Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

沖縄コーヒー

沖縄コーヒー

コーヒー栽培と世界史 日本のコーヒーはどこからやってきた?|観光アイデア教科書 Vol.26

日本に初めてコーヒーがやって来たのは江戸時代。鎖国体制下で交易を認められていたオランダの商船が、長崎・出島にコーヒーを持ち込んだとされています。小笠原諸島にコーヒー苗が持ち込まれ、栽培の試みが行われたのは明治時代。日本のコーヒーはどこからやってきたのでしょうか。今回はコーヒーが世界に広まる歴史をご紹介します。
沖縄コーヒー

コーヒー栽培の条件を地理的に分析 ポイントは雨季・乾季と標高|観光アイデア教科書 Vol.25

コーヒーの生育には、降水量・日当たり・温度・土質という4つの条件が必要です。この条件を満たす地域は、赤道を挟んで【北緯25度から南緯25度】まで、または【南回帰線と北回帰線】の間と考えられており、この一帯は「コーヒーベルト」と呼ばれています。今回はコーヒーの生育に適した地域に偏りが生じる理由を地理的側面から分析します。
沖縄コーヒー

コーヒーの花が咲く!沖縄コーヒー農園で作業のお手伝い|原付 ラストランその4

沖縄コーヒーの収穫期が終わり、気温もそれほど高くないので、雑草の成長スピードが遅く、毎日草刈をする必要もありません。こちらが開花していたコーヒーの花。偶然、コーヒーの花で蜜を吸っているハチを見つけました。こうした虫が受粉を助け、夏までに果実が成り、秋にかけて熟して、収穫となります。この日は農園の整備を見学&お手伝い。
沖縄コーヒー

収穫時期!果実から究極のコーヒー豆を選び抜く作業をお手伝い|沖縄コーヒー2022年

今回は収穫したコーヒーの果実から種(=コーヒー豆)を取り出し、焙煎出来る状態にするまでをお手伝い。滞在時間約4時間。果実が実っていても、1日の作業量に限界があるので、ここまで選び抜かれた豆から作られたコーヒーは、究極の沖縄コーヒーといえるでしょう。美味しい沖縄コーヒーが出来るまでを、改めて知ることが出来ました。
南国日記~沖縄移住の記録~

名護で原付がパンク!船に原付を載せ、本部港から那覇へ|沖縄コーヒー 2021年3月編

やんばるにあるコーヒー農園に向かう途中、名護で原付がパンクしました。翌朝も仕事なので、何とかこの日のうちに帰る必要があります。しかし、私は冷静でした。パンクした原付で本部港へ向かい、船で那覇へ帰ると、JAFを呼ぶよりも安く済むのです。この日の船はマリックスライン・クイーンコーラル8。無事、那覇に戻ることが出来ました。
沖縄コーヒー

シークワーサー狩りを体験!収穫しないと木が枯れる でも売り先もない|2020年 沖縄旅行記

今回はシークワーサーを収穫してきました。柑橘系は毎年収穫しないと木が枯れるのが早くなると言われています。美味しくて栄養価も高いシークワーサー。たわわに実っていても放置され枯れてしまう。ただ、収穫する人もいない、収穫しても売り先がなく捨ててしまう…果たして、沖縄を代表する特産品の今後は、どのようになっていくのでしょうか。
沖縄コーヒー

安里コーヒー農園の撮影に密着!コーヒー栽培と想いを映像で届けたい|沖縄コーヒー その5

2020年10月下旬のある日、安里コーヒー農園のイメージ映像を撮影しました。私はいつも安里おじいの沖縄コーヒーに対する想いを聞いていたので、それをひとつ形にしたいというのが、今回の動画撮影の目的です。コーヒーをいただきながら、安里おじいのこだわりや想いも伺うことが出来て、かなりかっこいい作品が仕上がりました。
沖縄コーヒー

沖縄で美味しいコーヒーを栽培したい 安里さんが目指すものとは|観光アイデア教科書 Vol.7

沖縄でコーヒーの栽培が行われていることを知っていますか。生産量が少なく貴重な沖縄コーヒー。安里さんは沖縄でコーヒー栽培と体験農園カフェを営んでいます。美味しい沖縄コーヒーを作ると同時に、美味しい沖縄コーヒーを味わうためのカフェも手作りしています。
沖縄コーヒー

コーヒーの森を作る!開墾・植樹・栽培 コーヒー1杯が出来るまでの記録|沖縄コーヒー その4

「山を案内する」ということで、探検が始まりました。道なき道へと入っていきます。ハブにも気を付けなければなりません。どうやらこの池が目的地。周囲をやんばるの深い緑に囲まれた素敵な場所です。沖縄でしか出来ない、ジャングル探検という、貴重な体験をさせていただきました。
沖縄コーヒー

沖縄コーヒーは美味しいのか?試飲会で集めたアンケート結果を公開|沖縄コーヒー その3

今回は果実からコーヒー豆を取り出します。これらをすぐに焙煎して飲むことは出来ず、数日間天日干しさせます。乾燥させた豆を脱穀し焙煎すると、コーヒーを淹れることが出来ます。しかし「収穫出来てよかったね」だけでは意味がありません。味が美味しくて、高くても売れる必要があります。その検証のため、銀座で試飲会を実施しました。
沖縄コーヒー

やんばるの森のコーヒー農園 手作りカフェが出来るまで 2年間の記録|沖縄コーヒー その2

収穫したコーヒー豆をただ販売するだけでなく、農園まで来てもらって味わう、ここでしか飲めないコーヒーを作ることが安里おじいの狙い。コーヒーそのものの質はもちろんですが、安里おじいは「コーヒーを美味しく味わうためには雰囲気も重要」ということで、コーヒー農園の横にある更地にカフェを手作りすることとなりました。
沖縄コーヒー

やんばるの山奥で銃撃されそうになりました|沖縄コーヒー2019 番外編

実はコーヒー農園がある集落は、周囲を柵で囲まれており、入口のゲートには「イノシシ対策のため、開けたら閉めてください」と書かれてます。迷いながら原付を走らせていると、突如1人の男性が現れました。「何をしているの?」男性は妙に穏やかです。男性は「早く出ないと撃たれるよ」と言いながら、真顔で銃で撃つジェスチャーをしています…
沖縄コーヒー

貴重!国産コーヒーの農園を見学 焙煎・試飲・植樹を体験してきた|沖縄コーヒー その1

日本国内でコーヒーの生産が行われていることは、あまり知られていません。沖縄コーヒーと何らかの形で関われないかと調べて、偶然見つけたのが「コーヒー農園カフェのボランティア」です。やって来たのはやんばるの山奥。こちらがコーヒーの木々たち。日本の他の場所ではなかなか見ることが出来ない、貴重な景色が広がっていました。
タイトルとURLをコピーしました