琵琶湖に浮かぶ有人島「沖島」に上陸!島を徒歩で散策 ~2019年→2020年 年末年始の旅 その29~

2019年→2020年 年末年始の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は、
2019年→2020年 年末年始の旅
その29をお届けします。

★その28はこちら★

琵琶湖を爆走するフェリーに乗船

堀切港から琵琶湖に浮かぶ
有人島「沖島」へと向かいます。

乗船券は船の中で購入します。

いいっすね~、このボロイ感じ。

往復分の乗船券を購入。

往復の料金は1000円です。

私の前に座っているのは釣り人の方。

あとは島民の方が数名。

7時45分、フェリーは堀切港を出港しました。
沖島まで約10分の船旅。船は琵琶湖を爆走します。

★動画★

琵琶湖を爆走!湖に浮かぶ「沖島」へ向かうフェリーから【ノーカット】

沖島はすぐに見えてきます。

本土とは1.5kmしか離れていません。

琵琶湖に浮かぶ有人島「沖島」に上陸

沖島に上陸しました!

これで私が上陸した島の数は…

最近は正確な数が分からなくなってきました(笑)
60くらいであることは間違いありません。

島の周囲は約6.8km。

島を1周する道路はありません。

沖島でのプラン


前回の記事でも紹介しましたが、
淡水の湖沼に浮かぶ島に人が住んでいることは
世界的に珍しく、学術的にも注目されています。

時刻は8時前。

9時の船に乗って帰るという滞在時間1時間コース。

港の周辺を歩いて散策します。

この日は朝起きてからずっと歩いていますね(笑)
幸い雨は止んでくれました。

車はゼロ!船は1家に1隻

島にレンタカーはありません。

いや、自家用車やバイクが1台もありません。
信号もありません。

その代わり
1家に1隻『船』を所有しているそうです。

港には、写真の通り、船がずらりと並びます。
島民の多くが漁業を営んでいます。

住所は近江八幡市沖島町。

バス停がありますが、当然バスは走っていません。

このバス停には
対岸の堀切港の時刻表が書かれています。

何も調べずにやって来たので、
島の見どころなどは全く分かっていません。

パンフレットなども無いようなので
とりあえず看板に書かれている
「神社」の方に行ってみます。

フナずしは「新・日本三大珍味?」

島の名物は「フナずし」。

春先に琵琶湖で獲れるニゴロブナから作られており、
チーズに似た芳醇な香りと酸味が特徴です。

今回は食べていないのですが、
アイランダーの時に試食で頂きました。

お酒のおつまみにはもってこいの一品です。

ちなみに、近江八幡市のホームページに、
フナずしが「日本三大珍味のひとつ」と
書かれていたのですが、どうやら違うようです。

一般に「日本三大珍味」と言われるのは

・ウニ(塩ウニ)
・カラスミ(ボラの卵巣)
・このわた(なまこの腸の塩辛)

のようです。

フナずしは『新日本三大珍味』らしいです(笑)
【他はくさや・黒作り】

奥津嶋神社見つからず…

歩いていても神社は見つからず…

どうやら奥津嶋神社という神社があったようです。

この神社があることで、
沖島はかつての無人島の時代から
「琵琶湖の航行の安全を守る神の島」
として崇拝されていました。

次に見つけたのは「ケンケン山」という看板。
気になるので行ってみたいと思います。

その様子はまた次回。

NEXT


本日もありがとうございました。

.

■この記事で使ったお金
船代往復 1000円
合計(通算):85,390円

■地に足を付けた都道府県
1. 沖縄県 2. 千葉県 3. 茨城県
4. 栃木県 5. 福島県 6. 宮城県
7. 山形県 8. 埼玉県 9.東京都
10.神奈川県 11.静岡県 12.愛知県
13.岐阜県 14.滋賀県 15.京都府

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1079人(前日比+1) 
Instagram 1868人(前日比+8)
Youtube 18791回 (前日比+194)

~移住2年目 129日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました