レンタカー借りて島の最南端へ!ウミガメと出会う|2016年 奄美大島旅行記 その2

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「2016年 奄美大島旅行記 その2」をお届けします。

★前回の島旅★

土盛海岸で迎える朝

旅の2日目。

奄美大島・土盛海岸で朝を迎えます。

目覚めて0秒で雰囲気があるのは、海岸で野宿をする醍醐味です。

暗いですが、こちらはアサガオではなく「グンバイヒルガオ」。奄美や沖縄の海岸で、日中も咲いているのを見ることが出来ます。

また、島外への持ち出しが禁止されており、空港などでも、ポスターの写真で見ることが出来ます。

5時半前、海の向こうから太陽が昇ってきました。埼玉では見られない景色のひとつです。

この日もいい天気になりそうです。

ヤドカリは夜行性。これから眠りに入るのでしょう。

夕焼けに比べ、朝焼けの時間はあっという間。太陽が顔を出すと、オレンジや赤は瞬く間に消えます。

琉球石灰岩の海

6時半。今回決まっている予定は帰りの飛行機のみ。宿もなく、完全なるノープランです。

水着とシュノーケルセットは持っていますが、まずは足だけパチャパチャと。

岩がゴツゴツとしています。こちらは「琉球石灰岩」という、サンゴの死骸や貝殻が堆積・圧縮されて出来た岩。

窪地に溜まっている海水は、透明度が非常に高く美しいです。

生き物を発見。クモヒトデという、なかなか気持ち悪い見た目をしています。

しばし、海岸でのんびりした後、テントを畳んで出発。朝食は持参していた菓子パンで済ませました。

レンタカーで旅をする

バスに乗って奄美空港へやってきました。奄美大島は1周450km以上あり、空港から市街地までも30km近くあります。

ということで、帰るまでレンタカーを借りて島を巡ることにしました。

ウサギ飛び出し注意の標識。奄美大島には「アマミノクロウサギ」という、島の固有種で絶滅危惧種のウサギがいます。

ちなみに、空港から市街地までの道は国道58号線。鹿児島市内から那覇市まで続く、日本一長い国道です。

まさかこの5年後、沖縄に住みながら、仕事終わりに国道58号線を歩く旅をすることになるとは…笑

★国道58号線を歩く旅★

野生のウミガメと泳ぐ

11時半。奄美大島最南端の海水浴場「ヤドリ浜」へやって来ました。ここは波が穏やかだったので、海に入ることに。

そして、ウミガメと出会ってしまいました

4人で旅をしていますが、各々で泳いでいたところ、1人が「カメいるんだけど!」と叫びました。叫ぶということは、足がつく浅瀬です。

まさか野生のウミガメと一緒に泳ぐことが出来るとは。

どうやらヤドリ浜はウミガメと出会える定番スポットのようです。当時はそんなことは知らず。

旅の2日目にして、今も忘れない最高の思い出になりました。午後は対岸の加計呂麻島へ渡ります。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1527人(前日比+1) 
Instagram 2808人(前日比+3)
Youtube 216612回 (前日比+0)

~移住3年目192日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました