Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

父島

2019年→2020年 年末年始の旅

何時間遅れるのか!揺れる冬のおがさわら丸に乗船|2019年→2020年 年末年始旅行記11

冬のおがさわら丸は、東京到着が遅れることが多いです。果たして、何時間の船旅になるでしょうか。日没後、早々に船が揺れ始めたので、夕食も食べず寝てしまいました。揺れる船でぐっすりは眠れず、寝たり起きたりを繰り返していました。翌朝9時過ぎ、おがさわら丸は1時間遅れとなっていました。
2019年→2020年 年末年始の旅

着発便!日帰りで小笠原諸島・父島を旅してみた|2019年→2020年 年末年始旅行記10

今回は着発便のおがさわら丸で、元旦の小笠原諸島・父島に上陸。日帰りのため、滞在時間は約4時間でしたが、「ウミガメの放流」「初泳ぎ」「初詣」「ホエールウォッチング」をコンプリートすることが出来ました。普段のおがさわら丸は、父島到着後、そのまま島に停泊するため、日帰り滞在は出来ません。
初めての小笠原諸島

感動のお見送り!帰りのおがさわら丸 24時間の過ごし方|初めての小笠原諸島 旅行記最終回

いよいよ出港の時がやってきました。港には多くの人たちが集まり、小笠原太鼓の勇壮な調べが響きます。他の離島では見られないような活気です。父島へ向かうおがさわら丸では、1人船酔いと戦っていましたが、帰りは賑やかで楽しい時間でした。帰りの24時間は、現実に戻るために必要な時間、思い出を熟成させるための時間と言えるでしょう。
2019年→2020年 年末年始の旅

船酔い注意!地獄の船・おがさわら丸の過ごし方|2019年→2020年 年末年始旅行記8

東京湾を出るあたりから船が大きく揺れ始めました。猛烈な風と船の揺れで立っているのがやっとです。 まもなく甲板も閉鎖されてしまいました。さらに揺れる船内。ラウンジでは「ガシャーン!」という音ともに、ビンや缶が飛び交っていました。私は「立ったら吐く…」というところまで追い込まれていました。
初めての小笠原諸島

ドルフィンスイムツアーに参加!野生のイルカ・マンタと泳ぐ|初めての小笠原諸島 旅行記14

年間を通じて、野生のイルカと泳ぐことが出来るのは、日本では小笠原だけ。父島滞在最終日、船の出港は15時半なので、この日の午前中は、前日のうちにドルフィンスイム・南島上陸ツアーを予約していました。料金は5000円。果たしてイルカと泳ぐことは出来るでしょうか。船に乗っている全員で、海面から出ているイルカの背びれを探します。
初めての小笠原諸島

父島のビーチ巡り!宮之浜・釣浜・製氷海岸・境浦海岸をご紹介|初めての小笠原諸島 旅行記12

小笠原諸島滞在3日目。この日は1日原付で、父島のビーチをめぐります。今回ご紹介するのは「宮之浜」「釣浜」「製氷海岸」「境浦海岸」。その中でも、私のお気に入りは釣浜。島民の方にも一番人気のビーチといっていいかもしれません。陸からの景色は非常に地味ですが、水が綺麗で魚の数も多いです。運がいいとウミガメに出会えるかも。
初めての小笠原諸島

クジラとともにある 父島に上陸した人々の歴史 コペペって誰?|初めての小笠原諸島 旅行記11

ギルバート諸島出身の先住民コペペが利用していたコペペ海岸。それまで無人島だった小笠原諸島に上陸し、生活を始めたのは欧米人とハワイの人々。島には捕鯨船が寄港し、様々な地域の人々が出入りするようになりました。コペペもこうした時代の小笠原にいた人物であると考えられます。その後明治政府によって、小笠原は日本領になりました。
初めての小笠原諸島

