【坊勢島】漁船の数が日本一!活気ある漁業の島を歩く。アクセスがいい兵庫県の島|2018年 旅行記その1

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は2018年の
家島諸島・鵜来島旅行記」その1
をお届けします。

これまでの旅の思い出を振り返ります。

★前回の記事★

兵庫県の島・坊勢島までのアクセス

兵庫県の島と言えば「淡路島」が有名です。

ただ、厳密にいうと、
淡路島は本州・四国と橋で繋がっているため
離島ではありません。

地図をよく見ると、
淡路島の左に小さな島々が浮かんでします。

こちらが今回の行き先である
家島諸島」です。

フェリーは姫路港から出ています。

姫路港まではバスで行くのが一般的ですが
今回は飾磨駅から歩きました。

飾磨駅までは、前日の夜に
東京から夜行バスに乗り神戸まで移動し
そこから山陽電鉄を利用しました。

家島諸島には40余りの島々がありますが
人が住んでいるのは4つの島だけ。

今回はそのうちのひとつ
坊勢島」へ向かいます。

ちなみに、この港からは
小豆島へ向かうフェリーも出ています。

坊勢島までは大人1100円でした。

坊勢島までは、途中男鹿島を経由し、
約35分ほどの船旅です。

船は朝7時から21時まで
1時間に1本ペースで運行しているので
とても便利です。

坊瀬島は漁業の島

ということで、坊瀬島に到着しました。

やはり、瀬戸内海は全然揺れません。

関西圏からも近いので、
手軽に行くことが出来る島のひとつです。

坊瀬島の滞在時間は4時間半ほど。

午後の船に乗って
お隣に浮かぶ家島本島へ向かいます。

坊瀬島の1周は7kmほど。
短い時間でも歩いて
島を1周することが出来ます。

港には大漁旗がかけられています。

ここ坊勢島は漁業の島。

船がずらりと並んでいます。

住民の約半数が水産業に従事しているそうで
1つの漁港あたりの漁船数は
日本一と言われています。

坊勢島は水揚げ量・水揚げ金額ともに
兵庫県トップです。

倉庫の向こう側にも船が見えています。

のどかさではなく活気がある

駐車場には大量の原付が止まっています(笑)

なかなか迫力ある光景です。

家が密集しているため道が狭く
また、船にも乗せられるので
原付がちょうどいいようです。

ちなみに
ヘルメットを被っている人はほとんど…

平成27年の国勢調査をみると
島の人口は2100人ほど。

よくある「のどかな」雰囲気とは異なり、
活気があります。

漁業が栄えているせいか
立派な家が多いのも特徴です。

一時は人口増加の傾向も見られましたが
最近は人口減少・高齢化が進んでいます。

また、バザーも行われていました。

島には商店や食堂もあり、
何より本土に近く船も多いので
生活に不便はそれほどなさそうです。

道端にあった掲示板の張り紙。

どうやら「野良犬」「イノシシ」の
対策に苦慮しているようです。

カタカナのいびつなメッセージというのが
何とも不気味ですが、
これも小さな島だからこそ、
人物の特定を恐れてのことでしょう。

.

ということで今回はここまで。
次回もお楽しみに!

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1315人(前日比+0) 
Instagram 2482人(前日比+4)
Youtube 69131回 (前日比+544)

~移住2年目 307日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました