Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

2016

旅の思い出

透明度1位の摩周湖から2位倶多楽湖へ レンタカー大移動 これが北海道|2016年旅行記 その6

摩周湖に到着しました。摩周湖は、ロシアのバイカル湖に次いで、世界で2番目に、そして日本では最も透明度が高い湖。ここから車を走らせて大移動。倶多楽湖も摩周湖と同じく、火山の噴火によって出来たカルデラ湖。周囲は約8kmで、流出入する川がなく、透明度は摩周湖に次いで全国2位とされています。
旅の思い出

ヒグマを見ることは出来るか!? 2日連続で知床半島をドライブした結果|2016年旅行記 その5

道の駅しゃりに「トドの死体を捕食しているヒグマが確認されました」という、大自然すぎる一文が書かれた注意書きがありました。知床ドライブで楽しみにしていたのは、まさにヒグマとの遭遇。国内最大の野生陸上生物で、日本では北海道にしか生息していません。しかし、出てくるのはシカとキツネばかり。なかなかヒグマは姿を見せてくれません。
旅の思い出

雨の道東ドライブ!釧路から網走へ 地味な湖と美しい神の子池|2016年旅行記 その4

朝の釧路湿原からスタート。この日は1日車で道東を巡り、網走へ向かいます。しかし天気は雨。釧路湿原は霧に包まれ、オンネトーと阿寒湖は、非常に地味な景色が広がっていました。900草原で牛乳とジビエバーガーを食べた後は、絶景スポットとして有名な神の子池へ。ここでは雨が降っていても、大変美しい青を見ることが出来ました。
旅の思い出

夏の北海道 絶景を巡るドライブ1日旅 ひまわり畑~美瑛~富良野|2016年旅行記 その3

レンタカーを借りて、夏の北海道で見られる絶景を巡ります。まずやって来たのは、北竜町にあるひまわり畑。見渡す限りひまわりが咲き誇る景色は圧巻。続いて向かったのは、丘のまち・美瑛。その丘では輪作が行われており、様々な作物が栽培されています。中でもおすすめは「四季彩の丘」。そして美瑛といえば、青い池も外せないスポットです。
旅の思い出

船で朝の函館に到着!駅周辺を歩いて散策 函館本線でアイヌ語の旅へ|2016年旅行記 その2

早朝の函館に青函フェリーで到着。港から市街地は離れているので、五稜郭駅まで歩き、列車で函館駅へ。朝の函館は定番スポットも人は少なめ。そしてこの日も北海道&東日本パスを利用して、1日函館本線を乗り継ぎ岩見沢へ。北海道の地名の多くがアイヌ語由来なので、列車で移動しながら地名を調べるのも、楽しみのひとつ。
旅の思い出

北海道&東日本パスで大宮から青森へ 青森ねぶた見物 青函フェリー1泊|2016年旅行記 その1

出発は大宮駅。ここから北海道まで、普通電車を乗り継いで移動します。「普通電車を乗り継ぐ」と言えば、青春18きっぷを利用するのが一般的ですが、今回は北海道&東日本パスを利用します。12時間以上かけて青森駅に到着。この日はちょうど、青森の一大イベント「ねぶた祭り」が行われていたので見物し、夜の船で函館へ渡ります。
旅の思い出

夢のような時間でした さらばジープ島 さらばミクロネシア|2016年 ジープ島旅行記最終回

2泊3日のジープ島滞在を終え、日本へ帰ります。チューク国際空港からグアムを経由し、日本までは20時間かかります。まずは、対岸のブルーラグーンリゾートで夜まで待機。ずっとロビーにいましたが、Wi-Fiもつながり、快適に過ごすことが出来ました。夜の飛行機でさらばミクロネシア。夢のような時間を過ごすことが出来ました。
旅の思い出

地図にないサンゴの島へ!満点の星空に南十字星を見つけた|2016年 ジープ島旅行記その6

太陽が沈み、ジープ島で過ごす最後の夜。夕食を終えると、空には満点の星空が広がり、その中に南十字星を見つけることが出来ました。そして朝日とともに目が覚めて、朝食を食べた後は、ボートで地図に載っていない無人島へ。ここはサンゴの砂が積もって出来た島で、360度、息をのむ絶景が広がっています。
旅の思い出

トラック環礁でシュノーケル 戦争で沈んだ日本軍の船を見る|ジープ島旅行記その5

シュノーケルで見えたのは沈没船。これは75年以上前、太平洋戦争時代に沈んだ日本の船です。1944年2月17日から18日にかけて、トラック諸島に大空襲が襲いました。その時に沈んだ船が、今も海底に残されており、「世界一の沈没船ダイビングスポット」と言われています。お昼休みに上陸した竹島も、かつては島全体が軍の飛行場でした。
旅の思い出

島の生活環境をご紹介!トイレ・コンセント・布団もある 虫はいない|ジープ島旅行記その4

食事の時も明かりもそうですが、発電機はあるので、指定の時間内であればスマホの充電も可能です。夜はコテージの布団で寝ました。ジープ島にはヤモリはいますが、蚊やハエはほとんどいません。シャワーの水は1人このバケツ1杯と決められています。トイレもそのまま海へ流れます。手を洗ったり歯磨きをしたりすることも出来ます。
旅の思い出

南の島で片手にワイン 男子大学生おすすめの過ごし方|ジープ島旅行記その3

この日は海で泳ぐこともせず、島に置かれていた、ジープ島を開拓した吉田さんの本を読んで、午後の時間を過ごしていました。小さな南の島で、ワイン片手に海を眺めてのんびり過ごす… 自分で言うのもなんですが、これは21歳の大学生がする遊びとは思えません。ただ、やっていることは贅沢ですが、特別お金がかかっているわけではありません。
旅の思い出

日本を出発して17時間 1周3分の南の島「ジープ島」上陸|ジープ島旅行記その2

水平線の先の青海原にポツンと浮かぶ「ジープ島」が見えてきました。ここが今回の旅の目的地です。ミクロネシア・ジープ島。1周3分で歩いて1周出来る、まるで絵本に出てくるような小さな南の島です。日本を出発してから約17時間、ジープ島に上陸しました。
旅の思い出

成田空港からグアム、そしてミクロネシア・チューク空港へ 初めての海外旅行|ジープ島旅行記その1

2016年2月、これが私にとって初めての成田空港、そして海外旅行です。まず向かうのはグアム(GUM)。そこで飛行機を乗り換えて、目的地はミクロネシア・チューク国際空港(TKK)です。「初めての海外でミクロネシア?何で」という質問に対し、私は「I go to JEEP Island」と答えました。
旅の思い出

小宝島ブルーが美しかった!温泉もある 出会いに感謝の島旅|2016年 トカラ列島旅行記その7

小宝島には自然の温泉があります。温泉にはヨットで世界を旅している外国人5人組がいたので、彼らと少し交流。マニアックな場所には、変わった人が集まるものです。そして翌日。港へやってきました。海の色は絵の具のような水色の「小宝島ブルー」。そこに奄美大島行きのフェリーとしまがやって来ました。さらば小宝島、そしてトカラ列島。
旅の思い出

キングオブ秘境!小宝島上陸 人口60人の島を歩いて1周|2016年 トカラ列島旅行記その6

小宝島に上陸!十島村のホームページによると島の1周は約4km。1時間程度で周ることが出来そうです。そんな小さな島に、翌日10時半の奄美大島行きの船がやって来るまで滞在します。「こだから」という島の名前だけでなく、島の形が「妊婦さんが横になっている姿に見える」ということで、安産に縁起がいい島と言われているそうです。
タイトルとURLをコピーしました