景色です。
旅の思い出

冬のバス観光!白鳥の屈斜路湖と雪面の阿寒湖を見物|冬の北海道をバスだけで旅する その2

釧路駅から定期観光バス「ホワイトピリカ号」に乗車。鶴見台、摩周湖の次にやってきたのは屈斜路湖です。観光バスなので、時間きっかり、サクサクと次に移動します。続いてやってきたのは、摩周湖と屈斜路湖の間にある「硫黄山」です。ツアーには昼食代も含まれています。午後は一面凍っている阿寒湖へ。ここでツアーは終了です。
旅の思い出

ホワイトピリカ号で冬の道東観光 鶴見台と摩周湖へ|2018年 北海道旅行記 その1

北海道は「夏」をおすすめする人が多いですが、個人的には「冬」がおすすめです。ということで、冬の北海道へ向かいます。22時30分、イルミネーションに照らされた札幌駅に到着しました。この日の私の寝床は深夜バスです。釧路からは定期観光バス「ホワイトピリカ号」を利用し、道東を1日観光します。
旅の思い出

2泊3日で1500km以上走るドライブ旅 知床~納沙布岬~美瑛|2017年秋 北海道旅行記 後編

知床から納沙布岬を目指していますが、決して納沙布岬が近いわけではありません。2日連続車中泊の気合で、日本最北端と日本最東端を制覇することが出来ました。今回は3日で約1660km走りましたが、わざわざあちこち北海道に行かなくても、とりあえず車を借りて美瑛に行けば間違いありません。
旅の思い出

台風の北海道をドライブ!レンタカーで宗谷岬~サロマ湖~能取湖へ|2017年秋 北海道旅行記 前編

台風の北海道に上陸。新千歳空港から目指すのは、日本最北端の地「宗谷岬」です。台風の宗谷岬を訪れることもあまりないことで、これはこれで貴重な経験となりました。宗谷岬からは、夜通しで車を走らせ、朝を迎えました。やってきたのは、日本で3番目に大きい湖「サロマ湖」です。ということで、この日も1日車であちこち巡ります。
旅の思い出

透明度1位の摩周湖から2位倶多楽湖へ レンタカー大移動 これが北海道|2016年旅行記 その6

摩周湖に到着しました。摩周湖は、ロシアのバイカル湖に次いで、世界で2番目に、そして日本では最も透明度が高い湖。ここから車を走らせて大移動。倶多楽湖も摩周湖と同じく、火山の噴火によって出来たカルデラ湖。周囲は約8kmで、流出入する川がなく、透明度は摩周湖に次いで全国2位とされています。
旅の思い出

ヒグマを見ることは出来るか!? 2日連続で知床半島をドライブした結果|2016年旅行記 その5

道の駅しゃりに「トドの死体を捕食しているヒグマが確認されました」という、大自然すぎる一文が書かれた注意書きがありました。知床ドライブで楽しみにしていたのは、まさにヒグマとの遭遇。国内最大の野生陸上生物で、日本では北海道にしか生息していません。しかし、出てくるのはシカとキツネばかり。なかなかヒグマは姿を見せてくれません。
旅の思い出

雨の道東ドライブ!釧路から網走へ 地味な湖と美しい神の子池|2016年旅行記 その4

朝の釧路湿原からスタート。この日は1日車で道東を巡り、網走へ向かいます。しかし天気は雨。釧路湿原は霧に包まれ、オンネトーと阿寒湖は、非常に地味な景色が広がっていました。900草原で牛乳とジビエバーガーを食べた後は、絶景スポットとして有名な神の子池へ。ここでは雨が降っていても、大変美しい青を見ることが出来ました。
旅の思い出

夏の北海道 絶景を巡るドライブ1日旅 ひまわり畑~美瑛~富良野|2016年旅行記 その3

レンタカーを借りて、夏の北海道で見られる絶景を巡ります。まずやって来たのは、北竜町にあるひまわり畑。見渡す限りひまわりが咲き誇る景色は圧巻。続いて向かったのは、丘のまち・美瑛。その丘では輪作が行われており、様々な作物が栽培されています。中でもおすすめは「四季彩の丘」。そして美瑛といえば、青い池も外せないスポットです。
旅の思い出

船で朝の函館に到着!駅周辺を歩いて散策 函館本線でアイヌ語の旅へ|2016年旅行記 その2

早朝の函館に青函フェリーで到着。港から市街地は離れているので、五稜郭駅まで歩き、列車で函館駅へ。朝の函館は定番スポットも人は少なめ。そしてこの日も北海道&東日本パスを利用して、1日函館本線を乗り継ぎ岩見沢へ。北海道の地名の多くがアイヌ語由来なので、列車で移動しながら地名を調べるのも、楽しみのひとつ。
旅の思い出

北海道&東日本パスで大宮から青森へ 青森ねぶた見物 青函フェリー1泊|2016年旅行記 その1

出発は大宮駅。ここから北海道まで、普通電車を乗り継いで移動します。「普通電車を乗り継ぐ」と言えば、青春18きっぷを利用するのが一般的ですが、今回は北海道&東日本パスを利用します。12時間以上かけて青森駅に到着。この日はちょうど、青森の一大イベント「ねぶた祭り」が行われていたので見物し、夜の船で函館へ渡ります。
旅の思い出

さらば北海道!青函フェリー1泊。青森から大宮へ|2014年北海道&東日本パス旅行記 最終回

北海道&東日本パスを利用し、ここから埼玉・大宮を目指します。函館で夜景を見たかったわけではなく、この船に乗るために函館で夜になるのを待っていました。青森に到着するのは翌朝3時前。これが青函フェリーを選んだ理由です。北海道&東日本パスとは別料金になりますが、学割もあって、1000円台で乗船することが出来るのです。
旅の思い出

札幌から函館へ!長万部でまんべくんに出会う|2014年北海道&東日本パス旅行記 その8

札幌から埼玉を目指す列車の旅が始まりました。長万部に到着しました。長万部といえば「まんべくん」。ポスターの子供たちも怯えていますが、Twitterで暴れて大炎上するなど、名物ゆるキャラです。引き続き列車で函館を目指します。この日の宿は、夜に函館を出港する青函フェリーです。船の時間まで函館をぶらぶらして過ごします。
タイトルとURLをコピーしました