インスタグラムによる地域活性化を考える。地域にお金が落ちる観光のヒントは「人との接点を作る」こと ~観光アイデア教科書vol.1~

観光アイデアノート

ブログをご覧いただきありがとうございます。

先日、沖縄随一の絶景スポット
果報バンタに行ってきました。

今回の旅で私は一銭も使っていません。

地域にお金が落ちない観光

絶景を見るだけなら、
基本的にお金がかかりません。

厳密にいうと、その場所に行くまでの
往復のガソリン代はかかっていますが、
それも原付なので数十円程度。

朝ご飯を家で食べて、
お昼ご飯も食べずに家へ帰ってきました。
飲み物も持参です。

地域にお金が全く落ちていないのです。

観光で地域にお金が落ちないと
適切な管理が行われず、
荒れ果てていく危険性があります。

つまり、私が言いたいことは
インスタグラムによる地域活性化は難しい
ということです。

インスタを始めてみた結果

ここでいう地域とは、
まだあまり人に知られていない場所
のことです。

たくさんの人に知られている
場所については別です。

知られている場所の場合
そこについての情報を求める人が、
自らその場所について
インスタグラムで調べようとする
ので
多くの人に情報を提供することができます。

最近私もインスタグラムの
アカウントを開設しました。

沖縄旅行で定番のインスタ映えスポットは
古宇利島のハートロック。
多くの写真がアップされています。

ただ私は沖縄で、古宇利島よりも
ハートに見える大きな岩
がある場所を知っています。

古宇利島のハートロックに人が来るなら
この岩にも人が来るんじゃないかと思い
アップしたのですが
結論を申し上げると、全然だめです。

フォロワーはゼロからのスタートでした。

色々と調べ、沖縄関連の投稿をしている
ユーザーにいいねをつけて
自分自身もいくつか投稿をすることで、
フォロワーは50人まで増えました。

ここで満を持してハートロックの写真を投稿。

いいねの数も少なく、また
場所を秘密にしての投稿だったので、
場所を聞いてくるDMも期待していたのですが
1件も来ていません。

インスタには拡散機能がない

インスタグラムの投稿はいわば
書店に並ぶ本と同じです。

ユーザーは自分の趣味に合う
投稿をしているユーザーを見つけ、
そのアカウントをフォローすることで
初めて投稿が自動的に流れてきます。

いいねの数は
広告目的でInstagramを利用する上で
全く意味を持ちません。

実際にその場所を訪れた人もまた、
そこに行ったことを発信することでしょう。

こうした循環で情報が積み重ねられれば、
情報の説得力が増していくので
効果的だと思います。

インスタグラムを活用するうえで
必要なことは情報の信頼性と
アカウントの説得力です。

誰も知らない美しい景色を
インスタにあげても情報は拡散しません。

拡散機能がないことはインスタグラムの
決定的な弱点ともいえるでしょう。

たくさんのいいねを集めていて、
同じ景色(写真)を
多くの人がアップしていることで、
情報の信頼性は高まります。

また、フォロワー100万人を超えるような、
いわゆるインフルエンサーによる
たった1つのいいねも、
多くの人に影響を与えます

これがアカウントの説得力です。

インスタよりもツイッター

また、ハッシュタグをつけると、

アップロード直後は
「検索」に引っかかるかもしれませんが、
時間が経つと、いいねを集めない限り
人の目に触れることはなくなります。

いい写真が撮れたら、
ツイッターにアップしましょう。

どんなにフォロワーが少なくても、
インスタグラムより
拡散する可能性があります。

例えば、インスタグラムに投稿された
動画が炎上するのは、結局
ツイッターで拡散されたことによる
影響が大きいようです。

インスタ映えで地域にお金は落ちない

インスタで “ある場所” が有名になることで、
多くの人が足を運ぶようになりますが、
それでは地域の活性化にはなりません。

地域お金が落ちないのです。

インスタをみてその地に足を運ぶ人は、
基本的に写真を撮って終わりです。

その滞在時間5分~10分程度。

インスタに限らず、
岬の先にある公園などは景色は綺麗ですが、
写真を撮って終わってしまいます。

観光客がお金を使うのは、
そこまでの交通費か駐車場ぐらいでしょう。

地元の方は何を思うでしょうか。

今まで当たり前に見ていた景色に、
突然大勢の人がやってきたわけです。
どこの誰かも分からない人だらけ。

管理する人もいないので道は渋滞し、
ゴミも散乱するようになります。

また、景色を求める旅は
天候に大きく作用されます。

曇っていたり雨が降っていたりすると、
期待外れの烙印を押されかねません。

インスタによる地域活性化には
そんなリスクが伴うのです。

人と人との接点を作ること

一方、町に写真スポットが
いくつもあれば話は別です。

観光客はその地域に
長い時間滞在することになります。

ご飯を食べに地元のお店に行ったりと
目的地以外にも
足を運ぶ可能性が上がります。

そうすると、
地域にお金が落ちるようになります。

観光まちづくりにおいて
外部の資本として観光客を活かすには、
地元の人と観光客、つまり、
人と人との接点を作ることが重要なのです。

例えばどうでしょう。

インスタで絶景を見つけ、
行ってみた先で偶々お祭りをやっていたら。
せっかくだから行ってみますよね。

そこで地元の美味しそうなものを
優しいおばあちゃんから宣伝されたら、
買わざる終えませんよね。

観光地には
絶景+人と人とを繋ぐプログラム
が必要なのです。

ストーリーが旅を面白くする

観光とはある一区域・地点をめぐること。
旅行とは観光を組み合わせたもの
であると私は考えます。

つまり、ひとつの旅行は
いくつかの観光によって
ストーリー化されるのです。

言い換えると、いい観光の組み合わせが
旅行というストーリーを面白くします。

旅に出れば
自分がそのストーリーの主人公です。

何が起こるかは分かりません。

一般的なストーリー(物語)に登場するのは
主人公だけではありません。

他にも登場人物がいます。

主人公の味方になる人や
敵になる人がいることによって、
ストーリーが引き立てられます。

旅行も同じです。

旅先での出会いは計画できないもので、
人との出会いという思いがけない経験は
旅を思い出深いものにするだけではなく、
人生に大きな影響を与える可能性があります。

旅先では普段出会えない人と話せる
貴重な機会でもあります。

例えば昔、旅をしているときに
こんなことがありました。

離島に向かうフェリーの甲板にて。
そこに座っているのは私とひとりのおじさん。
海の上にいるので電波も入りません。

海を眺めているのも飽きてきます。

そこで、しばらくすると会話が発生し、
聞いてみるとそのおじさんは
私の地元で会社の社長をしている方…

遥かに年の離れた、
しかも全く知らない業界の社長と話すなんて、
普段の生活ではなかなか出会えません。

しかも、「同じ旅行先にいる」という
共通点があるので、「どうやってきたのか」
「なんで来たのか」「予定は」など、
お互いの年齢や知識も関係なく、
会話が盛り上がります。

マニアックな観光地であればあるほど、
同じ価値観を持った人と出会う
可能性が高くなったりもします。

人との出会いを必然にする

では、旅の偶然である
人との出会い
を必然にしたらどうでしょう。

かつて日本全国のユースホステルでは
ミーティングという文化がありました。

ミーティングとは、同じ宿に泊まっている
宿泊者同士の自己紹介タイム。
ミーティングが終わると、
宿泊者同士の交流が自然と始まります。

今、この文化が残っているのは
・礼文島の桃岩ユースホステル
・父島の小笠原ユースホステル
ぐらいと言われています。

どちらも熱狂的なファンが多い宿です。

やはり、その理由は
「人との出会い」なのではと考えます。

ゲストハウスブームが人気の背景にも、
宿泊料金の安さだけでなく、
宿泊者同士の交流があるはずです。

ただ、宿泊施設は
壁に囲まれたごく狭い空間です。

それでは、これを町にという範囲に
広げてみるのはどうでしょう。

「人に出会えるまち」

何となくワクワクしませんか。

一度そのまちの人と仲良くなると
天気が悪くても、まちに観光施設がなくても
その人に会うために
またその場所へ足を運ぶようになります。

帰省ラッシュなどがまさにそう。

そこに誰かがいるから、
大混雑の中でもみんな移動します。

結局は観光を創るのは
そこに住んでいる人になるのです。

~終わり~

コメント

タイトルとURLをコピーしました