寝ても覚めても海の上。おがさわら丸着発便乗船。 ~2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記 20~

2019年→2020年 年末年始の旅
スポンサーリンク

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は、
「2019年→2020年 年末年始の旅」
その20をお届けします。

★その19はこちら★

2020年元旦 私の過ごし方


元日は親戚などで集まって、
のんびり過ごされる方が多いのでは。

2020年の元日
私はこんなスケジュールでした。

0時から11時半
おがさわら丸の船内にいました。
特にすることもないので
寝て、海を見て、また寝てという感じ。

11時半から15時半
小笠原諸島・父島に上陸。
初詣は父島の大神山神社へ。
「初泳ぎ」も済ませました。

この辺りまでは前回までにご紹介しました。
今回の話はその後の時間です。

15時半から23時59分
私はおがさわら丸の船内にいました(笑)

離れていく父島。
次の楽しみは海に沈む夕陽です。

いい感じの空の色。
ですが、爆風が吹いています…
立っているのもやっとの状態です。

16時46分。
2020年元旦の太陽が沈み、1日が終わりました。

夜はこれからで、
いつも楽しい帰りのおがさわら丸ですが、
船が揺れ始めたので、寝ることにしました。

結局、2020年の元旦、私は20時間
おがさわら丸(海の上)
で過ごしたのでした(笑)

おがさわら丸から見る日の出

1月2日 朝6時。
父島を出港してから14時間以上経ちました。
私はまだおがさわら丸の船内です。

場所は八丈島付近。
夜も結構揺れたので、ぐっすりは眠れず、
寝たり起きたりを繰り返していました。

その揺れの影響で船も遅れているようです。
東京到着予定は16時22分。


まだ10時間以上あります(笑)

朝陽を見るためにデッキへ。


この外に出た瞬間の気温の違いで、いつもは
南の島は遠くなってしまったなぁ」と
感じるのですが、今回は
その気温の差をあまり感じませんでした。

水平線から太陽が昇ってきました。


夕陽の時は爆風で、
デッキに出ている人がほぼいませんでしたが、
この時は多くの人がいました。

まだおがさわら丸の船内

9時半になりました。

朝陽を見た後はまた横になって寝たり覚めたり。

眠いわけではないのですが
究極的にやることがないのです


ネットは繋がりませんし、
画面や文字を見ていると酔ってきます。

青海原を眺めてのんびりと…


というのも、これも非日常的で
とっても素敵なのですが
私はもう12月31日の11時から
この景色を見続けてのんびりし続けています

伊豆大島が見えてきました。

12時半になりました。
船の揺れも落ち着いてきました。

伊豆大島が見えています。
(その左の小さな島は利島です)

写真でも
海面に波やうねりがないのが分かります。

お昼ご飯はカップラーメン。
思えば元旦は
1食も食べていませんでした…(笑)

朝は船が揺れていて、
昼は父島でバタバタしていて、
夜はまた船が揺れて…


という感じでしたからねぇ。


15時を過ぎました。


普段であればもうレインボーブリッジ下を
通過するような時間ですがまだアクアライン。

海の色はもう青から茶色へ。
父島を出港してから24時間を超えました。

もうすぐ東京・竹芝桟橋に到着します。

ということで今回はここまで。

NEXT


本日はありがとうございました。

.

■この記事で使ったお金
0円
合計(通算):79,315円

■地に足を付けた都道府県
1. 沖縄県 2. 千葉県 3. 茨城県
4. 栃木県 5. 福島県 6. 宮城県
7. 山形県 8. 埼玉県 9.東京都

【SNS本日の結果】
Twitter 999人(前日比-3) 
Instagram 1646人(前日比+3)
Youtube 15527回 (前日比+102)

~移住2年目 94日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました