【利島・伊豆大島の旅】さるびあ丸で利島から伊豆大島へ!裏砂漠でワイルドな自然を体験する ~2018年 旅行記その4

利島・伊豆大島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は2018年の
利島・伊豆大島旅行記」その4
をお届けします。

これまでの旅の思い出を振り返るシリーズです。

★前回の旅行記★

海が見える小中学校

宮塚山から下りてきました。
船が来るまであと1時間ほどあります。

利島村立利島小中学校

全校生徒は30名ほど(2020年度)のようです。

2階建ての小さな校舎で
教室の窓からは青海原が見えるという
ドラマに出てきそうな学校です。

果たしてこんな学校で自分が育ったら
どんな人生になるのだろうか…

島旅をしていて、小さな学校を見つけると
自然とそんなことを考えます。

乗船券をゲットしました。

集落も少し散策したのですが写真は残っておらず。

日本で3番目に小さい利島には
・民宿9軒
・商店4軒
・食堂2軒
があります。

さらに目玉は勤労福祉会館にある
レーンが2つだけのボウリング場」です。

巷では
日本一小さいボウリング場」と言われています。

利島から伊豆大島へ

神津島で折り返し、
東京へ向かうさるびあ丸がやってきました。

集落では少し商店に入ったくらいで
結局、船が来るまでは待合所で休んでいました。

正面から見るさるびあ丸。

バックに見えているのは伊豆半島の山々です。

利島は伊豆半島の南端より少し南に位置しており
下田に向かうフェリーも出ています。

船から見る宮塚山。

山頂にはうっすらと雲がかかっています。
そして、山の下の方にあるのが小中学校。

何だかすごい場所に建てられているんですね~

周りには森の緑しかありません。
贅沢な環境です。

ということで、利島を後にして
次は伊豆大島へと向かいます。

利島では秘境を感じることが出来ました。

ボーリングをするために、
また利島にリベンジしたいと思います。

日本で唯一の砂漠「裏砂漠」

伊豆大島には1時間ほどで到着しました。

伊豆大島に上陸するのはこれが2回目です。

大島では島に住んでいる知り合いと合流。
さっそく車に乗せられて向かったのは

裏砂漠です。

ここは日本で唯一、
地図上で「砂漠」と表記されている場所です。

前回伊豆大島に来たときは雨が降っており、
ここ裏砂漠も入口から霧に覆われていたため
来ることが出来ていませんでした。

裏砂漠は三原山の外輪山の東に位置しており
一面が黒い砂に覆われた
幻想的な景色が広がります。

度重なる三原山の噴火による火山灰と
砂礫によって作られた裏砂漠。

自然のパワーを感じることが出来るこの場所は
アーティストのPVにもよく使われています。

遮るものが何もない荒野なので、
とても強い風が吹いていました。

雲も風に流されて
青空が広がったと思えば
すぐに雲に覆われてしまったり。

裏砂漠はそんなワイルドな自然を
体験することが出来る素敵な場所でした。

時刻はもう夕方。
この日はそのまま友人の家に泊まります。

.

ということで今回はここまで。

NEXT

本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1129人(前日比+18) 
Instagram 2376人(前日比+1)
Youtube 40688回 (前日比0)

~移住2年目 234日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました