【利島・伊豆大島の旅】仕事終わりにさるびあ丸に乗船!2等フリー乗船券とレジャーシート発動、奴隷船と化した船 ~2018年 旅行記その1

利島・伊豆大島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は2018年の
利島・伊豆大島旅行記」その1
をお届けします。

これまでの旅の思い出を振り返るシリーズです。

★前回の旅行記★

2等フリー乗船券とレジャーシート

2018年7月20日の金曜日。

例によってこの日
仕事終わりにそのまま私が向かった場所は
浜松町、竹芝桟橋です。

23時に出港するさるびあ丸に乗船します。

この日は少し大きめのリュックで会社に出勤し
その中にサンダルや着替えを入れていました。

竹芝桟橋に着いて、
まずはトイレで服を着替えました。

今回は利島と伊豆大島に行きます。

まずは利島までの乗船券をゲット。
そしてなぜか乗船券と一緒に
レジャーシートを渡されました。

また、乗船券には
2等フリー乗船券」と書かれています。

フリーとはいったいどういうことでしょう…

この理由はすぐに分かりました。

大混雑、さるびあ丸が奴隷船に

竹芝桟橋は見たこともないほどの大混雑です。

離島に向かう定期船がここまで混んでいる様子は
他では滅多に見られません。

そう、2等フリー乗船券とは
船には乗ってもいいけど席はないですよ
というもの。

つまり、レジャーシートを渡されたのは
どっか空いているスペースで寝てね
という意味が込められていたのです。

この時期、さるびあ丸は
伊豆諸島へ向かう前の時間に、
東京湾納涼船としても活躍しています。

竹芝桟橋の前にあるファミリーマートは
納涼船を降りたお客さんと、
これから船に乗るお客さんで
外にまで列が溢れるほど大混雑。

私も何とか夜ご飯をゲットし、
さるびあ丸に乗船しました。

翌朝、甲板に出ると
水平線の先に、すでに太陽が昇っていました。

夜の写真は残念ながらないのですが、
船の様子を一言で表すのであれば「カオス

治安や風紀が悪いというわけではなく
そこら中に人、人、人。

甲板はもちろん、船内の通路やトイレの前まで
あらゆる場所で皆さんレジャーシートを引いて
横になっている様子は、教科書などで聞く
奴隷船」を思わせる光景です。

日本でもこういう場所があるんだな
という、衝撃を受けました(笑)

うっすらと富士山も見えています。

天気もよさそうです。

伊豆大島では多くの人が下船しました。

そして、次は利島ですが
利島は船の接岸率があまりよくありません。

船内窓口でキャンセル待ちを申し込む

東京都の資料を見ると、
伊豆八島の中で御蔵島や青ヶ島の次に
利島の就航率が低いことが分かります。

ただこの日は無事
利島に上陸することが出来そうです。

伊豆大島で多くの方が下船されたものの

まだ船には多くの方が乗っています。

私は乗船後すぐに、船の受付に向かい、
二等和室のキャンセル待ちを申し込みました。

これは当日のキャンセルなどがあった場合に
船内窓口でキャンセル待ちを申し込んだ人から
先着順で振り替えてもらえるという仕組み。

案内などは特に無いので、
知っている人は知っている裏技です。

結果として、私は二等和室を確保し
外で寝ることは回避することが出来たのでした。

利島が見えてきたので、
荷物をまとめて降りる準備をします。

.

ということで今回はここまで。

NEXT

本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1130人(前日比+0) 
Instagram 2343人(前日比+3)
Youtube 38147回 (前日比+709)

~移住2年目 225日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました