日本一のアオウミガメ繁殖地・小笠原でウミガメに出会う。子ガメの放流も体験する ~初めての小笠原諸島 旅行記 4~

初めての小笠原諸島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は初めての小笠原諸島旅行記 その4】をお届けします。

★前回の記事★

小笠原海洋センターでウミガメに出会う

小笠原諸島・父島上陸初日。特にやることもなく、港の周辺をふらふら歩いていました。

f:id:beautifuldreaman:20191002063259j:plain

港からゆっくり歩いて約30分。 小笠原海洋センターまでやってきました。港からも見えるオレンジ色の屋根が目印です。ここでは飼育されているウミガメを、無料で見学することが出来ます。

日本一のアオウミガメの繁殖地・小笠原諸島。毎年5月下旬から7月上旬にかけて、多くのウミガメが産卵のため島に上陸します。小笠原海洋センターでは、島で生まれたウミガメを保護し、海に放流するまで飼育しています。

そしてこの日の夜、子ガメを海に放流する体験が行われると知り、早速その場で申し込みました。

ウェザーステーションで見る夕焼け

f:id:beautifuldreaman:20191002064616j:plain

島の小学生たち。

「ランドセル文化ではないんだなぁ」ということを発見した1枚です。島の自然はもちろんですが、こういう何気ない光景も島旅の醍醐味です。

子ガメ放流体験が行われるビーチは集落から離れているので、原付を借りました。

f:id:beautifuldreaman:20191002065114j:plain

レンタル時間は17時からの24時間。これによって次の日は「原付で島を一周する」ということも決まりました。さっそく原付を走らせやってきたのは「ウェザーステーション展望台」。

父島随一の夕陽スポットで、多くの人が集まると紹介されていたのですが、この日は2、3人しかいませんでした。それもそのはずです。

実は写真のような夕陽が見えているのですが、父島にはこのとき雨が降っていたのです。 しかし遠くが晴れていたようで、雨の中で夕陽を見ることが出来ました。

ウェザーステーションで夕陽を見た後、道端から見えた父島の夜景。

ここから原付で、子ガメの放流が行われるコペペ海岸へと向かいます。

子ガメの放流体験に参加する

子ガメの放流体験を行うビーチは日によって変わりますが、この日は集落から原付で20分ほど走った場所にあるコペペ海岸。

到着した駐車場は真っ暗。しかも相変わらず雨が降っています。そんな中で、ひとり待っていましたが、時間が近づくとぼちぼち人が集まってきました。

雨も止み、子ガメの放流体験の始まりです。バケツに入っているのは父島で生まれたアオウミガメの子供たち。今からこの子たちを海へと放流します。 

まずは小笠原海洋センターのスタッフの方による説明です。

アオウミガメが産卵できるようになるまでは約40年。自分が生まれた浜に帰ってきて卵を産みます。地球の海岸線には、各地点に固有の磁気特性があり、ウミガメの身体には、これが刷り込まれているため、自分が生まれた場所が分かるそうです。

ただ、海で嵐に出会ったり、サメに追われたりして、子ガメの生存率は5000分の1ともいわれています。 アオウミガメは絶滅危惧種にも指定されています。

この日は体験に参加する人対して、子ガメの数が多かったので、1人2匹の子ガメを手に持ちます。

そして、写真撮影が出来るのはここまで。ここからは明かりを完全に消して、子ガメを海へ放流します。

子ガメは「明るい方向」を目指して進みます。砂浜で生まれた子ガメが周囲を見渡したとき、一番明るいのが「海」なのです。自然の状態であれば… もし人工の明かりがあると、その明かりに向かっていってしまうのです。

実際に父島でも、メインストリートのそばにある大村海岸で生まれた子ガメが、集落の中に入ってきてしまうことがあります。 子ガメの放流体験には、こうしたことを防ぐ目的もあるのです。

私が持ってい子カメは、私の手を離れると、あっという間に海へ行ってしまいました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【フォロワー1000人】目指す!
本日の結果
Twitter 579人 Instagram 1063人

~沖縄移住278日目、終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました