フェリーで北海道上陸!港から苫小牧駅まで歩く|2020年→2021年 年末年始の旅 その5

2020年→2021年 年末年始の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【2020年→2021年 年末年始の旅】その5をお届けします。

★前回の記事★

船から朝焼けを見る

2020年12月28日、旅の3日目です。

時刻は午前6時前、フェリーいしかりは青森県沖にいるようです。

乗船口には門松が置かれており、年の瀬を感じさせます。

そして、朝早く起きたのは「日の出を見るため」。

デッキへ出ると、遠くに山の影が見えました。あれは北海道か、それとも青森県なのか、まだはっきりとは分かりません。

雲は多めですが、空は明るいので、太陽を見ることは出来そうです。

空が焼けてきました。

甲板にいるのは私一人。

自動販売機で買ったホットコーヒーを手に持ち、太陽が昇るのを待つ、なんともいい時間です。

雲の切れ間から太陽が顔を出してくれました。

朝の太陽で空が焼ける時間は短いです。

太陽が昇っていくにつれて、空がだんだんと白んできます。

朝陽を拝んだあとは、また少し眠ることにしました。

船内の売店でお土産を物色する

アラームはかけていませんでしたが、2時間ほどで目が覚めました。

海はベタ凪。

船は全く揺れず、スゥーっと静かな海を進んでいきます。

そんな穏やかな海を眺めて、しばらく甲板に立っていたら、いつの間にか、潮風の影響でダウンに大量の塩が…

まだ旅は3日目。

これからずっとこの服を着て旅をするのに、少し困ったことです。

残り1時間半ほどで苫小牧に到着します。

ちょうどこの日から、GoToが一時停止となったため、地域共通券1000円分が、この船内以外では使えなくなりました

ということで、この地域商品券を使い切るため売店へ。

よく噂に聞く「ジンギスカンキャラメル」がありました。

とにかく不味いそうですが、今まで食べたことがなく、この機会に買ってみました。

気になる味ですが、「微妙」というのが率直な印象です。不味すぎることもなく、でも美味しくはない。そしてジンギスカンは感じられない、単純に変わった味です。

まりも」も販売されていました。買いませんでした。

前日にイオンで買った食料も合わせて、紙袋いっぱいの食料を手に持って、これから旅をしていくことが確定しました。

フェリーで北海道・苫小牧上陸

もうすぐ、名古屋を出港してから約40時間

北海道の街並みが見えてきました。

苫小牧は釧路・室蘭と並ぶ、北海道の三大工業都市のひとつです。

工場の煙突も見えています。

特に、勇払原野や支笏湖周辺の山林と、支笏湖の水を生かした製紙工業が盛んで、王子製紙日本製紙という大きな製紙工場もあります。

しかし、年々紙需要が減少しており、こうした工場地帯の景色も変化していくかもしれません。

この街並みの背景にそびえる大きな山は、蝦夷富士とも称される「羊蹄山」でしょうか。

しかし、苫小牧の港から羊蹄山(標高1898m)までは少し距離があります。

もうひとつ、苫小牧の近くにある「恵庭岳(標高1320m)」も、形のきれいな山です 。

見えているのはいずれかの山だと思います。

【フェリーいしかり】苫小牧入港・接岸(ノーカット)

さあ、ようやく苫小牧に入港・接岸します。

大洗から来ている、商船三井フェリー「さんふらわあ」も入港していました。

ちなみに、商船三井グループには【フェリーさんふらわあ】という名前の会社もあります。こちらは大阪・神戸から、九州方面への航路を運航しています。

フェリーさんふらわあが持つ船の名前は「あいぼり・こばると・ごーるど・ぱーる・さつま・きりしま」。フェリーさんふらわあは、とてもややこしいのです(笑)

私が乗るフェリーいしかりは、定刻通り、苫小牧フェリーターミナルに到着しました。

苫小牧には西港と東港がありますが、太平洋フェリーが入港するのは西港

苫小牧では、乗船する港を間違えると大変なことになるので、注意が必要です。

デッキで入港の様子を見ていましたが、前日までとは空気の質が変わりました。

「寒い」ではなく「冷たい」という感覚です。

北海道に上陸しました。

前回北海道に来たのは2020年9月。その時の滞在時間は約4時間でした(笑)

苫小牧港から苫小牧駅まで歩く

フェリーターミナルからは、苫小牧駅まで歩きます

距離は約4km

バスもありますが、乗る予定の電車まで時間が空いており、節約にもなります。

だだっ広い原っぱにぽつんと立つ、無機質な工場の様子は何とも趣があります。

苫小牧ならではのマンホールです。

ウポポイ」まで30kmという看板。

ウポポイというのは2020年、白老町に新しく出来た「民族共生象徴空間」の愛称。国立アイヌ民族博物館、国立民族共生公園、慰霊施設があるそうです。

北海道を旅している最中でも、あちこちでポスターを見かけました。

また、「30km先」というのも、北海道らしい看板です。

港から歩くこと約1時間。苫小牧駅に到着しました。

歩く道に雪はほとんどなく、歩いていると体も温まってくるので、まだ北海道にいる実感はありません

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました