台風でも欠航しない!揺れるシルバーフェリーの深夜便に乗船 船内もご紹介 | 2023 旅行記7

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「2023年 夏 青森・北海道旅行記」その7をお届けします。

★前回の記事は こちら

台風でも欠航しないシルバーフェリー

2023年8月14日の夜、北海道・苫小牧西港へやって来ました。

乗船する船はシルバーフェリー(川崎近海汽船)のシルバーティアラ。23時59分に苫小牧を出港し、津軽海峡東方を通過した後、翌朝7時半に青森県八戸へ到着する、いわゆる深夜便です。

札幌盛岡なかよしきっぷを利用しているので、料金は札幌~盛岡間を通して8,400円(部屋は2等)。

乗船してまずは御船印をゲット!デザインは荒々しい津軽海峡を泳ぐイルカ。イルカは4月から6月にかけて津軽海峡へやって来ます。

続いて向かったのは風呂。通常、シルバーティアラの展望浴室は乗船直後から深夜1時(苫小牧出港の1時間後)まで利用することが出来ます。しかしこの日は、出港後すぐに閉鎖されるという船内放送が流れていました。

理由は台風です。こちらは船内のテレビに流れていたNHKのニュース。台風7号が関西地方に接近していました。

この台風の影響で太平洋側の海は大荒れ。台風から離れたシルバーフェリーの航路も、波の予報は3m~4mとなっています

太平洋フェリーのホームページより

私がシルバーフェリーに乗船する4日前、8月11日時点で苫小牧西港~仙台~名古屋を結ぶ太平洋フェリーは、8月12日から15日までの欠航を決めていました。

商船三井フェリーのホームページより

私が乗船するシルバーティアラの1時間半後に苫小牧西港を出港し、茨城・大洗港へ向かう商船三井フェリーさんふらわあも「大幅遅延見込み」です。

一方、シルバーフェリーは欠航や遅延の案内はなく、通常運航の予定。乗船直後の船内では、台風の影響により津軽海峡では東の風が強く、波も高く、揺れることが予想されるという放送が流れていました。

船内の様子をご紹介

そのため、出港までの時間、展望浴室は行列が出来るほど大混雑。

男性陣は皆さん譲り合いの精神で、サクッとシャワーで済ませる方が多く、私も船の出港までにシャワーを済ませることが出来ました。船が揺れ始める前に、続いては船内を散策してみます。

こちらは船内に置かれていたマネキン。マネキンの頭にあるのは、船名の由来にもなっている、恐らく本物のティアラです。「宝石のように凛と輝くティアラ」をイメージして、船内はデザインされています。

船内のテレビショッピングでも、宝石を販売していました(笑)

こちらは「BREEZE」「WAVE」という名前が付いたプレート?こうした装飾品も似合う、ホテルのように綺麗な船内です。

船内売店はありませんが、御船印をはじめお菓子やお酒、コーヒーなどは案内所で買うことが出来ます。

北海道と青森のお土産も並んでいます。

こちらはカップラーメンの自販機。

お湯を注ぐためのポットだけでなく、紙皿や醤油も備え付けられています。

こちらは冷凍食品の自販機。

電子レンジもあるので、持ち込んだ食料を温めることも可能です。

食後のデザートもある一方で、お酒の自動販売機は無かったような気がします。また船内レストランもありません。

食事を食べたりする共有スペースも多く設けられています。

揺れる深夜便で寝る

そして23時59分、シルバーティアラは静かに苫小牧西港を出港。

船は思っていたよりも早く揺れ始めたので、早々と横になりました。しかし、船首が波にぶつかる度に「ドォーン!」と音が響き、上下左右に揺れる船内。寝たり起きたりの繰り返しです。

出港から4時間半後、船は津軽海峡を通過し、青森県の下北半島沖まで来ていました。

すでに明るくなり、デッキも開放されていたので、外へ出てみるとこんな感じ。船はまさに「荒波」の中を突き進んでいました。何かに掴まっていないと、真っすぐ歩くのも難しい状況です。

ネットを色々を調べても、過去にシルバーフェリーが全便欠航になったという情報はほとんど出てきません。これくらいの波風ならどうってことはないのでしょう。もしかしたら、おがさわら丸に並ぶ強い航路である可能性があります。

■ 参考:欠航しない定期船 おがさわら丸

7時、八戸まではまだ少し離れています。船内放送によると、定刻よりも約30分遅れての到着になるようです

八戸港が見えてくると波は落ち着き、タグボートがやって来ました。

シルバーティアラは前方を「はやて丸」、後方を「とわだ丸」に支えられながら八戸港へ入港。通常よりも揺れる中で、非常に大変な作業であったと想像されます。

八戸港は大型の貨物船が頻繁に出入りする一方で、それほど広くはないため、大型の船が自力で旋回したりするのが難しいのでしょう。

無事、八戸港へ接岸しました。台風が接近していてもシルバーフェリーは運航する可能性が高いので、事前の波予報を確認し、船酔い対策をするのがおすすめです(船内で酔い止めは買えません)。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★こちらもおすすめ★

コメント

タイトルとURLをコピーしました