Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

2019

旅の思い出

滞在1時間半!港周辺を歩いて散策 島旅初心者にもおすすめな沖縄の島|2019年 伊江島旅行記

沖縄本島中部の道路沿いや、美ら海水族館、飛行機など、色々な場所から見える伊江島。オリオンビールの缶にも「伊江島産大麦」と書かれています。今回は1時間半のみの滞在なので、港周辺を歩いて散策しました。本部港から30分、料金も往復で1500円もせず、なかなかお手軽に行ける島。初めての島旅にもおすすめです!
飛島・粟島旅行記

【飛島・粟島の旅】移住者が増えている山形県で唯一の離島も「飛島」を歩く。小中学校は休校中。謎の洞窟もある!?|2018年 旅行記 その2

ブログをご覧いただきありがとうございます。 本日は2018年の「飛島・粟島旅行記」その2をお届けします。 これまでの旅の思い出を振り返るシリーズです。 ★前回の記事★ 謎の洞窟 日本海に浮かぶ離島・飛島に上陸しました。滞在時間は3時間ほど。レンタサイクルを...
島活in与論島

【原付で島旅】平安座島→宮城島→伊計島へ。沖縄らしいのどかな景色を原付で走る~ 2020年7月 与勝諸島を巡る旅 旅行記その3~

ブログをご覧いただきありがとうございます。 本日は「与勝諸島を巡る旅 旅行記」その3をお届けします。 ★前回の記事★ 平安座島上陸 海中道路の途中にある「海の駅あやはし館」に寄り道した後伊計島を目指して原付を走らせます。 橋を渡ります。 ...
南国日記~沖縄移住の記録~

グスク(城)を1日で巡る旅 世界遺産で沖縄・琉球の歴史を知る 絶景もおすすめ

沖縄には「グスク(城)」と呼ばれる建造物の跡が、各地に点在しています。日本の一般的な城の形とは異なり、石積みの要塞のような、遺跡ともいえる外観です。尚巴志による統一以前、琉球王国より前の時代を、沖縄では「グスク時代」と呼びます。グスクを巡ることで、沖縄の歴史に触れる旅はいかがでしょうか。
2019年→2020年 年末年始の旅

超貴重!おがさわら丸船内で年越し&初日の出|2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記12

2019年の大みそか、時刻は23時半過ぎ、私はおがさわら丸の船内にいました。大みそかに竹芝桟橋を出港する便が設定されることは滅多にありません。この便では、船内で年越しをした後、数時間後には、太平洋から昇る初日の出を見ることが出来るのです。小笠原ファンが羨むであろう貴重な体験をして、あとは島が見えるのを待つのみ。
2019年→2020年 年末年始の旅

船酔い注意!地獄の船・おがさわら丸の過ごし方|2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記11

東京湾を出るあたりから船が大きく揺れ始めました。猛烈な風と船の揺れで立っているのがやっとです。 まもなく甲板も閉鎖されてしまいました。さらに揺れる船内。ラウンジでは「ガシャーン!」という音ともに、ビンや缶が飛び交っていました。私は「立ったら吐く…」というところまで追い込まれていました。
2019年→2020年 年末年始の旅

おがさわら丸大晦日出港便に乗船!竹芝桟橋出港 |2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記10

12月31日出港 。小笠原諸島・父島までは24時間の船旅。私は年越しの瞬間を、おがさわら丸の船内で迎えるのです。年越しの瞬間、船内では何かしら、イベントがあるのだろうかということも期待してしまいます。おがさわら丸は定刻通り、東京・竹芝桟橋を出港しました。レインボーブリッジを通過し、東京のビル群が遠ざかっていきます。
2020年→2021年 年末年始の旅

常磐線代行バス「浪江→富岡 」に乗車。福島第一原発周辺の景色|2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記9

ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「2019年→2020年 年末年始の旅」その9をお届けします ★前回の記事★ 銀山温泉から大石田駅へ ということで、大石田駅に戻ってきました。 ここからは12時発山形行きの電車に乗って、仙台方面...
2019年→2020年 年末年始の旅

千と千尋の神隠しの舞台・銀山温泉。公衆浴場「しろがね湯」に浸かる|2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記8

ここ銀山温泉はジブリ映画『千と千尋の神隠し』の舞台とも言われています。銀山川沿いに立ち並ぶ温泉宿が、まるで時代をタイムスリップしたような、ノスタルジックな雰囲気を創り出しています。銀山温泉は「温泉宿」がほとんどで、日帰り入浴が可能な「公衆浴場」は、しろがね湯ともう1か所のみのようです。無料で温泉を楽しむことも出来ます。
2019年→2020年 年末年始の旅

早朝の山形駅から銀山温泉へ。大石田駅から歩き+バスの経路をご紹介|2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記7

5時53分発の奥羽本線「新庄行」、始発電車に乗車します。大石田駅で電車を降ります。駅から3kmほど離れたところにある、尾花沢市役所からバスが出ているので、そこまで歩きます。尾花沢市役所を7時50分に出るバスに乗り、銀山温泉へ向かいます。朝8時、まだ人が少ない、銀山温泉に到着しました。
2019年→2020年 年末年始の旅

道路もネコ優先 「田代島」でネコが神である理由 | 2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記4

ネットで田代島を調べると、「ネコの島」として有名であることが分かります。漁業が中心だった田代島では、ネコは昔から今も、大漁を招くありがたい存在として、大切にされています。かつては1000人近くの人が暮らしていたそうですが、現在の田代島の人口は60人程度、ネコは約130匹。ネコが島の人に愛されていることがよく分かります。
2019年→2020年 年末年始の旅

石巻からフェリーに乗船!「猫の島」田代島に上陸。島を歩く|2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記3

船乗り場に到着しました。この船に乗り田代島へと渡ります。快晴の下、田代島に向けて出港。およそ1時間の船旅です。田代島の滞在時間は2時間ほどです。私が船を降りたのは、島の北にある大泊港。帰りは島の南にある仁斗田港から船に乗ります。ちなみに「猫の島」と言われる田代島ですが、まだ私の前にネコは姿を現していません。
島活in与論島

島の夕食と朝食をご紹介 噂の与論献奉を体験する|2019年12月与論島旅行記 後編

他のお客さんから声をかけられました。その方は手に一升瓶を持っています。何かと思ったら、これが噂の与論献奉です!私は別の旅先で、与論献奉の噂を聞いていましたが、与論献奉を体験するのは初めてでした。朝食はMEEDAFU´S YUI HOSTEL and COFFEE。与論島で食べる朝食の定番となっています。
2019年→2020年 年末年始の旅

青春18きっぷで、沖縄から行くぜ東北!宇都宮から石巻|2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記2

相棒は青春18きっぷ。今回の旅では4回分を使用します。8時25分、福島駅に到着しました。30分の乗り換え時間があったので、少しだけ改札の外に出てみると…ビルの隙間から 雪山が見えています。やっと東北に来たという実感が湧いてきました。11時16分、石巻駅に到着しました。石巻は初上陸です。
島活in与論島

曇りの与論島上陸 島を歩いて旅するとヨロンブルーが見えてきた|2019年12月与論島旅行記 前編

今回が3回目の与論島ということになります。与論島も沖縄と変わらず曇り空。私は港から6km先にある、Tさんの家を目指して歩くことにしました。何気なく歩いていた道の名は「夢叶通り」。海まで来てみました。天気も良くなり、大変美しいヨロンブルーが広がっていました。こちらは皆田海岸と言われる場所です。
タイトルとURLをコピーしました