原付で父島1周!夜明け道路を走る 大神山神社から長崎展望台へ|初めての小笠原諸島 旅行記9

この日は、島を1周してみることにしました。マップに示した赤線が父島の1周道路で、その距離はおよそ20km。海岸線に沿っているわけではなく、半周は山の中を走ります。スタートは大神山神社。道路沿いに点在している展望台や戦跡などを見物しながら、原付を走らせます。アップダウンが激しいので、自転車ではなく原付を借りて正解でした。
初めての小笠原諸島

東洋のガラパゴス 大自然に隠れた島の歴史 ガイドツアーがおすすめ|初めての小笠原諸島 旅行記8

海底火山活動によって、小笠原諸島は約4800万年前に誕生しました。そこから一度も大陸と陸続きになることが無かったため、生物たちは独自の進化を遂げ「東洋のガラパゴス」とも呼ばれています。人の定住によって自然破壊が進みましたが、戦争で全島民避難・米軍統治という時代を経て、自然が回復したという歴史があるのです。
初めての小笠原諸島

イルカにクジラ 南島も!海のツアーがおすすめな理由|初めての小笠原諸島 旅行記7

小笠原にはどんなツアーがあるのでしょうか。今回は海のツアーを中心にご紹介します。海の体験ツアーは、カヤック・SUP・釣りなどがありますが、小笠原の海のツアーのメインは、イルカと南島、冬場のクジラです。イルカやクジラは野生なので、見ることが出来るかどうかは運次第ですが、かなり高い確率で見ることが出来ます。
初めての小笠原諸島

小笠原旅行の4つのポイント!観光客同士が仲良くなりやすい仕組み|初めての小笠原諸島 旅行記5

おがさわら丸の通常の運航スケジュールを、小笠原では『1航海』と呼び、ほとんどの人が1航海に予定を合わせます。この特殊な条件から、小笠原諸島を旅行で訪れるときには、4つのポイントがあります。世界自然遺産にも登録された小笠原諸島ですが、観光客同士が仲良くなる、つまり「出会い」が最大の特徴と言えるかもしれません。
初めての小笠原諸島

ノープラン・父島男1人旅 前浜海岸でシュノーケル&港周辺を歩く|初めての小笠原諸島 旅行記3

とりあえず、宿の周りを歩いてみることにしました。事前学習はほとんどせず、しかもノープランなので、どこに行って何をすればいいのか、いまいち分からない状態。陸を歩いていても、いまいち面白くなかったので…前浜海岸でシュノーケル。3泊4日のまだ2時間しか経っていませんが、次は何をしようという感じ。それを相談する相手もいません。
初めての小笠原諸島

台風の海へ出港!揺れるおがさわら丸 24時間 船酔いとの闘い|初めての小笠原諸島 旅行記その2

私にとって、24時間の船旅は人生初。台風の影響で、船が揺れることは想定内でしたが、乗り物酔いをしたことが無かったので、酔い止めは飲んでいませんでした。その結果、ずっと横になって、船酔いと戦うこととなりました。父島に飛行場はないため、アクセス手段はおがさわら丸だけ。誰もがこの24時間を乗り越えなければならないのです。
初めての小笠原諸島

欠航してほしい 乗りたくない 台風でもおがさわら丸は出港した|初めての小笠原諸島 旅行記その1

初めておがさわら丸に乗船した日。南西諸島の南の海上で台風13号が発生しており、おがさわら丸が欠航して、船代が全額返金になればいいと思っていました。高い船代を払って、わざわざ天気の悪い島に行って、3泊4日も閉じ込められるのです。私の「欠航してくれ!」という想いとは裏腹に、大しけ予報の青海原へ向けて、通常通り出港しました。
初めての小笠原諸島

【台風でも欠航しない】おがさわら丸の運航状況で台風の強さが分かる 他の島の船と比べてみた

台風の影響で各地の離島航路が欠航している中で唯一、運航している船を見つけました。東京都心から南へ1000km。小笠原諸島へ向かう「おがさわら丸」です。2018年の欠航回数は1回だけ。台風でも欠航しない「おがさわら丸」。そのため、運が悪いと、物凄く揺れる「地獄の定期船」と化した船に乗ることとなるので注意が必要です。
タイトルとURLをコピーしました