旅の思い出

ムーンライトながらで西へ。人生初!瀬戸大橋を渡って四国上陸|2013年旅行記その1

ムーンライトながらに乗って、まずは岐阜県の大垣へ向かいます。夜通し走る列車ですが、深夜バスと同じように、座席に座ったままの移動です。翌朝5時50分前、終点の大垣駅に到着しました。その後、何度か乗り換えをして、11時前、岡山に到着しました。人生初の四国に上陸します。今回の旅は高知県がメインです。
南国日記~沖縄移住の記録~

飛行機ファンに人気の瀬長島。神の島から米軍統治、そしてリゾートへ|2021年 旅行記 その59

瀬長島は那覇空港から車で10分ほど。2018年には年間288万人もの人が訪れるスポットです。戦前は【神の島】。1977年に返還されたときは、戦前と島の地形も変わっていたようです。瀬長島は、飛行機ファンに人気のスポットにもなっています。那覇空港のホームページに出ている離着陸情報を確認しながら、飛行機を見るのも面白いです。
御船印の旅

阪九フェリー「ひびき」ちょっと豪華な船内の様子をご紹介!|2021年 御船印旅行記 その33

阪九フェリー「ひびき」に乗船。大阪から新門司まで、約12時間半の船旅です。この日この二等和室の部屋は私だけでした。スマホの電波も入り、ポケットWi-fiなども繋がると思われます。廊下にあるソファと絵画。この部分だけ切り取って見ると、船ではなくホテルのようです。こちらは大浴場。露天風呂もあります。
旅の思い出

どこからか聞こえてくるウクレレの音。さらばミクロネシア・チューク|2016年 ジープ島旅行記最終回

2泊3日のジープ島滞在を終え、日本へ帰ります。さらばジープ島。ここから約20時間かけて日本へ帰ります。まずは対岸のチューク島に到着。飛行機は夜なので、それまでホテルで時間を過ごします。こちらがミクロネシア最後の写真。またいつか来ることが出来ることが願って。夢のような時間でしたが、ありえないくらいの日焼けが現実だった証。
南国日記~沖縄移住の記録~

天ぷらの聖地・奥武島から、道路で繋がった島・瀬長島へ|2021年 旅行記 その58

沖縄本島と橋で繋がった島に全部行く旅。最初に上陸したのは南部に浮かぶ奥武島です。奥武島といえば「天ぷら」で有名です。続いては「瀬長島」へ向かいます。時刻は10時です。瀬長島は橋で繋がっているのではなく、本島との間に道路が敷かれています。この道路は米軍統治下の時代に作られたようです。
旅の思い出

阪九フェリー「ひびき」の御船印をゲット!フェリーターミナルから乗船まで|2021年 御船印旅行記 その32

これから乗船するのは『ひびき』という船です。出港は17時半で、まだ時刻は15時半すぎ。乗船開始は16時半ということで、1時間近くここで待ちます。時間になったのでいよいよ船内へ。新門司港に到着するのは翌朝6時。12時間半の船旅が始まります。そして無事ゲットすることが出来ました!これで6つめの御船印です。
旅の思い出

サンゴの島に上陸したら、水色の海の絶景が広がっていました|2016年 ジープ島旅行記その11

海の色が途中で変わり、それまでテレビでしか見たことがなかったような、水色の海が広がりました。そんな海にポツンと浮かぶ島へ上陸しました。砂が盛り上がって出来た陸地で、住んでいる人もおらず、台風などよって地形も変わるので、地図にも載っていないそうです。水中に生き物は1匹もおらず。最後にジープ島周辺でひと泳ぎ。
南国日記~沖縄移住の記録~

沖縄本島と橋で繋がった島、全部上陸する。奥武島からスタート|2021年 旅行記 その57

ご時世になってから、「離島」という場所にしばらく足を運ぶことが出来ていません。沖縄県は日本で5番目に島の数が多い都道府県です。それなのに、島数を増やすことが出来ていないのは歯がゆいところ。沖縄本島をよく見ると、『橋で繋がった島』がいくつかあることが分かります。「島旅がしたい」ということで、全部行くことにしました。
御船印の旅

関西空港到着!電車と歩きで阪九フェリーの港へ移動する|2021年 御船印旅行記 その31

関西空港に着陸。このバスで第1ターミナルに移動し、そこからは南海電車に乗って港の最寄り駅へ。泉大津駅に到着しました。ここから港へ移動します。港までは3.2km。港まで行く途中で夕食もゲットしたいところです。歩道橋にも分かりやすく案内があります。今回乗船するのは、北九州(新門司港)行き「阪九フェリー」です。
旅の思い出

満点の星空に抱かれ外で寝る!南十字星も見えた。朝は自然と目が覚める|2016年 ジープ島旅行記その10

この日はあと、太陽が沈んで夕食を食べて、星を見たら寝るだけです。初日はスコールにより見ることが出来なかった夕陽ですが、この日は綺麗な景色を見ることが出来ました。外のベンチで横になって、自然のプラネタリウムを観賞します。満点の星空が広がってました。「南十字星」も確認することが出来ました。
沖縄コーヒー

朝からお手伝い!開墾した山にコーヒーを植え付ける|沖縄コーヒー農園 2021年8月 旅行記

コーヒー農園に到着。コーヒーの実にも朝露が付いています。農園は山の上にあるので、海沿いよりも涼しいです。ただ、太陽が昇る日中は暑くなります。この寒暖差が、コーヒーの生育に必要な条件のひとつとされています。開墾された地面に穴を掘り、私がコーヒーの苗を植え付けていきます。沖縄のコーヒーはこれから収穫シーズン本番を迎えます。
御船印の旅

沖縄から御船印マスターを目指して。那覇空港から関西空港へ|2021年 御船印旅行記 その30

沖縄本島には、周辺の島に行く色々な船がありますが、御船印をゲットすることが出来るのは、今のところ「マリックスライン」「マルエフェリー」の2社のみ。御船印を20個ゲットすると、公式ホームページに「名前(○○県)」のように公開されます。恐らく、人口145万人いる沖縄で、御船印を集めているのは私だけ。
旅の思い出

ミクロネシア・竹島上陸!南国の美しい海、イルカと泳ぐ|2016年 ジープ島旅行記その9

お昼休憩で島に上陸しました。島の名は「竹島」。ミクロネシアの島々は、日本統治時代の名残から、「春島」「夏島」「秋島」「冬島」や、月~日の名前が付いた島もあります。コバルトブルーの海に囲まれ、ヤシの木が立ち並び、イメージ通りの南国の景色が広がっています。うとうとしていたらイルカが出現!船上からその尾びれが見えていました。
原付の旅

那覇市に到着!沖縄本島全26市町村も制覇 | 原付沖縄本島1周2021 旅行記 最終回

無事那覇市に着くことが出来て、『沖縄本島1周』というミッションはクリアしたといっても同然ですが、私はこの時、あることに気が付きました。ぐるっと沖縄本島を1周したことで、沖縄本島にある26市町村のほとんどに上陸しましたが、「南風原町」と「豊見城市」だけ上陸出来ていなかったのです。
御船印の旅

東京駅からバスで成田空港へ!沖縄に帰るまでの様子|2021年 御船印旅行記 その29

東京滞在はこれにて終了です。東京駅に到着してから24時間も経っていませんが、今の東京を十分満喫することが出来ました。13時半前、成田空港第3ターミナルに到着しました。沖縄へ帰ります。沖縄に住んでいるというのが、未だに不思議な感覚です。LCCのセールでチケットを買うことが出来れば、この半額程度で済みます。
タイトルとURLをコピーしました