博多駅から福岡空港まで歩く。川に野生のカメが大量にいました|2021年 御船印旅行記 その40

御船印の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「御船印をゲットする旅 2021年9月」その40をお届けします。

★前回の記事★

博多駅から福岡空港まで歩く途中で大量のカメ

前日に沖縄から大阪へ飛び、そこから船に乗って新門司へ。

大回り乗車をして博多駅まで移動し、博多南駅に寄り道して、博多駅に戻ってきました。

博多駅から福岡空港を目指して歩きます。30分くらいしかかかりません。

13時44分。川沿いに高い建物が並ぶ都会の景色です。

その3分後…

こちらが13時47分の景色です。都会から一転、川沿いにはのどかな住宅街が広がる場所で、私は「異常な光景」と出会いました。

川に並んだブロック。しかしよく見ると、様子がおかしいです。

「何か動いているな」と思ったらカメでした。その数が半端ではありません。

ブロックの上にいるカメは眠たそうに日向ぼっこをしていますが、

川の中で元気に動き回っている亀たちもいます。大きな鯉も一緒に泳いでいます。調べても詳しいことは分からず…

ちなみに、福岡市内の公園には「カメの遊具」が多いそうです(笑)

★参考★

カメの遊具なぜ多い 福岡市内の公園に点在
コンクリート製の、無骨で巨大なカメの遊具のある公園。福岡市で幼少期を過ごした、もしくは子育てをした方なら、一度は遊んだ事があるだろう。...コンクリート製の、無骨で巨大なカメの遊具のある公園。福岡市で幼少期を過ごした、もしくは子育てをした方なら、一度は遊んだ事があるだろう。...
福岡空港近くの川に大量のカメがいました

写真よりも動画の方が、その迫力が伝わります。

ここからしばらく川沿いを歩きましたが、カメがいたのはこの場所だけです。

国際線ターミナルに着いてしまった

グーグルマップに案内されるまま歩くこと約30分、もうすぐ福岡空港に到着します。

空港のそばを流れる「上牟田川」。

福岡には「大牟田」など【牟田(むた)】という地名が点在しており、その数は30か所以上にもなるそうです。

草が茂っている沼、水が近い所という意味が由来となっている地名です。

そして到着したのは「国際線ターミナル」でした。しっかり地図を確認しておけばよかったものの、完全にグーグルさんにやられました。

まあ、おかげで「大量のカメ」という、珍しいものを見ることが出来ました。

国内線ターミナルまでは無料のバスがあるので安心です。

国際線の運航はほとんどないはずですが、バスは1時間4本も運行されています

職員の方の利用も多いのでしょう。

福岡空港での過ごし方が課題

国内線ターミナルに到着しました。

9月上旬ということで、福岡もまだまだ暑いです。沖縄と大して変わりません。

飛行機までまだ時間があるので、タリーズで時間を潰していました。

沖縄に来てから、何度か福岡空港を利用していますが、見るものやお店が少なく、待ち時間の過ごし方が難しいと感じています。

新千歳空港のように、温泉があればいいのですが…笑

★参考:私が一番好きな空港は新千歳空港です★

手荷物検査も早めに済ませてゲートの中へ。

こちらはゲートの中の一蘭ですが、一蘭は国際通りにも店舗があります。

からすみ6480円。

ゲート内でこの値段を支払う人がどれくらいいるのか気になります。

ということで、沖縄へ帰ります。そこそこ人は乗るようです。

夕方の福岡空港を離陸するPeach那覇空港行き 2021.9.8

さらば福岡。これにて阪九フェリーの御船印をゲットする旅は終了です。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter(目標2000人)1509人→前日比+1
Instagram (目標3000人)3106人→前日比+2
Youtube(目標100万回) 293677回→前日比+1173

~移住3年目311日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました