日本一の豪雪地帯を走る「只見線」に乗車!小出から会津若松まで|2011年旅行記

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2011年の年明けに「只見線を旅した時の様子」をご紹介します。

★参考:雪国を旅した時の様子★

トンネルを抜けても景色は変わらない

旅のきっかけは「雪が見たい」

当時、埼玉に住む高校1年生の私が、最も手軽に雪を見るための方法は【青春18きっぷを利用して旅に出る】ことでした。

使いかけの青春18きっぷを売買する、mixiのコミュニティでゲットした青春18きっぷを手に群馬県を北上。

水上駅が近づいてくると、車窓にちらほらと雪が見えてきました。

高崎駅から約1時間で水上駅に到着。すっかり雪景色です。

駅前の様子。

「雪が見たい」という旅の目的は達成してしまいましたが、今回はこの山を越えて、日本一の豪雪地帯を走る【只見線】に乗ります。

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」という、有名な一節がありますが、こちらがそのトンネルを抜けたところの景色です。 

真冬になると、新清水トンネルを通過する前後で、景色はそれほど変わりません。

長岡駅でイタリアンの昼食

水上から先の上越線は運行本数が1日5本程度。長岡まで向かいます。

途中から空が晴れてきました。

青空になると、景色がパッと明るくなって、美しい銀世界が広がります。

長岡駅に到着。こちらは、青空なのに雪が降っているという写真です。

恐らく風の影響で、雪が舞っているような状況です。

こちらがこの日の昼食。新潟県のソウルフードともいわれる「イタリアン」です。

焼きそばの上にミートソースがかかっています。

日本一の豪雪地帯を走る只見線

長岡駅から小出駅に戻り、この日の午後は只見線で会津若松駅まで向かいます。

あまりの雪で、冬の期間はほとんど運休になりますが、この日は運よく只見線に乗ることが出来ました。

ちなみに、只見線に並走する国道252号線は冬季通行止めとなります。

只見線の車窓から。

青空は消え曇り空になり、水墨画のような景色が広がります。

雪国に住むということは、雪かきが大変であるだけでなく、3か月以上、この色のない世界の中で生きるということです。

旅をしながら、その地の生活を想像することは多いです。

駅のホームに雪山が出来ています。さすが豪雪地帯です。

全線復旧に向けて

只見線を旅したのは2011年1月。

この年の3月に東日本大震災が発生し、原発事故が起こり、同じ年の7月には新潟・福島豪雨が発生し、只見線は甚大な被害を受けました。

現在も一部区間ではバスによる代行輸送が行われています。

豪雪地帯を走ることで有名な只見線ですが、小出発会津若松行きの列車に乗ることが出来たのは、図らずも2011年が最後となりました。

2018年から全線復旧に向けた工事が始まり、2022年に工事が終了するようです。

JR東日本が只見線復旧工事の状況を公開、2022年中の運転再開めざす
JR東日本仙台支社は28日、只見線会津川口~只見間の復旧工事の状況について発表した。復旧工事完了は2022年度の上半期を見込んでおり、復旧工事完了後、訓練運転等を行い、2022年中の運転再開をめざすとしている。

その時にはまた、車窓から豪雪地帯の景色を楽しみたいと思います。

会津若松駅に到着。

ここから普通電車を乗り継いで、最終電車で埼玉の自宅に戻ることが出来ました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter(目標2000人)1509人→前日比-1
Instagram (目標3000人)3108人→前日比+2
Youtube(目標100万回) 294062回→前日比+385

~移住3年目313日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました