金城ベーカリーのパンバイキングに挑戦 沖縄旅行の朝食におすすめ|2022年 旅行記その2

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「台風の沖縄に行ってきた」旅行記その2をお届けします。

★前回の記事★

那覇の朝食は金城ベーカリーがおすすめ

金曜日の仕事終わり、台風が接近している沖縄にやってきました。

土曜日の朝、まだ台風の影響はないようです。

空は曇っていますが、雨は降っておらず、強い風も吹いていません。

今回は、前日の夜、那覇空港に到着してから予約した宿に泊まりましたが、1泊朝食付きでなんと3000円

荒天になることを予想していたので、この日は1日ノープランでした。

そこで、沖縄に住んでいた時から気になっていたパン屋さんにやって来ました。

金城ベーカリー」は、ゆいレール・儀保駅のすぐそばにあり、お店には3、4台を止めることが出来る駐車場もあります。

1952年の創業から、長らく地元の人に愛されている老舗。

観光で沖縄を訪れる人には全く知られていませんが、那覇のホテルは素泊まりプランも多いので、沖縄旅行の朝食にもおすすめです

このパン屋さんの名物が「パンバイキング」。

825円で、店内のパンが1時間食べ放題となるのです!

名物!パンバイキングに挑む

今回、私はホテルで朝食を食べてしまいましたが、朝食パート2として、パンバイキングに挑みます。

パン屋さんでは通常、お店に入ってまずはトレーとトングを取り、好きなパンを選んで、最後にお会計です。

パンバイキングの場合は、まずレジでお金を支払い、専用のトレーとトングを受け取ります。

「残したパンは正規料金で購入になる」など、注意事項の説明を受けたら、1時間パン食べ放題です。

バイキング専用のパンコーナーがあるわけでなく、もうこれ全部食べ放題

お店は8時から営業しており、今回は9時半ごろに入店したので、パンの種類も豊富

例えば、あんぱんが無くなったら、再びあんぱん出てくるのではなく、今度はクリームパンが出てくるというような感じです。

パンが無くなり次第終了ということで、やはり朝がおすすめ。

まさに「早起きは三文の徳」といったところでしょうか。

パンバイキングで食べることが出来ないのは、ショーケースに入ったケーキたちだけです。

パンだけでなく、コーヒーやジュース、さんぴん茶も飲み放題という太っ腹ぶり。

1時間お店のパン食べ放題

ということで、1時間でどれだけのパンを食べることが出来るでしょうか。

まずは、しょっぱい系と甘い系から。

私の近所のスーパーでは、菓子パンが100円で販売されており、パンバイキングの料金が825円なので、今回の目標は8個です。

こちらはフランスパンあんドーナツ

美味しいので、色々なパンを試してみたいという気持ちとは裏腹に、パンは意外とお腹に溜まります

しかも、今回はホテルの朝食も食べた後。

8個のパンを食べるために、重めなパンは避けたいところですが、いわば「ご自由にどうぞ」の誘惑には勝てません。

結局、1時間で8個のパンを食べることは出来ず。

しかし「ここにあるパン、どれでも好きなだけ食べていい」という環境はなかなか無いので、幸せな時間でした。

田芋パイは、沖縄ならではのパイですが、もうお腹がいっぱいです。

金城ベーカリーでは、普通のパン屋さんと同じように、パンの販売も行われているので、購入して持ち帰ることも出来て、さらに、専用の予約サイトもあります。

沖縄へ行ったら、朝食の定番になりそうです。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました