【高知・鵜来島の旅】船が宙に浮いている!? エメラルドグリーンの海が広がる柏島へ|2018年 旅行記 その9

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は2018年の
高知・鵜来島旅行記」その9
をお届けします。

これまでの旅の思い出を振り返ります。

★前回の記事★

ホテルベルリーフ大月に宿泊

鵜来島から宿毛・片島港へと戻ってきました。

時刻は17時。太陽が沈もうとしています。

ここ宿毛市は「だるま夕陽」が有名です。

11月中旬から2月下旬にかけて、運がいいと、
水平線に沈む太陽がだるまの形
なっているのを見ることが出来ます。

港に並ぶ小さな船が夕陽に照らされています。

宿毛市から移動し
大月町にある予約していたホテルへ。

写真は残っておらず…

宿毛駅からはバスで移動し、
途中からはホテルの送迎を利用。

ホテルベルリーフ大月』という
私の普段の旅では利用しないような
とても綺麗なリゾートホテルでした。

じゃらんを見ていたら、たまたま
格安のお値段での販売があったのでした。

★ベルリーフ大月★

【公式】ホテルベルリーフ大月│宿毛・足摺周辺のホテル 特別割引実施中!
宿毛・足摺のホテル「ベルリーフ大月」は高知県にあるリゾートホテルです。テラスからは海も見え、ゆっくり落ち着いた気分になれます。

柏島の美しい海

旅の5日目。

この日の夜に高知駅前から出る
深夜バスに乗って東京へと戻ります。

大月のホテルから朝早いバスに乗って
やってきたのは柏島です。

高知県の南西端に浮かぶ柏島。

周囲約4kmの島ですが、
集落は1か所に集中しており
島を1周するような道路もありません。

そんな島に今回わざわざやってきた理由は…

この海です!

柏島の周囲には温暖な黒潮が
流れ込む影響でサンゴが広がり
1000種類の魚が棲息すると言われています。

日本の沿岸で確認されている魚種が
およそ3500種ということで、
日本にいる魚の約3分の1を
柏島で見ることが出来てしまうのです。

島といっても、橋で繋がっているので
バスでここまで来ることが出来ます。

柏島新大橋は海の上にかかる美しい橋です。

私もダイビングをしようか悩みましたが
季節は11月。

寒そう、かつダイビングはやっぱり高いので
今回は断念しました。

ちなみに周囲は
足摺宇和海国立公園に指定されています。

船が宙に浮いている?エメラルドグリーンの海

柏島は魚種が豊富なことだけでなく
透明度が高いことでも知られています。

検索すると、海に浮かんでいる船が
宙に浮かんでいるようにみえる画像
たくさん出てきます。

こうした写真を撮るために
多くの人が訪れているようです。

沖縄の海で見られるような
エメラルドグリーンの海が広がっています。

鵜来島で延泊を勧められ、
島にもう1泊する時間はあったのですが
柏島の海をどうしても見たかったのです。

天気が良くて何よりです。

これでも十分綺麗ですが、

海は高い所から見る方が綺麗です。
近くに「大堂山展望台」という
スポットがあるので、
そこを目指して歩くことにしました。

海沿いを歩いていたら
地元のおばあちゃんに話しかけられ
飴をもらいました。

こうした交流が旅の楽しみのひとつです。

.

ということで今回はここまで。
次回もお楽しみに!

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1313人(前日比+6) 
Instagram 2474人(前日比+3)
Youtube 67255回 (前日比+0)

~移住2年目 301日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました