【飛島・粟島の旅】夜行バスでさかた海鮮市場へ!飛島を無料のレンタサイクルで周る|2018年 旅行記 その1

飛島・粟島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は2018年の
飛島・粟島旅行記」その1
をお届けします。

これまでの旅の思い出を振り返るシリーズです。

夜行バス「夕陽号」でさかた海鮮市場へ

2018年9月中旬。

当時、社会人1年目の私は
月に1度は離島に行く
ということを決めていました。

★前回の記事★

この月は土日休みで、日本海に浮かぶ
「飛島(山形)」と「粟島(新潟)」
へと向かいました。

こちらは朝7時半前のさかた海鮮市場。

場所は山形県・酒田駅から
歩いて30分ほどのところになります。

出発は今回も金曜日の夜。

東京駅から出る夜行バス「夕陽号」に乗って
ここまでやってきました。

ちなみに、帰りは月曜日の朝で
そのまま会社に出社する予定です。

船の乗り場はこの建物のすぐ裏手にあるため
船の出港までまずは朝ごはん。

ザ・日本の朝食という感じですが
ボリューム満点な朝定食。

なんとこれで500円!

他にも丼などがあり、
朝から多くの人で賑わっていました。

飛島のパンフレットを眺めながら
朝食を食べ終えて乗船券をゲット。

料金は片道2100円と安くはありません。

計画の段階では飛島に何があるのかを
よく分かっておらず…

今回は
「そこに島があるから」という感じの
理由なので日帰りの滞在となります。

定期船「とびしま」に乗船

定期船「とびしま」に乗船。

2020年で就航から10年を迎え
乗船客数は25万人を突破したそうです。

人を運ぶだけでなく、生活物資も運ぶ
重要な役割を果たしています。

一方で、冬の日本海は時化が多く
年間の欠航率はおよそ3割となっています。

この日の海は穏やか。気持ちのいい天気で
「秋晴れ」というところでしょうか。

酒田から飛島までは75分の船旅です。

観光客の方は私以外にもぼちぼちと。
釣りのセットを持った人もみられます。

窓からは酒田の海沿いにある
工業地帯が見えています。

鳥海山は雲に隠れてしまっています。

思えば、海と鳥海山が一緒に映った写真は
あまり見ることが無いような気がします。

こうした景色を楽しむことが出来るのも
船旅の特権です。

飛島はレンタサイクル無料!

ということで、飛島に上陸しました。

滞在時間は約3時間。

1周約6kmほどあるので
レンタサイクルを借りて島を周ることに。

こちらのレンタサイクル、なんと無料!

置かれているノートに必要事項を書いたら
借りることが出来ます。

ちなみにバスやタクシー、レンタカー、
レンタルバイクはありませんが
島は平坦な部分が多いので
自転車でもハードさはそれほどありません。

郵便局がありました。

島の人口は189人程度で高齢化率は75%。

これからさらに人口が減っていくと
こうしたインフラも
見られなくなっていくのでしょう。

日本の小さな島を旅するのは
今しか出来ないことだなと思っています。

だから、
そこに人が住んでいる島があったら
足を運んでみたくなるのです。

.

今回はここまで。
本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1237人(前日比+2) 
Instagram 2439人(前日比+1)
Youtube 54707回 (前日比+1045)

~移住2年目 259日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました