キングオブ秘境!小宝島上陸 人口60人の島を歩いて1周|2016年 トカラ列島旅行記その6

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2016年「トカラ列島旅行記」その6をお届けします。

★前回の記事★

小宝島に上陸!

今回はトカラ7島のうり、奄美大島に近い、宝島・小宝島・悪石島の3島に、1泊ずつしながら旅しています。

宝島を早朝に出発。しばらくすると小宝島が見えてきました。

朝7時、小宝島に上陸!十島村のホームページによると、島の1周は約4km。ゆっくり歩いても1時間程度で周ることが出来そうです。

そんな小さな島に、翌日10時半の奄美大島行きの船がやって来るまで滞在します。

朝食は奄美大島で購入していた菓子パン。野宿続きの予定だったトカラ列島の旅。さらに季節は冬ということもあり、過酷な旅になることを想定して、「練習の旅」まで慣行していました。

しかし、ここまでは天気も良く、さらに悪石島と宝島では、運よく畳の上で寝ることが出来ています。

辛いのは、連日島を歩き回って溜まった筋肉痛だけ。果たして、小宝島ではどんな展開が待っているのでしょうか。

まずはどこにテントを張っていいかを確認するため、十島村役場の出張所へ向かいます。

出張所に到着すると、職員の方がちょうど、船の入出港作業の手伝いから戻ってきたところでした。

「野宿をしたい」と伝えると、どうやらそうした人は珍しいようで、一緒に野宿によさそうな場所を探してくれることになりました。さっそく普通の旅行ではあまり起こらない展開です(笑)

小宝島の海沿いには、こうした茶色っぽい岩が並んでおり、独特の景観を作り出しています。

「こだから」という島の名前だけでなく、島の形が「妊婦さんが横になっている姿に見える」ということで、小宝島は安産に縁起がいい島と言われているそうです。

こちらは「横になった妊婦さん」の、顔から胸までの部分。確かに一度そう言われると、そうとしか見えなくなってきます。日本全国に安産祈願のパワースポットはありますが、小宝島は日本で最もアクセス難易度が高いといえるでしょう。

ワイルドな自然!島を歩いて観光する

野宿場所を考えつつ、島の案内もしていただきながら、職員の方の車で島を1周しました。

一通り島を見てから、結局野宿の場所は「どこでもいいよ」ということに。この日1日島を歩きながら、いい場所があれば、そこにテントを張ることにしました。

島を案内してくれた出張所の職員の方は、私をとある家の前で降ろし、「おっちゃんが島を案内してくれるから、ここで待ってて」と言って、去ってしまいました。

しばらくすると、その家からおっちゃん(上の写真に写っている方)が出てきて、無料でガイドをしてもらえることになりました。

メインの道路から外れた場所は、手つかずの自然が残されている一方で、ハブが出る可能性もあるので、地元の方に案内をしていただけるのはありがたいです。

出張所の職員の方からは、「ポイズンリムーバー」なるものを渡されていました。ハブに噛まれた際、まずはこちらの器具を使い、自分で毒を抜くためのキットです。

悪石島と小宝島の間には、動物の分布境界を示す渡瀬線が提唱されており、小宝島はハブ生息の北限とされています。

こちらは小宝島の道路に潰れていたヘビ。もしかしたら準絶滅危惧種の「トカラハブ」かもしれません。

こちらはトンビでしょうか。ちょうど魚を咥えていました。

気候的にも温帯と亜熱帯の境界となっており、道端には沖縄と同様、パパイヤが自生しています。12月ですが、歩いていると日差しが眩しく、上着も必要ありません。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2328-1024x768.jpg です

島にはサンゴから出来た「琉球石灰岩」の奇岩が立ち並びます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2330-1024x768.jpg です

今回私を案内してくれたおじちゃんが、かつて世界中巡ったという旅人を案内した際、その旅人は小宝島に広がる岩の景色を「グランドキャニオンのようだ」と話していたそうです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2331-1024x768.jpg です

私はグランドキャニオンを見たことはありませんが、その迫力は写真で伝わらないものがあります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2344-1024x768.jpg です

地球を感じられる、ワイルドな景観が広がる一方で、島には静かでゆったりとした時間が流れています。

島の暮らし

こちらはヘリポート。緊急時のみ利用されているもので、通常小宝島に上陸するための手段はフェリーとしまのみ。しかも小宝島は、他の島よりも就航率が低いと言われています。

岩陰に木造の船が置かれていました。こちらは沖に停泊した船から、島まで物資を運ぶために、昭和初期まで使われていた「艀(はしけ)」と呼ばれる船です。

小宝島では1990年まで、大きな定期船が接岸出来る港がなく、定期航路としては日本国内で最後まで、艀による乗下船作業が行われていました。

草っ原に置かれたこちらの船が、日本最後の艀。波の影響を受けて転覆する可能性もあるため、非常に危険な上陸・乗船作業だったようです。

小宝島には小中学校もあります。2021年現在、人口60名程度の島にも関わらず、12名の生徒が通っているようです。学校生活の様子は、ブログでも見ることが出来ます。

生徒数の減少により、小宝島小中学校は1979年に一度廃校になっています。その後1988年、お隣の宝島小中学校の分校として再開され、2016年には小宝島小中学校として再開されました。

国勢調査より

離島で学校が再開されるというのは、めったに聞かないことです。小宝島の人口を見ると、確かにここ20年、人口は増加傾向が続いています。

国勢調査より

人口ピラミッドはこんな感じ。小宝島では、都会の子供が島に1年間移住して暮らす「山村留学制度」と、移住者増加により生徒が増えたようです。

集落にある公園の遊具も、綺麗に整備されています。

白い建物が発電所、水色の建物が淡水化施設。小宝島では、海水を脱塩して水道水として活用しているので、この施設が故障しない限り、水不足の心配は無いようです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2575-1024x768.jpg です

コインランドリー小宝。日本で最も行くのが難しいコインランドリーといえるでしょう。

道端にお地蔵さんが置かれていました。

もうこの時点で島を何周したか分かりません。おじちゃんの案内がなければ、きっとすぐに退屈していたかもしれません。

お昼はおじちゃんの家でごちそうになりました。商店や飲食店は無いので、小宝島で宿に泊まる場合も、1泊3食付きが基本となっています。

森の中へ、山の上へ

食後もまた島を歩きます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2306-1024x768.jpg です

おじちゃんに案内されて茂みの中へ入ります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2311-1024x768.jpg です

この先に何があるかも分からないので、自分だけでは絶対に足を踏み入れることはないでしょう。ハブも出てきそうですが、「心配ない」とのこと。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2315-1024x768.jpg です

茂みを歩いた先には小さな鳥居がありました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2327-1024x768.jpg です

別の場所にも鳥居がありました。どうやら神社のようですが、鳥居があるだけで、建物はありません。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2322-1024x768.jpg です

石碑などもいくつか点在して置かれています。何のために置かれているかなども解説していただきましたが、詳しい内容は忘れてしまいました。

沖縄の「御嶽」と同じようなものでしょうか。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2357-1024x768.jpg です

これらの鳥居や神社、祠の情報は調べても出てこず、島のマップにも書かれていません。

こちらの「小宝神社」だけは、十島村のホームページでも紹介されています。どうやら森の中にある神社たちは、1971年にここへ合祀されたようです。

続いては竹ン山へ登ります。

ハブに注意」という看板があるように、どこにハブがいるか分からないので、役場出張所で借りたポイズンリムーバーは常に携帯して歩いています。

竹ン山の標高は102mしかないので、あっという間に山頂へ到着。ただし、人がなかなか来ない場所なので、草木をかき分けながらの登山でした。

目の前に浮かんでいるのは「小島」と呼ばれる無人島です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2412-1024x768.jpg です

島の周囲も岩になっているようなので、上陸することは難しいでしょう。小宝島と小島の間の潮の流れも早そうです。

もうすぐ夕暮れ。天気がいいので、綺麗な夕陽を見ることが出来そうです。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました