日本一豪華!太平洋フェリー・いしかりに乗ってみた|2020年→2021年 年末年始の旅その2

2020年→2021年 年末年始の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【2020年→2021年 年末年始の旅】その2をお届けします。

★前回の記事★

フェリーターミナルで乗船券ゲット

名古屋港から、仙台を経由し、苫小牧(北海道)へ向かう太平洋フェリーに乗船します。

今回は金城ふ頭駅から歩いてきましたが、名古屋駅やあおなみ線・野跡駅から、港までの路線バスもあります

★参考:名古屋港までのアクセス★

名古屋港のご案内|航路・ダイヤ・のりば|太平洋フェリー
太平洋フェリー、名古屋港乗り場へ、公共交通機関をご利用の場合やお車をご利用の場合の所要時間や運賃をご案内しています。

フェリーターミナルに入ると、まずは検温。

しかし、寒い中ここまで歩いてきたので、上手く体温が測定されず

少し時間はかかりましたが、無事通過することが出来ました。

乗船券は事前にネットで予約をしてました。早割もあるので、乗船日が決まったら、早めに予約をするのがおすすめです。

乗船券には、乗船日12月26日・下船日12月28日と書かれています。

つまり、これから船で2泊するのです。

そして、太平洋フェリーでは、GoToトラベルキャンペーンの恩恵も受けることが出来ました。

通常、交通(飛行機・新幹線など)の予約だけはGoTo割引の対象外ですが、太平洋フェリーを利用する場合、「宿泊を伴う旅行」となるのです。

結果、この時の船代は、通常12,200円から35%引き、7930円になりました。

船の出港は19時

乗船開始は17時半で、出港30分前の18時半くらいまでに乗船する必要があります。

通常であれば、船内でもWi-fi(有料)が使えるそうですが、このときは故障しており、受付の時点で、船内ではネットが使えないという案内を受けていました。

そのため、乗船時間ギリギリまで、フェリーターミナルで作業。Free Wi-fiはサクサクで助かりました。

二等和室 40時間の船旅

時間になったので、太平洋フェリー「いしかり」に乗船。

いよいよ名古屋~仙台~苫小牧、1,330km、40時間の船旅が始まりました。

【太平洋フェリー】いしかり 名古屋港出港

名古屋港出港後、船は名港西大橋を下を通過し、コンテナの集積地を横目に見ながら、伊勢湾、そして太平洋へと抜けていきます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3649-1024x768.jpg です

こちらは船内に置かれていたパンフレット。

各ポイントの通過時刻が書かれており、どうやら翌日明るくなったころには、関東付近にいるようです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3625-1024x768.jpg です

この船は、途中、仙台に寄港します。

仙台到着は、翌日16時40分の予定です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3573-1024x768.jpg です

こちらが40時間を過ごす、2等和室の私の区画

コロナ対策で通常よりも広くスペースが取られています。

部屋にはコンセントもあります。

色々な人のコンセントがつながっていくのは、船旅であるあるの光景です。

お手洗いはウォシュレット付きで、清潔感もあります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3575-1024x768.jpg です

洗面台は、まるでホテルのような作りで、ここが船内であることを忘れさせます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3603-1024x768.jpg です

太平洋フェリーは、ネットのクチコミなどで、「豪華なフェリー」として知られています。

船旅専門誌『クルーズ』の読者が選ぶ、クルーズシップ・オブ・ザ・イヤーのフェリー部門でも、太平洋フェリーの船が、29年連続で1位を獲得しています。

ここからは、そんな豪華な船内の様子をご紹介します。

日本で一番豪華なフェリー「いしかり」

今回乗船した「いしかり」は3代目になり、2011年から就航しています。

太平洋フェリーを代表するフラッグシップで、クルーズシップ・オブ・ザ・イヤーのフェリー部門で、10年連続第1位を獲得している、日本で一番豪華なフェリーです。

通路の雰囲気はこんな感じ。

イスがまるで飾り物のようで、座っていいものなのかと、少しためらってしまいます。

通路の壁に掛けられているのは骨董品の皿。

芸術的な絵画やガラス作品。

船が揺れたときに大変なことになるので、恐らくこれらは固定されているものと思われます。

記念撮影スペースにあったのは、芸術的なセンスが高い人でないと、よく分からないようなオブジェ。

グランドピアノもありました。

これは、誰でも弾いていいものなのかは不明ですが、下船の時まで、その音色を聞くことはありませんでした。

まるで豪華客船!太平洋フェリー「いしかり」船内散策の様子 2020

こちらは、船内を歩いた動画。

間違いなく、これまでに乗ったフェリーの中で一番豪華な内装です。

船内売店で夕食を選ぶ

船内を一通り散策した後は、夕食を食べて、お風呂に入って、シアタールームで映画を見てから、寝ることにします。

船内レストランもありますが、この日の夕食は、船内の売店で購入します。

さすが日本一豪華なフェリー、船の中にある売店とは思えない外観です。

もちろん外観だけでなく、商品も充実しています。

太平洋フェリーオリジナルのお菓子。

缶バッジなどもあります。

こちらは北海道のお土産たち。

こちらは寄港地・仙台(宮城県)のお土産。

これらのお土産はほんの一部で、なかなか豊富な品揃えです。

やきそば弁当は北海道、ほかのカップ麺は名古屋という感じで、カップ麺もご当地ものです。

お土産だけでなく、船内でつまめるような、一般的なおつまみもあります。

値段は、コンビニより40円から50円くらい高く設定されています。

今となっては北海道でしか販売されていない、さいころキャラメルもありました。

これは船を下りてからの「さいころの旅」を誘っているのでしょうか…

ということで、この日の夕食は「台湾ラーメン」。

「太平洋フェリー」と書かれた箸袋は、お土産にもなります。

こちらに熱湯が出る蛇口があり、電子レンジも置かれています。

旅の幕開けで「1杯飲みたい」と、かなり迷いましたが、ここは我慢

まだ旅の初日。

ここで飲んでしまい、毎晩の習慣になってしまうのは、あまりよくありません。

自動販売機には、北海道名物「ガラナ」がありました。

夕食が整いました。

柿ピーは売店で購入、お茶は沖縄から持参したものです。

ちなみに、煎茶・ほうじ茶・お湯は、24時間飲み放題です。

展望風呂がある大浴場、風呂上がりの映画

夕食を食べ終えたらお風呂です。

フェリーいしかりには大浴場が付いています。

大浴場を出てすぐの場所には、マッサージチェアと…

昭和を感じさせるゲームコーナーもあります。

ゲームコーナーがあるのは、船旅の定番です。

大浴場はこんな感じでした。

窓越しには青海原が広がるようですが、夜だったので、この時は何も見えず…

シャワーの数も多く、足を伸ばせるお風呂が2つあります。シャンプーやボディソープは備え付けのものがあるので、バスタオルだけあればOKです。

船の揺れは全く感じられず、しっかりお風呂で疲れを癒すことが出来ました。

お風呂から上がったら時刻は21時前。

やってきたのはシアタールーム

ここで21時から映画の上映があり、無料だったので、鑑賞してみることに。

見たことも聞いたこともない映画でしたが、「船で映画を見る」という、非日常を体験出来たので満足です。

時刻は23時過ぎ、旅の1日目が終了です。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました