沖縄移住までの事務的な手続きをご紹介。移住前→移住当日→移住後にすべきこと。家探しや住所変更など。

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は移住の手順についてご紹介します。

沖縄移住3ヶ月前

2018年9月22日
私の沖縄移住が決まった日です。

私の場合、たまたま見つけた
面白そうな仕事の勤務地が沖縄でした。

つまり、移住が決まった日というのは
沖縄での仕事が決まった日
ということになります。

ただ、明確にいつから沖縄に行く
ということは決まっていなかったので
目標は「年内移住」としました。

まずは仕事を辞めなければなりません。

沖縄移住2ヶ月前

2018年10月中旬のとある朝、
もう無理です。辞めさせてください。
誰にも相談せず、職場の支店長に伝えた結果、
一旦休職ということで話がまとまりました。

f:id:beautifuldreaman:20190520205708p:plain

その翌月には沖縄の職場へ下見に行きました。
旅行とは全く違う感覚です。

やはり、沖縄で生活・仕事をするうえでの
負の部分=現実
を意識していたからでしょうか。

でも、東京に帰ってきてすぐに
「沖縄に戻りたい」と思えたことが全てです。

3つの条件のもと沖縄の家を探す

2018年11月12日

沖縄下見のときには
家を探すことをしませんでした。

沖縄で家を借りるのはなかなか面倒だ
というネットの情報があったからです。

沖縄に親戚がいたり、
保証人が沖縄にいなくてはならないなど、
暗黙のルールが色々とあるようです。

(沖縄本島はそうでもないようです)

そこで考えた私の作戦は全国チェーン。

全国共通のルールがあるお店なら確実に
沖縄の物件も借りられると考えました。

さっそく自宅近くにあった
全国チェーンの不動産屋さんへ行き、
3つの条件を提示しました

その1. 職場まで10km以内

車を買う気はさらさらありませんでした。
固定費が上がる上に、
すぐ錆びることは分かっていました。

原付で通える範囲内の家が希望でした。

その2. バス・トイレ別

こだわりがほとんどない私ですが、
これは譲れない条件でした(笑)

その3, 家賃45,000円以下

沖縄の家賃は安い
という勝手なイメージがあったのですが、
ネットで物件の情報を見ていると
そうでもありませんでした。

あまりに低い基準を設けて、
怪しい物件を紹介されても困るので、
とりあえずの45,000円でお願いしました。

家と入居日は10分くらいで決めました。

これらの条件にヒットしたのは2件。

グーグルマップで場所を確認し、
海に近い方の物件に決めました。

10分程度でお部屋探しは終了(笑)

その日のうちに契約を済ませ、
飛行機の値段を見て、航空券が安い日で
入居予定日まで決めてしまいました。

2018年11月14日

入居していた部屋の解約手続きを
ネットで済ませました。

退去は12月11日の昼に決定。
初期の契約年数よりも
短い段階での退去なので、
違約金等で約10万円がかかりました。

2018年11月26日

郵便の転居届を出しました。

あたらしい町にも、しっかり届く安心。e転居 - 郵便局
引越し先への郵便物等の転送に。インターネット上で転居届を受け付ける日本郵便の無料サービスです。

手続きはこちらのサイトに入力するだけ。
簡単に済みます。

2018年11月27日

公共料金の利用停止を申し込みました。

これもまたネットで申し込むだけ。

ガスは立ち合いで閉栓の手続きが必要なので、
退去日の午前中に指定しました。

2018年11月28日

退去予定日は12月11日ですが、
この日荷物を全て実家に移動しました。

荷物を運ぶのは業者は使わずに、
レンタカーで十分でした。

部屋は念入りに掃除してもぬけの殻状態に。

あとは退去日を待つのみ。

2018年11月30日

気付いたら東京の職場を
退職する日になっていました。

退職届などは郵送でやり取りし、
確認などは全てメールだけで終わりました。

退去してからすべき手続き

2018年12月11日。

いよいよ退去日がやってきました。

退去には立ち合いの手続きがあるため
もぬけの殻となった家へ。
手続きは特に問題もなく、あっさりと終了。

その後、役場に行って転出届を提出。
これは印鑑と本人確認書類があればOK。

簡単に終わります。

ちなみに転出届は引っ越しをする
前後14日以内に提出必要があります。

引っ越しはゆうパックがおすすめ

2018年12月14日

いよいよ移住まで1週間。

沖縄に送る荷物を箱詰めすると
合計9箱になりました。

そしてパックに集荷を依頼。
これもまたネットでお願いできます。

料金は20130円。

沖縄に引っ越すにしては
安いのではないのでしょうか。

いよいよ沖縄に飛び立つ

2018年12月17日

沖縄行きの飛行機を予約しました。
バニラエアで片道4760円。安い!

その2日後、2018年12月19日

Take Off

大きなボストンバックだけを
飛行機の手荷物で預けました。
見た目は普通の旅行者と変わりません。

その日はゲストハウスに宿泊。

沖縄の家には翌日入居しました。

沖縄の家に到着!住民登録をする

2018年12月20日の正午頃、
沖縄の家に到着しました。

下見などもしないで家を決めましたが、
お店も揃っていてとても便利な場所でした!

ゆうパックで送った荷物も無事届き、
その後は住民登録をするために市役所へ。

これが沖縄の海です!

こうした景色に出会うと
「沖縄いる」と実感させられます。

ちなみにまだ移動手段がないので歩きです。

住民登録の時に必要な物

・本人確認書類
・マイナンバーカードまたは通知カード
・印鑑
・転出証明書

転出届を出した時にもらう転出証明書
引っ越し後、14日以内に
新住所がある役場へ提出する必要があります。

免許証の住所を変更する

新しい住所が書かれた
住民票を持って警察署へ。

今度は免許証の住所変更です。

新しい住所は免許証の裏側に印字されます。

原付をゲットする

新しい住所が印字された免許証を持って、
バイクショップへ。

ネットで中古バイクの相場をみていると、
安くても5万円から9万円台。

この予算をお店の方に伝え、
数台紹介していただき8万円の原付を購入。

納車は1週間後くらいだったので、
それまでは家の周辺おとなしくしてました。

事務手続きについての記事は少ない

ちなみに…

こうした移住の事務的な手続きで
発生した費用の総額はざっくり45万円です。

違約金と新居の前払い金が
大きく影響していますが、
結構お金はかかりますね。

移住ブログはたくさんありますが、
その多くはこうした事務的なことが
書かれていないような気がします。

想いだったりストーリーだったり。

沖縄の青い海に魅せられて移住しました
的な内容が多いです。

移住前の私はこういう記事をみて
「いや、どうやって移住したの?」
とつっこみを入れていました。

この記事が今後移住される方の
参考になれば幸いです。

沖縄移住152日目。終了

コメント

タイトルとURLをコピーしました