宿毛・片島港から鵜来島上陸!人口20人の島で民泊を体験する|2018年 旅行記その2

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2018年「高知・鵜来島旅行記」その2をお届けします。

★前回の記事★

普通電車で高知駅から宿毛駅へ

高知県に浮かぶ離島・鵜来島を目指す旅。

1日目は深夜バスでの移動のみ。
2日目は高知県内をドライブ。

3日目は、高知駅を出発し、いよいよ鵜来島に上陸します。

鵜来島へ渡る船は、高知県の西端、宿毛市・片島港から、出ているので、土讃線と土佐くろしお鉄道を乗り継いで移動します。

船は14時半ですが、電車の接続が悪いため、高知駅を5時半過ぎに出発する始発電車に乗車

こちらは窪川駅

乗り換え時間が2時間ほどあり、電車に乗っていて結構寒かったので、駅近くのホームセンターでヒートテックを購入しました。

土佐くろしお鉄道で海沿いを走ります。

この日、日中はずっと曇り空でしたが、車窓に海が見えるだけで、少し気分が上がります。

中村駅に到着。

四万十川下流に位置する中村は、土佐くろしお鉄道沿線では、比較的大きな都市です。

ここで、宿毛行きに乗り換え。

ちなみに、高知駅から宿毛駅まで普通電車を乗り継いでいくと、片道3,100円かかります。

定期船すくもに乗船

宿毛駅に到着したのは正午ごろ。

駅から港までは約2.5kmなので、歩くと30分くらいです。

船の時間までは、少し時間があるので、駅の近くにあるローソンのイートインスペースで、昼食を済ませました。

乗船券をゲット。

現在は値上げしていますが、この時の料金は片道1,330円でした。

待合室には、地元の方と思われる方が数名いらっしゃいましたが、観光客らしき人は私以外いませんでした。

★参考:船の運賃と時刻表★

宿毛市営定期船航路-沖の島航路- - 宿毛市
片島港を出航して沖の島の母島や弘瀬、鵜来島を巡航する定期船です。 天候により運休となる場合がありますのでご注意下さ...

2階建ての定期船すくもに乗船。

宿毛から、沖の島の母島と広瀬を経由し、鵜来島までは1時間半の船旅です。

【船旅】揺れる定期船すくも ~宿毛・片島港→鵜来島~

そして、出港すると、なかなかの揺れ。沖の島に接岸するとき以外は、鵜来島までずっと、激しい揺れが続いていました

どうやら、冬の時期は海が時化るので、船が欠航することも多いのだそう。

島に上陸したはいいものの、帰れなくなることもあるので、天気と波の予報には注意が必要です。

鵜来島上陸!

鵜来島が見えてきました。

それと同時に、曇り空の間から青空も見えてきました。

16時半前、鵜来島に上陸しました。

今回は、うぐるBOXさんで民泊し、1泊2日で島を満喫します。

★うぐるBOX★

高知の離島・柏島でのダイビングなら うぐるBOX
高知絶景の離島・柏島でダイビング体験などはレンタル道具完備なので手ぶらで体験できます!絶景のサンゴ礁をシュノーケリングするもよし、多種多様な魚を狙って遊漁船でのボートフィッシングに興じるもよし、どのように楽しむかはあなた次第!

うぐるBOXのオーナーNさんとは港で合流。

島に上陸して、最初にやってきたのは港の前にある廃校。

ここには乗船券購入窓口がありますが、なかなか人がいないそうです。

ただ、船が入港した直後であれば、確実にいるということで、まずは帰りの乗船券を購入しました。

海に沈む夕陽を眺める

Nさんの家に荷物を置いてから、夕陽を見に行くことに。

集落から少し山を登り、海に沈む夕陽を見ることが出来るスポットにやってきました。

お隣の沖の島も見えています。

快晴の時の夕焼けも綺麗ですが、雲があるときは、雲がオレンジ色に染まるので、それもまた綺麗です。

しかし、Nさんによると、「夕陽が見たい」というリクエストはあまりないそうで、ここに来るのも久しぶりだと話をされていました。

太陽は途中で雲に隠れてしまいましたが、その後は「マジックアワー」も楽しむことが出来ました。

この岩の先で夕陽を眺めていました。

1人では絶対に来れないような場所です。

暗くなると危ないので、家に戻ります。

民泊を体験する

集落へと戻ってきました。

鵜来島には自動車が1台もなく、道もかなり狭くなっています。

家と家の間も近いので、夕食の支度をする音も聞こえてきます。

家に戻って、我々も夕食の準備をします。

民泊では「お客さんも一緒にご飯を作る」という決まりがあります。このルールは、日本中どこに行っても同じです。

ただし、そんなに難しい作業を、お客さんがするわけではありません。皿洗いや、魚のうろこ取りなどを、教えてもらいながら、お手伝いさせていただきました。

そして、こちらがこの日の夕食。刺身に天ぷらに煮つけ。

全てNさんが釣り上げた魚たちで、あまり名前を聞いたことがない魚でしたが、どれも美味しかったです。

私は普段、グルメには全く興味がないので、旅先でも、コンビニでご飯を済ませてしまいます。そのため、こうした食事をいただくと、とても贅沢した気分になります。

これにて、鵜来島上陸1日目終了。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました