ジープ島が見えた!バスの車窓は、テレビで見る発展途上国でした|2016年 ジープ島旅行記その3

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回からは「2016年 初めての海外旅行でジープ島へ」その3をお届けします。

★前回の記事★

バスの車窓からミクロネシア

ミクロネシア・チューク国際空港から、シープ島へ向かう船が出るホテルまで向かうバスに乗りました。

ミクロネシア・チューク島 バスの車内から

動画は車窓の様子。テレビで見る「発展途上国」です。道路は舗装されておらず、クラクションが至る所で響き、沿道には露店が並んでいます。

車内には “謎の言語(英語ではない)” によるラジオが流れていました。

写真左。電線の工事をしていると思われる方たちがいます。ヘルメットなどの装備はありません

この雰囲気は、初めての海外にしてはなかなか強烈だと思いますが、バスの車内から眺めているだけで、他の乗客も日本人なので、そこは安心感があります。

ただ、大きな荷物だけが手元にはなく、別の車で運ばれているので、それだけが不安です。

学校でしょうか。ちびっ子たちが多くいます。

後で聞いた話ですが、この島では「勉強が必要ない」ということで、進学率が非常に悪いとか。魚を獲って、自然に木の実が成るのを待つ。そんな生活なのだそう。

リゾートホテルでぼられる?

ホテルに到着しました。

最初はバスの目の前を走っていた私の荷物を積んだ車は、途中からどこかへ行ってしまい、「やられた」と思ったのですが、先にホテルに着いており、荷物も無事で一安心。

まあ荷物といっても、シュノーケルと着替えしか持ってきていません。

ジープ島は定住している人がいない「無人島」です。今回はそこに2泊します。

雨水が生活用水となっており、発電機や飲料水の補給、そして3食分の食事はあるそうですが、それ以外のもの(お酒など)は、このホテルの売店で買っておく必要があります

その売店には「値札」がひとつもありませんでした。

私はミクロネシアについてほぼ何も調べず来ていました。物価が高いのかどうかも分かりません。とりあえず瓶のビールをレジに持って行った気がします。

How much? で通じたのかは忘れましたが、覚えているのは、電卓で表示された金額(ドル)と、私の直前にその瓶ビールを買った人に請求していた額が違うことです(笑)

ぼられずに済みました。リゾートホテルでこんな感じ。

船の準備が出来るまで犬と戯れます。

青海原の先にジープ島が見えた

日本を出発してから約15時間。電車・飛行機・バスと乗り継いで、最後はです。

写真だけも南の島を感じられます。

あ、これ日本だったら、安全がどうこうで絶対ダメなやつだwww」というくらい、会場を爆速で走る木造のボート。

必要な荷物のひとつにも「大きな荷物を包む袋」とありましたが、すでに全身ずぶぬれ。まるで何かのアトラクションのようです。

そしてしばらくすると、水平線の先の青海原にポツンと浮かぶ「ジープ島」が見えてきました。

ここが今回の旅の目的地です。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter(目標2000人)1517人→前日比-1
Instagram (目標3000人)2981人→前日比+7
Youtube(目標100万回) 264884回→前日比+397

~移住3年目263日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました