【島旅】2020年 長崎・対馬旅行記 その4

対馬旅行記

ブログをご覧いただき
ありがとうございます。

本日は
【島旅・2020年 長崎・対馬旅行記】
その4 をお届けします。

.

★前回の記事★

博多港を出港して約2時間。
長崎県・壱岐島に到着しました。

f:id:beautifuldreaman:20200129021852j:plain

私は対馬で下船しますが、
「壱岐で下船する人」の部屋にいたので、
一旦起こされます。
この写真を撮ってまたすぐ横に。

それにしても揺れます。

波にぶつかると「どぉぉーん」という
轟音が船内に響き
ぐっすり寝ることは出来ません。

一方で助かるのは
海上でもサクサクな船内のWIFI。

出発前は対馬に行けるかどうかも
分からなかったので
事前情報はほとんどゼロの状態でした。
寝るのは諦めて、
スマホで対馬の情報を調べることに。

今回の滞在時間は約25時間。

一番の悩みどころは島内での
「移動手段」でした。

f:id:beautifuldreaman:20200308204000j:plain

対馬の日本で4番目に大きな島です。
移動手段としてはバスかレンタカー。
バスはフリーパスがあり、

料金は1040円と大変お得。

tsushima-traffic.com

ただ、バスにすると、
宿泊の予約が必要であるのと、
観光する場所も
バス停の近くに限られてきます。

一方レンタカーは島内を
くまなく巡ることが出来ることはもちろん、
車中泊をすれば宿代もかかりません。
ただ、移動距離が長くなるので、
ガソリン代がかかります。

「バス」か「レンタカー」か

行きたい場所の位置関係まで
念入りに調べて、今回は

レンタカー

で対馬を周ることにしました。

結論から言うと
対馬はレンタカーで周るのが
おすすめです!

いろんな方の旅行記を見ても
ほとんどレンタカーを利用しています。
ということで、レンタカーを予約。

そうこうしているうちに時刻は朝の5時。
フェリーは対馬・厳原港に到着しました。
厳原港で船はしばらく停泊します。

到着直後に下船せず
朝の7時頃までは
船内で過ごしていいことになっています。

下船可能な時間には指定があるので、
もし朝の6時などに用事がある場合は
到着直後に下船しなければ
いけないのでご注意を。

f:id:beautifuldreaman:20200129065027j:plain

私は10時から車を借りることにしたので、
それまでは暇です。
港に停泊しているので揺れもなく
船内も静か。

7時まで仮眠をとってから船を降りました。

f:id:beautifuldreaman:20200129065341j:plain

船を降りてまず目に入ったのは
CUSTOMS の文字。
ここは「厳原税関支署」。

さっそく国境の島であることを
感じさせる建物です。

f:id:beautifuldreaman:20200129065524j:plain

そしてこちらが始発のバス。
厳原は対馬の南部に位置するのですが、
このバスに乗ると、島の北部にある
比田勝 まで行くことが出来ます。

所要時間は2時間半
という長距離路線です。

f:id:beautifuldreaman:20200129070451j:plain

バスには乗らず市街地まで歩きます。
距離は1kmほど。
平日の朝7時ですが歩いている人は私だけ。
少しづつ空が明るくなってきましたが
天気は曇りのようです。

ということで今回はここまで。
本日もありがとうございました。

■この記事で使ったお金
0円
合計(通算):11,787円

【 SNS本日の結果】
Twitter 983人(前日比+0)
Instagram 1578人(前日比-1)
Youtube 13763回 (前日比+48)

~移住2年目 74日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました