三宅島を歩いて1周!大久保浜キャンプ場で野宿。海に沈む夕陽と溶岩の景色を楽しむ。|2018 三宅島旅行記 その6

三宅島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は
三宅島旅行記」その6
をお届けします。

これまでの旅の思い出を振り返るシリーズです。

★前回の記事★

三宅島を歩いて1周しました。

三宅島を歩いて1周して、出発地である
大久保浜キャンプ場に到着しました。

時刻は18時。

ちょうど夕陽が沈もうとしています。

水平線に沈む太陽が見られるでしょうか。

どうやら雲があるようです。

太陽が欠けてしまいました。

あぁ…

水平線に沈む夕陽を
見ることは出来ませんでしたが
綺麗な景色を楽しむことが出来ました。

夕陽が沈んだ後の景色も綺麗です。

いわゆる「マジックアワー」といいます。

しかし、暗くなってくるため、その景色を
私のデジカメでは撮影するのは難しく、
この日の写真はここまで。

大久保浜キャンプ場で1泊

この日の夜は
大久保浜キャンプ場でテントを張り野宿。

このキャンプ場は
事前予約が必要ですが料金は不要。

お手洗いや水道もあります。
私以外の利用者はいませんでした。

そして翌朝。
テント越しに差す太陽の光で目が覚めました。
これが野宿の醍醐味です。

鳥のさえずりと波の音を聞きながら
飲む缶コーヒーは特別に美味しい気がします。

夜も満点の星空を楽しむことが出来ました。

ただ、一人だと退屈なものです。
まともな電気も無いので、
暗い中では何もすることが出来ません。

寝る時間も早くなり、起きたり寝たりを
繰り返しながら朝を迎えた感じです。

東京へ戻る橘丸は13時半に出港します。

東海汽船のHPを見ると、
この日も錆ヶ浜港を利用するようです。

木造の小さな家と青海原のパノラマ。

いい天気の中、歩いて錆ヶ浜港へと向かいます。

浸食によって出来た眼鏡岩

約2時間ほどかけて歩いてやってきたのは眼鏡岩

錆ヶ浜港の近くにあります。
黒い溶岩が波で浸食され出来た地形です。

かつては穴が2つあり「メガネ」でしたが、
1959年の伊勢湾台風で崩壊してしまったそう。

もう一つの穴は今では
完全に無くなってしまっています。

眼鏡岩の周囲はこんな感じ。

海沿いを埋め尽くすのは黒い溶岩。

他の場所ではあまり見られないような
ダイナミックな光景です。

火山体験遊歩道を歩く

眼鏡岩のそばに「火山体験遊歩道」があります。

溶岩流の上に遊歩道が整備されており、
なかなか見ごたえがあります。

溶岩の隙間に残る枯れた木々とまばらな草。

別の世界に迷い込んでしまったようです。

こちらの溶岩は1983年の噴火によって
流れ出たものだそう。

ここは阿古地区といいますが、
高さ100m以上吹き出た溶岩が
集落の一部を飲み込みました。

幸い人的な被害はなかったそうです。

この道は両側を溶岩に挟まれています。

こうした場所を一人で歩くのも
非日常が味わえていいものです。

そして、ここにはさらに
噴火の脅威を感じるスポットがあります。
それは次回に。

.
ということで今回はここまで。
本日もありがとうございました。
.

【SNS本日の結果】
Twitter 1131人(前日比+1) 
Instagram 2243人(前日比+2)
Youtube 31789回 (前日比+216)

~移住2年目 203日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました