210人への調査で分かった、沖縄旅行で人気の体験30選をご紹介! ~観光アイデア教科書Vol.16~

観光アイデアノート

あなたは、タダでもらったメッシのスパイク(使用済み)を、100万円で売ることが出来るか。

これが前回の記事のタイトルです。これは「メッシのスパイク」という商品が、すでに手元にあるのに売れないという内容でした。しかし、これはラッキーな方で、多くの人がメッシのスパイクに「価値がある」と認識しています。

★前回の記事★

観光の場合はどうでしょう。自分たちで地域の価値を見つけ商品化して、旅行者に届ける必要があります。

  1. 旅行者が求める価値を探ること
  2. 沖縄旅行でやりたいこと10選
    1. 1位~5位:沖縄旅行の王道が決まる!
      1. 1位 ビーチに座って何もしない(風を感じる) 42.4%
      2. 2位 沖縄そばを食べる 40.0%
      3. 3位 ダイビング(体験またはファンダイビング) 38.6%
      4. 4位 珍しい自然の景観を見る(海に落ちる滝・ハートロックなど) 31.4%
      5. 5位 リゾートホテルで何もしないでまったりする 28.1%
    2. 6位~10位 海のアクティビティが並ぶ
      1. 6位 (ガイド付き)シュノーケル 24.8%
      2. 7位 琉球ガラスの見学・体験  23.8%
      3. 8位 【冬限定】ホエールウォッチング 23.3%
      4. 9位 シーカヤック 22.9%
      5. 10位 マングローブカヤック 21.9%
  3. 11位から20位
    1. 11位から15位 海とリゾート以外の楽しみ方
      1. 11位 戦跡ツアー 19.5%
      2. 11位 三線で1曲弾けるようになる 19.5%
      3. 13位 亜熱帯の森のトレッキングツアー 18.6%
      4. 13位 赤瓦の古民家で過ごす 18.6%
      5. 15位 カフェ巡り 17.1%
      6. 15位 グスク巡り 17.1%
    2. 17位から20位 少しディープな沖縄を体験する
      1. 17位 地元の人の家に泊まって、沖縄生活を体験する 16.7%
      2. 18位 ローカルスーパーの見学 15.7%
      3. 19位 海釣り 15.2%
      4. 20位 アメリカンな体験(ステーキ・ハンバーガーなど) 14.8%
  4. 21位から30位
    1. 21位から25位 同率の人気の体験たち
      1. 21位 沖縄に今も残る「昭和レトロ」を体験する 12.9%
      2. 22位 泡盛酒造見学 11.9%
      3. 23位 夜の密林散策 10.0%
      4. 23位 雑貨・古着屋巡り 10.0%
      5. 23位 沖縄風のお弁当を食べる 10.0%
    2. 26位から30位 これらの体験もおすすめです!
      1. 26位 フクギ並木を歩く 9%
      2. 26位 沖縄の海底から採れた泥で石けんを作る 9%
      3. 28位 ガイド付き集落散策
      4. 29位 バナナの収穫体験 7.1%
      5. 30位 シーサー巡り 6.2%
  5. その他の回答
  6. ご協力ありがとうございました!

旅行者が求める価値を探ること

今回は「沖縄旅行でやりたいこと」という、選択式のアンケートを実施しました。

よく観光でありがちなのは、そこに住む人にとっては「価値がある」と思っていても、旅行者には全く刺さらないというパターンです。

個人的にその一番の理由は「観光をやる人が旅行をしていないから」だと考えています。日本中を旅する人が言う「ここが一番美しい」と、その地域だけで魅力的な観光資源を探している人が言う「ここが一番美しい」というのでは、説得力が違います。

その地域のことに詳しいのは大事ですが、その地域だけしか知らないと、旅行者の方がより「美しい」を知っているかもしれません。

f:id:beautifuldreaman:20191118065800j:plain

また、「視察」と「旅行」は違います。観光地で受けるおもてなしもそうですが、何より気分が違うはずです。

視察の場合は、スケジュールが詰まっていて、本当に旅行者の感覚で物事を見るのは無理だと思います。

沖縄旅行の場合の「価値」とは、旅行者がイメージする(求める)「沖縄」があることです。

わざわざ飛行機に乗って、東京から3時間もかけて沖縄へ旅行に来る人には、何かしらの「理由」があります。その理由というのが、いわゆる「ニーズ」であり、旅行者が喜ぶ価値です。

分かりやすくいうと、上の写真に映っているものが、その地域で価値があるとされていても、旅行者からしたら「え、ごみじゃん」となります。

どんなにその価値を説明しても、旅行者からしたら「へぇ」で終わりです。(仮にこれが有名人の宝物だとしたら、話は別です。)

沖縄旅行でやりたいこと10選

以前にも「沖縄に求めることは?」という調査を行いました。

★参考:調査結果はこちら★

結果としては、「のんびりリゾート感を求める」人が多いと分かりました。

しかし、ずっとのんびりしていては退屈です。旅行中はレンタカーを借りる人が多いこともあり、もっと何かしら求めているはず… 

ということで、旅行雑誌を元に、30の選択肢を予め用意し、その中から5つの「沖縄旅行でやりたいこと」を選んでいただきました。年齢も性別も居住地も問わず、210件もの回答をいただいたので、人気上位から順にご紹介します。

1位~5位:沖縄旅行の王道が決まる!

1位 ビーチに座って何もしない(風を感じる) 42.4%

1位は予想通りの結果となりました。やっぱり沖縄の海を見て、ぼーっと過ごしたいですよね。しかし、場所を選ばないと、やけどレベルの日焼けをするので、注意が必要です。

また、ぼーっとするにも限度があります。やっぱり何かするはずです。ということで、次以降の結果が重要となってきます。

2位 沖縄そばを食べる 40.0%

私は「団子より花」のタイプなので、旅行先でもカップ麺やコンビニの菓子パンです。

そのため、沖縄そばがここまで人気とは思いませんでした。やはり旅先では、現地のグルメを楽しみたいのが普通ですよね。

3位 ダイビング(体験またはファンダイビング) 38.6%

f:id:beautifuldreaman:20200209063729j:plain

来ました、やっぱり海のコンテンツです!

他にも海の体験は用意していましたが、ダイビングが沖縄そばに迫る人気っぷりなのは意外でした。「やったことがないけど、せっかくの沖縄だから挑戦したい」という方もいるはずです。

4位 珍しい自然の景観を見る(海に落ちる滝・ハートロックなど) 31.4%

ここまで上位に入るとは予想外でした。

「自然景観」と聞いて、イメージする景色は皆さん違うと思いますが、今回()で付けた「海に落ちる滝」「ハートロック」は、以下の通りです。

こちらが「海に落ちる滝」こと【ギーザバンタ】。自然の滝ではなく、近くに地下ダムがあり、そこから溢れた水が滝のように海へ流れ出ています。

海に直接落ちる滝は、日本では数が少ないので、貴重な景色と言えるかもしれません。

こちらがハートロック(手前の大きい岩)。有名な古宇利島のものではありません。

その名の通り、ハート形をした岩です。周囲はサンゴ礁になっているので、熱帯魚なども見ることが出来ます。

5位 リゾートホテルで何もしないでまったりする 28.1%

やっぱり皆さん「のんびり」だけを求めているわけではないということです。リゾートホテルは2位に入ると思っていました。

6位~10位 海のアクティビティが並ぶ

6位 (ガイド付き)シュノーケル 24.8%

ダイビングよりシュノーケルの方が人気だと思っていました。

(ガイド付き)が理由かもしれません。ガイド付きの場合は、ライフジャケットの着用が必須であったり、なかなか好きなように泳ぐことは出来ません。

7位 琉球ガラスの見学・体験  23.8%

沖縄旅行のお土産にも人気の琉球ガラス。お土産を選びがてらお店で眺めて見学したりするのは、定番とも言えます。

琉球ガラス村では、自分で作品を作る体験も出来ます。

8位 【冬限定】ホエールウォッチング 23.3%

冬の沖縄旅行の楽しみがランクインしました。ホエールウォッチングとは、その名のとおり「クジラを見る」こと。

冬の時期、沖縄本島周辺にはザトウクジラが、子育てと繁殖ためやってくるのです。那覇からもツアーの船が出るので便利です。

9位 シーカヤック 22.9%

シーカヤックは「海でのカヤック」。サンゴ礁で囲まれた穏やかな海を、水に濡れずのんびりと楽しむことが出来ます。

知る人ぞ知る、沖縄の海の楽しみ方といえるかもしれません。

10位 マングローブカヤック 21.9%

シーカヤックに続いて、こちらはマングローブの森をカヤックで楽しむツアー。沖縄本島中北部や、西表島で楽しむことが出来ます。

沖縄でカヤックといえば「マングローブ」のイメージでしたが、やはり海の方が人気のようです。ちなみにこちらは奄美大島で撮った写真です。

11位から20位

今ところの結果をまとめると、沖縄旅行での理想の過ごし方は「リゾートホテルに泊まって、ダイビングして、沖縄そばを食べる」という内容 (笑)

11位以下はサクサクご紹介していきます。

11位から15位 海とリゾート以外の楽しみ方

11位 戦跡ツアー 19.5%

沖縄ではあまり紹介されることがない戦跡ツアー

グアムや小笠原では、普通に参加する人がいる体験です。やはり沖縄でも、紹介されることが少ないだけで、旅行者の関心は高いことが伺えます。

★おすすめの戦跡ツアー★

沖縄戦【戦跡ツアー】ガマ入壕含む、沖縄戦跡国定公園・戦跡5か所巡り。お1人様から。若手ガイドがご案内!ひめゆり資料館から約15分。これから沖縄戦学びたい方へ。/自然体験学校 沖縄校 - じゃらん遊び体験
沖縄戦【戦跡ツアー】ガマ入壕含む、沖縄戦跡国定公園・戦跡5か所巡り。お1人様から。若手ガイドがご案内!ひめゆり資料館から約15分。これから沖縄戦学びたい方へ。/自然体験学校 沖縄校のレジャー・アクティビティ情報。「じゃらん遊び体験」は、豊富なクチコミ情報を掲載、日本全国の遊び・体験を検索予約できます。

★米軍上陸からを辿った旅行記★

11位 三線で1曲弾けるようになる 19.5%

沖縄を代表する楽器・三線。やはり興味がある人が多いようです。

これは小笠原でもそうでした。小笠原の場合は「ウクレレ」。滞在中に弾けるようになって帰り、次に島に来るときは「マイ・ウクレレ」を持参するという人が、ちらほらいるのです。

13位 亜熱帯の森のトレッキングツアー 18.6%

これは多分「亜熱帯」を「やんばる」に変えたら、世界遺産効果もあって、より多く票が集まったと思われます。

海の自然が人気である一方、沖縄の陸の自然は、まだまだ注目度が低いです。

13位 赤瓦の古民家で過ごす 18.6%

f:id:beautifuldreaman:20190712231008j:plain

「亜熱帯の森のトレッキングツアー」と同率の「赤瓦の古民家で過ごす」。 赤瓦の古民家は沖縄を代表する景観のひとつ。

昔懐かしいとはまた違う、のどかな雰囲気が感じられます。

15位 カフェ巡り 17.1%

f:id:beautifuldreaman:20200108063410j:plain

この写真は小笠原です(笑) 沖縄でおしゃれなカフェに行ったことがないので、写真もありません。

15位 グスク巡り 17.1%

沖縄では「城」と書いて「グスク」と読みます。

琉球王国以前の沖縄に建てられたもので、日本のお城とは異なる、石積みの構造物です。

17位から20位 少しディープな沖縄を体験する

17位 地元の人の家に泊まって、沖縄生活を体験する 16.7%

これは、旅先で「地元の人との交流を楽しみたい」というような人には嬉しい体験です。

写真はトカラ列島・悪石島にて。島の人の家で、夕食をいただいた時の様子です。

18位 ローカルスーパーの見学 15.7%

ハワイの旅行雑誌を見ていると「ファーマーズマーケット特集」のページがあります。沖縄にはありません。

沖縄のローカルスーパーの面白さは、まだあまり知られていないのかもしれません。私は、知り合いが沖縄に遊びに来たら、必ずスーパーの案内をしています(笑)

19位 海釣り 15.2%

こちらの写真は人生で1度だけ経験した「海釣り」の時の様子。場所は高知県の鵜来島です。船酔いをして途中でノックアウト。

酔い止めを飲むと楽しめるかもしれません。そしてこれは、ホエールウォッチングでも同じことが言えます

20位 アメリカンな体験(ステーキ・ハンバーガーなど) 14.8%

沖縄には琉球王国時代からの独特な文化だけでなく、アメリカンなカルチャーも至る所で見られます。

締めはステーキ」というのも、沖縄ならではです。

21位から30位

ここまでは30人以上の人が「やりたい」と選んだ体験となりましたが、ここからは選んだ人が29人よりも少ない体験となります。

23位はちょうど10%で、3つの体験が並びました。

21位から25位 同率の人気の体験たち

21位 沖縄に今も残る「昭和レトロ」を体験する 12.9%

沖縄には「ボンカレー」はじめ、昭和に日本各地で販売されていた商品が、普通に販売されています。

他にも、レトロなバスなど、昭和を随所に感じることが出来ます。

22位 泡盛酒造見学 11.9%

f:id:beautifuldreaman:20190628222030j:plain

こちらはもう少し人気があると考えていたので予想外です。沖縄のお酒といえば「オリオンビール」が定番ということでしょうか。

23位 夜の密林散策 10.0%

f:id:beautifuldreaman:20200121052708j:plain

夜の森はハブが出るということで、沖縄ではナイトツアーがほとんど見られません。

また、おきなわワールドではナイトツアーが行われていますが、下のインタビュー記事によると、「渋滞」がひとつの課題になっているようです。

コロナ禍で沖縄の観光施設をどう盛り上げるか? 南都 大城宗直社長インタビュー
沖縄県は土地柄や歴史的背景に本土と大きな違いがあることから、ビジネスの進め方も従来の方法では、うまくいかないケースがあります。連

23位 雑貨・古着屋巡り 10.0%

これは私が最も苦手とする(知識がない)分野ですw

沖縄らしい雑貨や古着、もしくはここにも「アメリカン」が入っているのかもしれません。

写真は波照間島にある【モンパの木】という雑貨屋です。

23位 沖縄風のお弁当を食べる 10.0%

f:id:beautifuldreaman:20191119061637j:plain

沖縄には「お弁当文化」があります。朝の市街地を歩いていると、どこかしらでお弁当が販売されています。

そしてボリューミーで安い。これを沖縄旅行の楽しみにしている人もいるはずです。なぜなら、小笠原にはいるから

ごろ助弁当」というお店のボリューミーな弁当は、リピーターに大人気です。

26位から30位 これらの体験もおすすめです!

26位 フクギ並木を歩く 9%

f:id:beautifuldreaman:20190720123429j:plain

沖縄では台風の風や、火事が広がるのを防ぐため、家を囲むようにフクギが植えられました。「沖縄らしい」景観のひとつと言えます。

26位 沖縄の海底から採れた泥で石けんを作る 9%

これはかなりマニアックな内容です。沖縄南部でしか取れない「クチャ」という泥があります。

海底にある泥ということで、ミネラルが豊富なため、美容効果が注目されています。最近国際通りにも、専門店が出来ました。

28位 ガイド付き集落散策

f:id:beautifuldreaman:20191214080758j:plain

日本全国で「まち歩き」が観光コンテンツとなっていますが、これが現実です。プログラム作りのハードルが低い一方で、ガイドが芸能人など、そのレベルでないと集客は困難です。

29位 バナナの収穫体験 7.1%

今回のアンケートで、最も驚いたことです。バナナ狩り面白いと思うんですけどね~。沖縄以外であまり見ることも出来ません。

ちなみに、愛知県でバナナ狩りがあり、そこは大人気となっているようです。事例の横展開だと失敗するというのは、こういうことです。

★参考:マンゴー狩りもあります★

30位 シーサー巡り 6.2%

今回の選択肢の中で、残念ながら最も人気が少なかったのは「シーサー」でした。

宮城県鳴子温泉では「こけし」が人気なので、それと同様に、沖縄のシーサーももっと注目されていいと思うのですが… 色んな顔があったりして、実は面白いです。

★参考:そもそもシーサーって

沖縄の「シーサー」の由来は?シーサーのルーツをたどって分かったその正体をご紹介!|【非公認】沖縄南部観光局|note
こんにちは!沖縄南部観光局です。GW直前ということで、さっそくですがこれ、何の写真だかわかりますか↓↓ 目と鼻があることから人にも見えます。でも人にしてはずいぶん目堀が深く、顔色が悪い… それでは正解に行きたいと思います。 正解はシーサーでした!しかも、ただのシーサーではなく、沖縄で最初に置かれたシーサー...

その他の回答

その他の回答で最も多かったのが「やちむん」です。やちむんとは「焼き物」のこと。途中から選択肢として追加もしましたが、合計13人(シーサーと同じ数)の方がやちむんに関わることをしたいとお答えいただきました。

「ビーチクリーン」「バイクで本島1周」などもありましたが、その他を答える人はそれほど多くありませんでした。

ご協力ありがとうございました!

今回はアンケートにご協力いただきありがとうございました!

結果を見ていかがだったでしょうか。ただ、これらの結果を見て終わるのではなく、今度はこのニーズを元に「商品化」という段階に入ります。

商品というのは、「地域に観光客を呼ぶためのコンテンツ」です。また、メッシのスパイク理論と同様、作るだけではお金にならず、宝の持ち腐れ状態となります。

誰にどうやって、いかにコストをかけず売るのか。次回はこの手法を考察します。

最後までご覧いただきありがとうございました!

★こちらのアンケートもご協力お願い致します★

【趣味】沖縄旅行についてのアンケート②
普段から変わった旅をしすぎて、普通の旅行の感覚を失っています。助けてください。目指せ回答100人 アンケート①はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました