ムーンライトながらで西へ。人生初!瀬戸大橋を渡って四国上陸|2013年旅行記その1

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回から「四万十&鵜来島の旅 2013」旅行記をお届けします。

浪人生、ムーンライトながらに乗車

2013年のお盆。高校を卒業し、私は自宅浪人をしていました。いわば、社会的な立場とすれば「ニート」です。正確には、バイトはしていたので、「フリーター」というのかもしれません。

私は23時前の東京駅にいました。浪人生にとって勉強は大事ですが、身体を動かして、夏を存分に楽しむことが出来るのは、多くても人生で50回くらいでしょう。

そんな貴重な時間を、勉強だけに費やすわけにはいきませんでした。ムーンライトながらに乗って、まずは岐阜県の大垣へ向かいます。

ムーンライトながらも2021年に廃止となりました。他の事柄にも当てはまりますが、「大人になったら」と思っているうちに、その対象自体が無くなってしまうこともあります。

また、人間の興味の対象も移ろいやすいものです。

何か「やりたい」と思ったことがあり、金銭的に可能であれば、時間を作って、早くやったほうがいいなと思うものです。

これも今では使えない裏技。青春18きっぷは利用開始日の0時から使用することが出来ます。

そのため23時10分に東京駅を出発するムーンライトながらの場合、その車内で0時を迎えることとなります。

0時を過ぎて最初に停車する「小田原駅」までの乗車券と、青春18きっぷを組み合わせて利用するのがお得なのです。

大垣ダッシュからの岡山へ

夜通し走る列車ですが、深夜バスと同じように、座席に座ったままの移動です。翌朝5時50分前、終点の大垣駅に到着しました。

朝の運動として、名物「大垣ダッシュ」!ムーンライトながらに乗っていた人のほとんどが、ここからさらに西へ向かう列車に、急いで乗り換えます。

その後、何度か乗り換えをして、11時前、岡山に到着しました。新幹線を使えば、東京から3時間ほどですが、この時はちょうど24時間かかっています(笑)

岡山から瀬戸大橋を渡り四国へ。

お盆休みということで、ホームは大変混雑しています。

ムーンライトながらの切符を取ることが出来たのも、奇跡だったかもしれません。

人生初!瀬戸大橋を渡り四国へ

こちらが瀬戸大橋からの景色。有名な場所ということもあり、「ほお、これが瀬戸大橋なのか」と、ややテンションが上がった気がします。

それが今では、沖縄に住みながら、フェリーで瀬戸大橋の下を通過して楽しんでいます(笑)

★参考:フェリーで瀬戸大橋の下を通過する様子★

瀬戸大橋は本州と四国を1本で繋いでいるのではなく、途中5つの島を経由しています。

車窓からも多くの島が見えており、瀬戸内海に浮かぶ島の多さに驚かされます。どうやら外周100m以上の島が700以上あるようです。

写真左半分が海、右半分が車内。海の上を走っているので、脱線したら…とかを考えて、この写真を撮ったのだと思います。

ということで、人生初の四国に上陸します。今回の旅は高知県がメインです。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter(目標2000人)1516人→前日比+1
Instagram (目標3000人)3050人→前日比-2
Youtube(目標100万回) 282343回→前日比+0

~移住3年目294日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました