父島で夜の体験 ウミガメ保全の取り組み 子ガメの放流に参加!|初めての小笠原諸島 旅行記4

初めての小笠原諸島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【初めての小笠原諸島旅行記】その4をお届けします。

★前回の記事★

小笠原海洋センターでアオウミガメに出会う

小笠原諸島・父島上陸初日。特にやることもなく、港の周辺をふらふら歩いていました。

港からゆっくり歩いて約30分。小笠原海洋センターまでやってきました。港からも見えるオレンジ色の屋根が目印です。

f:id:beautifuldreaman:20191002063259j:plain

ここでは飼育されているウミガメを、無料で見学することが出来ます。

小笠原諸島は、絶滅危惧種に指定されている、アオウミガメの日本一の繁殖地。毎年5月下旬から7月上旬にかけて、多くのウミガメが産卵のため、島に上陸します。

小笠原では、ウミガメが生んだ卵を人工で孵化させ、丁寧に育てることで、 5000分の1ともいわれる、子ガメの生存確率を上げる取り組みが行われています。

そしてこの日の夜、卵から孵化して数か月経った子ガメを、海に放流する体験が行われると知り、早速その場で申し込みました。

体験料金は1500円と、なかなかお得です。

原付で夕焼けのウェザーステーションへ

子ガメの放流体験を行うビーチは日によって変わります。この日は19時にコペペ海岸集合でした。

集落から離れたビーチなので、小笠原観光さんで原付を借りました。

レンタル時間は17時からの24時間。これによりノープランだった翌日も「原付で島を1周する」ことに決まりました。

もう夕方ですが、さっそく原付を走らせ、やってきたのは「ウェザーステーション展望台」。

父島随一の夕陽スポットで、島民も観光客も、夕方になると多くの人が集まるスポットです。

しかし、不運なことに雨が降ってきました(笑)

そのため、この日のウェザーには2、3人しかおらず。

しばらくすると、遠くの空が焼けてきました。

f:id:beautifuldreaman:20191002065114j:plain

水平線の彼方は晴れていたようで、雨の中で夕陽を見ることが出来ました。なかなか幻想的な景色で、いいものを見ることが出来ました。

こちらは道端から見えた父島の夜景

引き続き雨は降っており、雨具もありませんが、ここから原付で、子ガメの放流が行われるコペペ海岸へ向かいます。

感動の体験!アオウミガメの放流体験

コペペ海岸の駐車場に到着しましたが、周囲には街灯もなく真っ暗(この環境がカメにとって重要)。

そんな中、しばらく1人で待っていましたが、時間が近づくにつれて、ぼちぼち人が集まってきました。

バケツに入っているのは父島で生まれたアオウミガメの子供たち。

この日は体験に参加する人に対して、カメの数が多かったので、1人2匹のカメを手に持ちます。

★参考:元旦もウミガメを放流しています★

子ガメは「明るい方向」を目指して進む習性があるため、 ここからは明かりを完全に消して、子ガメを海へ放流します。

砂浜で生まれた子ガメが周囲を見回したとき、自然の状態であれば、 一番明るいのは「」。しかし、人工の明かりがあると、その明かりへ向かってしまうのです。

実際に父島でも、前浜海岸で生まれた子ガメが、集落の中に入ってきてしまうことがあるそうで、放流体験には、こうしたことを防ぐ目的もあります。

子ガメは、私の手を離れると、あっという間に海へ行ってしまいました。

アオウミガメが産卵できるようになるまでは約40年。自分が生まれた浜周辺に帰ってきて卵を産むという説もあるので、いつかこの浜でまた逢えたらなと思います。

★参考:ウミガメ観察のルール★

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました